A D M I N
topimage

2017-08

最新記事一覧  

ハッスル・ハウスvol.32とミルコ・金村ガセネタ - 2008.01.17 Thu

今日は、本当に寒かったですね。
皆さん、ご自愛下さいませ。

昨日はハッスル27@名古屋をサムライで見ました。
事前にあまり情報をいれずに見たんだけど、かなり良かった。
去年、ハッスル的に力を入れていた、マニア&大晦日はイマイチ(祭りの有田総統は上出来)で、あーいうのは、アタクシのタイプではないんですが、1月シリーズは面白かったですね。

名古屋に関しては簡単に、崔&KUSIDA、RG&チエの試合が気に入りました。特に崔&KUSHIDAvs川田&耕平の試合は川田の怖さが出ていて、もともとプロレスファンの自分にとってはやはりこういったスタイルの試合が好みです。

それに加えて、光っていたのはモンスター・ボノですね。
今回の名古屋はまだサムライでリピートあると思いますので、是非見てみてください。

そして、本日はハウスがサムライで生中継されました。
2月シリーズも2日遅れくらいで、サムライで録画放送されるとのこと。でもやっぱり生がいいよね。後日の放送だとやはりライブ感が。。。

さて、今日行われたハウスの試合です。

■ハッスル・ハウスvol.32
2008年1月17日(木) 後楽園ホール
19:00開演 観衆:2,250人

第1ハッスル
○ザ・グレート・サスケ       キンターマン×
\(^o^)/チエ       vs    クロダーマン
7分21秒 回転エビ固め
これは間に合わず、ダイジェストで見ました。
モンスター軍見習いながら、残留を懸けたキンクロ。
この試合に負けて、モンスター軍からは追放されました。
そろそろ、層が薄いハッスル軍へ出戻るのか?

第2ハッスル
×崔領二   vs    川田利明○
10分11秒 PK

この試合からなんとか間に合い見ることができた。
去年の芸に徹した川田から、今年は一転して本来の川田に戻った。
ハッスルが”ファイティング・オペラ”であることは理解してるし、独自のスタイルを築くことについては賛成ですが、半分くらいはこういうピリッとした試合にしてほしいなぁ。
川田と崔のキック対決は良かったです。

気持ちだけで食らいついていく崔の姿は、思わず応援したくなっちゃたもんなー。

自分が予想してたよりは、あっけなく終わってしまった感じもするんだが、デンジャラスKの試合スタイルは好き。若きハッスラー達の大きな壁でいて欲しい。
KUSHIDAや崔、若手をブッ潰す川田の姿をみて、安心している自分がいる。

そういった試合もしつつ、一方で川田対崔の芸人(?)対決、だったら見てみたいわ。

セミハッスル
TAJIRI         レネ・ボナパルト
○KUSHIDA   vs   ジャイアント・バボ(途中までレネ・バボナパルト)× 
11分01秒 超新星プレス

いつまでも垢抜けないバボ。大きな体をもてあまし気味で、なんかもったいないなぁ。
最近はマイクでかまなくなっただけマシだが。(今日はバボのマイクはなし)

しかし、レネは当たり外人だよね。
ハッスルの舞台で独自の世界観を繰り広げるんだが、ハッスルにマッチしている。
名前があるから、体格がいいからだけでなく、クレバーな選手が生き残れる。
 
メインハッスル
坂田亘              ボブ・サップ
HG        vs       モンスター・ボノ×
○RG               アン・ジョー司令長官
9分51秒 Dear 棚橋

この間から反抗期を迎えたボノちゃん。
今日はついにサップとボノが仲間割れ、二人がやりあったところ、最後は棚ボタでRGがボノちゃんをフォール。この間に続いて、RG連勝です。

まっ、今までやられたい放題やられ続けてきた、ハッスルの裏エースRGだから、たまにはおいしい思いをさせてあげてもいいかも。

しかし、今日は総統劇場が面白かった。
ボノのわがままにキレたインリン様は途中で退場してしまい、川田や総統にまで悪態をついたボノちゃんはまた走って会場から去るんだが、通常の花道(と言っていいんかい?)ではなく、多分南側の通路へ行き階段を下りて出入口を出て、そのままホールのエレベーターまで行くんだが、これを今まさにライブで後楽園で繰り広げられてる光景と思いながら見てると、迫力がありましたねー。

ボノちゃんのこの退場コースを見ながら総統が「おい、どこへいくんだ?・・・右へ曲がったよ」と力を抜いて素で言ってるこの台詞が妙にウケてしまった。

いやぁ、ボノちゃん、こーんなに素敵なキャラに化けるとは!?
kamiproHandのブログにも書かれていたが、横綱はボノちゃんが本当に大好きなんですね!
ホント生き生きとしてるし、ボノちゃんが作られたキャラじゃなくて、もう完全にモンスター・ボノは立派な生き物として成長し続けている。

ママ・インリン様と息子ボノちゃんの親子ゲンカは、見せ場多すぎ!
今日はそれに栃木のいなかっぺ・川田と、馬鹿田総統まで絡んできて、最高のエンターテイメントをみせてくれました。
2月シリーズが楽しみ。

最後にTAJIRIが武者修行中の大将・天龍源一郎がそろそろ戻ってくるといっていた。
1月シリーズはなぜでなかったんでしょうかね。

マニアや祭りは作りこみ過ぎたり、決め事多すぎたりで、私自身あまり楽しめなかったし(個人的には祭り>マニアだが)、ちょっとハッスルに対して冷めていた部分もあったが、”始まりは名古屋”のハッスルのホームタウンである名古屋大会の成功と、プロレスの聖地後楽園での力まない普段着のハッスルで、今後がかなり楽しみになってきました。

さて、最後に今日kamiprohandのブログに書かれていた「大晦日ハッスル祭りでの、ミルコ・クロコップの右ハイでキンターマンが失神したのはセルだった」のか?について簡単に。
まだ、風邪が完治しておらず、普段より頭の回転が悪く、わかりづらい文章だったらスマン。

自分はこの”セルである”の元になっている電子書籍には全く興味がなく(無料だったら見るだけみてみるが)、今まで購入したことがない。この手の”裏事情系”で買ったことがあるのは、興味半分でムック本くらい。
それを読んだからといって、書いてあることを丸呑みして信じるということもなく、なんというか楽しみながら、うーん違うなやっぱ興味本位という言葉がしっくりくるか、そんな感じでものは試しに買ってみたという1冊があるくらい。あとは本屋で立ち読みだね。
もちろんこれらの本や雑誌が全部が全部嘘とも思わないがね。

やっぱりきちんとしたルートで取材されているもの、主催者や選手の言葉が伝わってくるものでないと、値段の高い安い関係なく、金は落としたくないと思うもんな。

だから、そういうことを書いてある電子書籍があるのは知っていたが、中身について詳しくしっているわけではない。この「金村失神はセル」を書いたのは、以前「大みそかのPRIDE系興行の情報はガセである」を書いたタダシ☆タナカ氏らしい。

彼が一体どういう根拠でそういってるのかは不明だが、handのブログでガンツ氏は、セルではなく、ミルコのハイで金村は失神し、控え室で意識が戻ったものの、リングドクターから28時間~48時間の絶対安静を言い渡され、本人はメインでの出場が決まっていたプロレスサミットへ出るつもりだったが、サミットのプロデュースをしているTAKAみちのく自身から出場ストップがかかり、代打に黒田が決まり、金村は涙の謝罪となったと書いている。

私はまず、なぜ失神が演技で、わざわざハッスルとは別の大会での出場を辞めたのか、そういうことをする必要性、これの意味がわからなかった。
だから気にも留めず、この情報を目にしたときも、なんでこの失神事件に目をつけて、わざわざこんなことを書いたんだろう。他にもっと格闘技・プロレス系で簡単に話題になりそうなものもあっただろうにと思ったくらい。

だが、現在はネットでの情報が素早く出回る時代で、こういった情報に振り回されたりする人もいるんだろうな。

こういうのを読んで改めて思うのは、情報を収集するのはいいが、やっぱり自分自身がしっかりとそれらを判断する目を持ちたいなと思うということ。

例えば私の場合、このガセネタ云々がかいてあったブログの冒頭に書かれていた「総合格闘技」の新たな動き、とくに”やれんのか!”の続きの部分が気になるので、これに係わる情報が出てきたときには出来るだけ冷静に見ていきたいな。好きな分野だから熱く語るのはいいが、誰が目にするかわからないブログだからこそ、ちょっと気を引き締めつつ書かないと。

ブログに書かれていたのは、やれんのか!の成功で春以降、関係者はこの成功をどういった形で次へつなげるか水面下での動きで忙しいことだろうとあり、旗揚げが決まっている戦極はいいとして、”新党”旗揚げを狙う新生(?)HERO’Sにしても・・・・とかいてあり、この新生HERO’Sというくだりがきになる。

やれんのか!が新会社設立なりで継続するとして、旧DSE系なのか、それに噂されているFEGもくっついてくるのか、非常に気になるところだ。ガンツ氏は来月初旬あたりから動きが急速に活発化してくると予想する、と書いている。

またいろんな情報が出てくるんだろうが、踊らされずに(自分自身が夢みるのはいいが)書いていこうと思っている。
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

こんばんは。

今は情報が溢れている時代ですし、特に格闘技・プロレス関係はネットの情報が氾濫してますよね。

このブログは誰でも閲覧できるし、管理人である自分がきちんと判断した上で情報は提供していきたいなと、思った次第です。

ネットの情報以外に、生でいただく情報もあり、自分としてはそういった情報はフライング気味に出したこともありますが。

ミルコの右ハイの威力も恐るべしですね。

Gスピは私も読んでいます。
結構読み応えがあるので、面白いなと感じてますよ。

こんばんは!金村の失神は演技だったという情報があったんですね。自分も色んな情報が入ってくる世の中で、自分なりの判断が大切だなと思いました。金村はプロレスサミットでたかったみたいですね。Gスピにも書いてありました。それにしてもミルコはハイは左でなくても恐るべしですねえ。


管理者にだけ表示を許可する

2007年を振り返る «  | BLOG TOP |  » 秋山陣営が抗議文提出へ

お気に入り

カテゴリ

鹿島アントラーズ (314)
日本代表・サッカー (42)
雑記 (72)
ライフスタイル (637)
土曜ワイド劇場 (97)
昭和のテレビドラマ (20)
昭和の日本映画 (18)
映画(洋画) (20)
美術・展覧会レポート (61)
音楽・ライブレポート (17)
格闘技・プロレス (529)
ご案内 (2)

映画館で見た映画

ライブレポート

タグクラウド


最新記事

管理人用リンク

他はリンク欄にまとめました

公式サイト

DREAM/ 新日本プロレス/ 鹿島アントラーズ/

国内WEBサイト

スポナビ/ GBR/ デイリー/ J’s GOAL/

海外WEBサイト

SHERDOG/ MMA NEWS/ MMA WEEKLY/ MMA-Core.com/

ランキングからブログを探す

人気blogランキング
鹿島アントラーズ

サイトマップ

カテゴリー別サイトマップへ

当ブログの人気ページ

ブログパーツ

最近のコメント

スポンサードリンク

月別アーカイブ

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  01  12  09  08  12  02  01  12  11  10  01  01  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

リンク


Powered by SEO Stats

RSSフィード

QRコード

QRコード

LINKS

このブログをリンクに追加する

  • 総合格闘技ニュースブログ NHBnews PRO
  • 日刊H.T
  • 『誇り』を継ぐもの
  • Jリーグ(J1&J2)サッカーリンク集
  • スポトラ<スポーツトラックバックセンター>
  • PLAYERS.TV
  • My Sweet Hearts(旧ブログ)
  • 管理者ページ
  • ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる