Samurai Spirit ※画像転載禁止 

ブログの文章および画像の転載複写はご遠慮下さい
2008-02-19 (Tue)

金村キンタローのセクハラ事件で大日本プロレスが会見

やっぱり表に出てきましたね。
不自然な金村キンタロー大日本プロレス欠場の真相が明るみに。

大日本プロレスが金村キンタローを無期限出場停止処分に (スポナビ)

金村が大日本の女性社員を触って無期限出場停止に。アパッチも活動自粛へ (angle JAPAN)

私が大日本内で金村絡みのこういう事件が起きたらしい事を知ったのは、1月の終わりか2月の始め頃、録画しておいた去年の12月に行われた、アパッチの後楽園大会を見て、あんまりに客席がガラガラなのと、伊藤豪不在の理由がきになって2ちゃんのアパッチのスレを覗きにいったんですが、案の定人がいなくて、大日本のスレをウォッチしててでした。

まあ、アパッチがガラガラなのは、前回だけじゃないが、あんまりにも異様なくらいのガラガラさだったのと、解説の須山さんが「(客入りのほうが)すさまじいことになりそうですね。まっ、隠してもしょうがない。内部の不手際で・・・」などと気になる発言をしてたので、なんかエライことになってるなということでスレを覗いた次第です。

弊社メールマガジンの記事についてのお詫びと経緯の説明

アパッチプロレス軍所属の金村キンタロー選手を 1月24日をもって大日本プロレスへの出場を無期限停止とする

理由
1月20日千葉ブルーフィールド大会で大日本プロレス女性社員の下腹部を着衣の上から触るなどの行為を行い女性社員に多大なる精神的ショックを与えた為

村上健リングアナウンサーを 2月16日をもって大日本プロレスへの出入りを無期限禁止とする

理由
1月20日に起こったことに関し、選手社員とともに本人も同意し決定した事項を事実と違う形で被害者に伝え混乱を招き、また被害者を助けたいとする選手社員の気持ちを裏切り続けた上でそれらの人間を悪者にするかのような言動を続けたため


大日本プロレス登坂部長

(大日本会見当日の夜、サムライのSアリーナに出演した登坂栄児統括部長)

1月の千葉大会以降の大日本では、金村がケガではない理由での欠場、売店にいつもいるスタッフの女性がいない、また大日本のリングアナを務めていた村上氏のブログでの意味深な記事などなどから、金村が女性によくない行為をしたのではないか?疑惑がファンの間に噂として広がっていった。

最初はモヤモヤした記事から始まるリングアナ村上氏のブログ⇒村上☆健リングアナのブログ

今は何でもすぐにネットから広まってしまう時代。
2ちゃんのBJWスレも通常では考えられない位の書き込み数。

最初はちゃんとした証拠がなく、状況判断でもたれた疑惑で、被害者の名前も加害者の名前も推測の域を出なかった噂だったが、まさか大日本のメルマガで、被害者の女性が事件の内容を暴露してしまうとは・・・
(ただし、メルマガでは加害者の名前は公表せず、某他団体選手としている)


大日本の部長や選手のブログもコメント欄がすごいことに。
彼らのブログはたまーに見てましたが、いつも静かなものだったんだけどね。

登坂部長のブログ

李日韓レフェリーのブログ

伊東竜二のブログ

大日本の中で起きた出来事だが、金村の所属は大日本プロレスではなく、アパッチプロレス軍。

アパッチ側から佐々木貴のブログ⇒金村の件について

アパッチの中継や大日本プロレスの中継「大日対戦」解説でもお馴染みの須山さんのブログ⇒かなり動揺しておりますが・・・・

自分が思うには、やはり最初の対処がまずいでしょう。

若い女性がプロレスラーに「挨拶がないじゃないか」と言われ、強制的にわいせつ行為をされたその恐怖感は、頭ではわかるが、本当の怖さや悔しさは当事者じゃないとわからないだろう。

そのことを上司に告げ公表して欲しいと頼んでも、「公表したら皆が損するんだよ?君がそんな態度じゃ一緒に仕事出来ないよ」という傷ついてるところに、さらに脅しともとれる言葉が返ってくる。

これじゃ臭いものに蓋をしての隠蔽工作ととられても仕方がない。

また、昨日の会見でもいわれてたが、普段プロレスをみない人からしたら「だからプロレスって・・・」と思われるのも非常に悔しい。

大日本プロレスは、本来自分が好きなプロレスのスタイルとは違うものではあるが、動員数などで苦しい時期があったものの、ここ最近は後楽園ホールなどもかなりお客さんが入るようになったし、小さいながらも体を張って、ファンを大事にしていく姿勢を保ち、アットホームな手作り感溢れる団体と思っていただけに、今回の対処は残念に思う。

デスマッチが売りで、デスマッチばかりは食傷気味でもあるが、そんな中でも去年の佐々木貴vs宮本裕向のように、デスマッチという試合形式の中でも多いに客を沸かせるプロレスも見せてくれて、王道とは真逆のプロレスではあるが評価もしていた。

いつか、また佐々木vs宮本のような試合があれば、今度こそはブログにも大日本プロレスの記事を書いてみたい、そう思ってただけに、不祥事で大日本の記事を書くことは「残念」という以外言葉がみつからない。

明日は加害者である金村キンタローが会見を開くそうだが、大日本並びにアパッチが下した無期限停止処分。無期限ということは、いつでも復帰できる可能性があるってことだよね。

被害者の女性がメルマガで書いていた、「コレ以上被害者を増やさないように公表してくれと懇願しても配慮配慮と事実を隠しそうとし、納得しなければその場から消す。」というところからも、彼女は公表したが、恥ずかしくて被害にあっても言い出すことが出来ずにいた被害者がいたのかもしれないと勘ぐってしまう。

小さな村社会のプロレス界。
ちょっとしたセクハラも、挨拶代わりと思ってるところもあるのかもしれないが、ひとりの人間としてどうなのかと。

狭い社会だから、大日本が家族的に温かい団体に思えても、キレイ事ばかりではないだろうとは思っていたが、今回のことにはやはりガッカリさせられてしまった。

このあと登坂さん自身の処分も含め、発表をまつとしよう。

応援よろしくお願いいたします⇒にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズランキング


スポンサードリンク

Comments







非公開コメント