Samurai Spirit ※画像転載禁止 

ブログの文章および画像の転載複写はご遠慮下さい
2008-03-02 (Sun)

ゼロックス杯 vs広島

XEROX SUPER CUP 鹿島アントラーズ 2-2 サンフレッチェ広島
(PK 3-4)
2008年3月1日(土) 国立競技場 13:35キックオフ/27,245人

【スタメン】
GK 曽ケ端 準
DF 内田 篤人、岩政 大樹、大岩 剛、新井場 徹
MF 青木 剛、小笠原 満男、本山 雅志、野沢 拓也
FW マルキーニョス、田代 有三

【控え】
GK 小澤 英明
DF 伊野波 雅彦
MF ダニーロ、増田 誓志、中後 雅喜、遠藤 康
FW 佐々木 竜太

【得点者】 49分 本山 雅志、52分 野沢 拓也
【退場者】 12分 岩政 大樹、90分 大岩 剛
【交  代】 75分 野沢→中後、83分 田代→ダニーロ

xerox

家本劇場

J開幕を1週間後に控えた昨日行われたゼロックスカップを見に、国立まで行ってきました。

試合内容は不可解な判定の連続で、さすがの私も呆れるばかり。。。

微妙判定連発!敗戦鹿島 大荒れ (スポニチ)

鹿島、審判にやられた!疑惑判定続発で岩政&大岩開幕戦欠場 (サンスポ 結構詳しく書かれてます)

鹿島に「家本主審の笛」!2―0から逆転負け…ゼロックス・スーパー杯 (報知)

鹿島散々V逸に岩政ら停止/ゼロックス杯 (日刊)

オズワルドオリヴェイラ監督(鹿島)記者会見コメント (J’s GOAL)

試合終了後の鹿島の各選手コメント (J’s GOAL)

xerox2

さて、1月の天皇杯が終わってから、2ヶ月間サッカー関連の記事はお休みしたかったのと、先日送られてきたスカパーの新しいICカードを挿入後3月の半ばまで全チャンネルが見放題ということで、映画や音楽をバンバンHDDに落とし込んでることもあり、1,2月はサッカーとは疎遠状態になっており、キャンプの様子もオフィシャルで1回見たきりと情報収集をしてなかったので、開幕戦へ向け体を温めるという意味でいったのですが、理解しがたい判定の連続で怒りを通り越して、最後には呆れるばかりの観戦となりました。

国立へ着いたのが12:30を過ぎていて、それから一緒に観戦するメンツも揃いだした(何気に皆忙しいというかグダグダというか)のだが、そんな時間でもホーム側自由席のまあまあな位置に人数分の席を楽々確保できた。

金曜日に発売となったエルゴラを見せてもらうと、ゼロックスの広告が掲載されており、自由席以外は”SOLD OUT”の文字でつぶされていた。しかし、実際には3万人弱の観客数で、バックスタンド側はひろし状態。屋外だから風で飛ばされてしまうが、プロレスだったら暗幕掛けてるんじゃねーだろうかと思いながら眺めてました。

始動してからの鹿島についてよくわからなかったので、いろいろと教えてもらう。
そんなこんなしてるうちに、選手紹介⇒試合開始。

立ち上がりからシュートがあったり、いいんじゃないかと思い始めると、早々にカードが出始める。
1枚もらってる選手は気をつけてくれよと思っていると、なんと12分に岩政が2枚目のイエローをもらい退場・・・

これは、確かにへんな審判ではあるけれど、早い段階で1枚もらってるわけだから、気をつけなかった岩政も悪いよ。新人じゃないんだからその辺は考えてプレーしてもらわないと。大事な開幕戦出れなくなってしまったじゃないか。センターバックの1枚がなくなったことで、青木がバックにまわっていた。
人数が少なくなっても、それが必ずしも不利になるばかりではないので、前半は0-0でいって、後半相手が責めてきたところうまくカウンターが狙えればと思っていた。

数的不利に陥った鹿島ではあるが、その後よくわからんカードで相手チームにも退場者が。帳尻合わせか!?結局前半は両チーム無得点のまま折り返す。それにしても前半だけで5枚のカード。今日は10枚くらいでるんじゃない?とハーフタイムに話してました。

後半は再び日が差してきて暖かくなってきた。と、同時に鹿島もリズムを掴む。
お互い人数が少なくなってスペースがある分、それをうまく利用し始めてきた。

そして本山がボールコントロールをうまくして、中央からミドルのシュートを鮮やかに決める!
その直後も抜け出した篤人から田代のシュートがあったのだけど、残念ながらオフサイド。
それでも、試合の流れは鹿島に来ており、非常に良い時間帯でした。

この押してるムードの時、野沢のゴールが決まる。
なんだかどんどんチャンスが作れる雰囲気だったが、田代がこれは決めないとというシュートを外してしまう。後から考えると、やはり決める時には確実に決めておかないと、ゲームはどう傾くかわからないですよね。

広島に流れがきてた時だろうか、向こう側で遠くてよく見えなかったのだが、PKをとられてしまう。
その後鹿島の方も「これはPKでは?」と思われたプレーがあったのだが、これは流されてしまう。なんで??

終盤広島に追いつかれてPK戦になったが、鹿島はPK失敗が二本。
なかでもモトの失敗がいたかった。もちろんダニーロも決めろよ!ではあるが。
そして、ソガが止めたPK2本がやり直しになり、2本とも決められてしまう。

もうこうなってくると最初から勝利は広島と決められており、その結果に向かって試合が作られていってるかんじだ。チープなアングル。もちろん広島側にとっても納得できないカードもあったが。

ただし、敗因は審判だけではないだろう。
安易なプレーで2枚のカードをもらい早い時間で退場してしまった岩政、決めるべきところで外してしまった何本かのシュートだったり、鹿島が自滅してしまった印象も否めない。

試合後の抗議の場面では、誰かにレッドカードも出てしまう。(後に大岩と判明)

踏んだり蹴ったりの試合となった。

来週はセンターバックの2枚が出場停止。
これは交代で入った中後が後ろをやっていたので、彼がやることになるのかな?

とにかく質の低い審判はなんとかしてくれ!
こんなんじゃわざわざ足を運んでサッカーを見に行く気が失せてしまう。
昨日録画しておいたVTRは見ずに消します。

それでも、来週の札幌戦は行きますがね。
多分翌週のヴェルディ戦も。

応援よろしくお願いいたします⇒にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズランキング


スポンサードリンク

Comments







非公開コメント