展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

K-1 WORLD GP2008

category - 格闘技・プロレス
2008/ 04/ 14
                 
■K-1 WORLD GP 2008 IN YOKOHAMA
4月13日(日) 15:00~
横浜アリーナ

なぜこのタイミングで煽りのナレーションが立木文彦さんになったのだろうか?

スーパーヘビー級タイトルマッチ
○セーム・シュルト vs マーク・ハント×
1R 3分6秒 KO

テレビ放送(地上波)では、この試合が第1試合でした。
シュルトはやっぱり強いですね。
最後の後ろ回し蹴りは見事でした。
しかし、今のところ誰がこのシュルトを倒すことができるのか思い浮かばないんですが、しばらくはこのままシュルト強し!状態が続くんでしょうかね。

×レイ・セフォー vs バダ・ハリ○
1R 2分43秒 KO

ふたりとも好きな選手なんですが、今回はセフォーに勝ってほしかった。
バダハリのスピードとヒザはヤバイですね。
セフォーがバダ・ハリに対して、ノーガードで挑発したところまではいいが、そのセフォーがダウンする姿を見るたびにせつなくなった。世代交代を見せつけられたかんじだ。
キャラがたっていて、強さも兼ね備えているハリは魅力的だ。


○エヴェルトン・テイシェイラ vs 藤本祐介×
延長2R 2分1秒 KO

極真のすごい強い人が出ると聞いてたから期待したんだが、藤本相手に再延長までいってしまった。
K-1デビューということでかたさがでてしまったんだろうか。
この試合途中でグダッとしちゃってあまりよく見てなかった。
風貌がソクジュっぽいのがなんとも。

○グラウベ・フェイトーザ vs アレックス・ロバーツ×
2R 1分58秒 KO

グラウベの攻撃で相手選手血だらけになっていた。
フィニッシュの左ハイは素晴らしかった。

○武蔵 vs 澤屋敷純一×
2R 2分16秒 KO

武蔵は好きじゃないんだけど、昨日は武蔵応援でみてた。
やっぱりいなくなっちゃうとなんだか淋しい気がしてくるから不思議。
若さと勢いのある澤屋敷相手だったが、この日の武蔵は強かったですね。

気合が入っていて、いい意味でふてぶてしさを出していた武蔵。

武蔵のボディは威力ありで、澤屋敷の体のその部分は赤くなっていた。
経験値の違いを感じさせる横綱相撲をみせてくれ、最初のダウンを奪ったハイキックは気持ちよかったし、気持ちの強さを感じさせてくれた試合でした。

地上波での放送時間は1時間半と短めだったが、テイシェイラ-藤本戦以外は面白い試合ばかりで集中してみてました。

サッカー観戦を終えてからのK-1地上波観戦でしたが、熱烈な格闘技ファンではないサッカーオタも結構K-1は見てるんですよね。今の格闘技界は以前と比べると元気がないので、K-1には頑張って欲しいです。

願わくばもう一度フジテレビでPRIDEが見たいなぁ。
K-1は録画しても一度見るとすぐに消しちゃうので、よく覚えてないんだが、いつもあんなにしっかり煽りと入場を放送してましたっけ?
放送時間は1時間半なのに、1試合がちゃんと煽り入場と放送されており、洗練されてる放送だなぁと思ったもので。

関連記事
スポンサーサイト
                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント
        

フジテレビも今頃になってすごく立木さんに固執しだしましたね。今までK-1のナレやっていた立木さん似(?)の人かわいそうに。

武蔵は日本人対決ということで燃えてましたね。
こんばんは!立木さんの声を聞くと、やっぱりプライドを思い出してしまいます。

今回の武蔵は別人のようでしたね。凄い気合いを感じましたよ!