Samurai Spirit ※画像転載禁止 

ブログの文章および画像の転載複写はご遠慮下さい
2008-04-09 (Wed)

「松本清張の溺れ谷」 (1983年)

砂糖がまだ自由化されておらず、原糖の輸入割当制度を巡って
政治家、役人、業者の間で汚職が生まれていた時代を
背景とした社会派サスペンスドラマ。


●3時間スペシャル
「松本清張の溺れ谷″蜂は一度刺して死ぬ!″」  1983年4月9日
原作: 松本清張  『溺れ谷
脚本: 吉田剛
音楽: 鏑木創
監督: 池広一夫
制作: 松竹、霧プロダクション
出演: 近藤正臣、梶芽衣子、浅茅陽子、佐藤慶、
内田朝雄、神山繫、藤岡重慶ほか





原糖の割り当てをめぐって汚職が進んでいた。



野心家な雑誌記者大屋圭造(近藤正臣)は、
それにつけ入り自らも佐藤に群がる蟻となって甘い汁を吸おうと企んでいた。


松本清張の溺れ谷″蜂は一度刺して死ぬ!






まずは精糖会社の社長・古川(内田朝雄)に女優の竜田香屋子(浅茅陽子)との仲を取り持った。


松本清張の溺れ谷″蜂は一度刺して死ぬ!



圭造の行く先々にやり手の記者・真佐子(梶芽衣子)が現れ
業界通の男を圭造に引き合わせた。


松本清張の溺れ谷″蜂は一度刺して死ぬ!


圭造は真佐子と組んで砂糖汚職のからくりを暴こうとするが
彼のもくろみは意外な方向へと進んでいく。







(現在元記事の一部のみ公開しています)






応援よろしくお願いいたします⇒にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズランキング


スポンサードリンク

Comments







非公開コメント