展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

ハッスル・ハウスvol.35

category - 格闘技・プロレス
2008/ 04/ 18
                 
■ハッスル・ハウスvol.35
2008年4月16日(水) 後楽園ホール
19:00開演 観衆:2,050人

最近ハウスは、ライブ放送されるようになりましたね。
PPVでなくても見れるのは嬉しい。
やっぱりハッスルはハウスが一番面白く感じるなぁ。

オープニングは川田対崔の歌対決。
川田のキューティーハニーに対抗し、崔はEXILEの「Choo Choo TRAIN」でバックダンサーと共にダンスを披露。その後の川田のDREAMでのカルバン×青木パクッてたのがうけた。
どうせなら川田も最後泣きながら「僕も歌いたいんです。でも声が出ないんです・・・」とやればよかったのに(笑)。

一部まだ見てない試合があるので、見た試合のみ。

第1ハッスル
×NOSAWA論外               TAJIRI 
MAZADA          VS  KUSHIDA○      
TAKEMURA \(^o^)/チエ
9分44秒 超新星プレス



第2ハッスル
○HG          VS     ザ・モンスター℃×
10分41秒 逆さお“セイ”込み

代々木大会で火がついた℃人気は、ノリのいいお客さんが多い後楽園で更に爆発。
実況・解説で「掛け声対決」の話になった時、ハマショーが「(掛け声対決は)前にもありましたよね」と、うっかり”キンターマン”に触れるんじゃないかとドキドキしながら聞いてたんだけど、平塚さんも、実況の高橋さんも同様だったのだろうか?かぶせるように”キンターマン”に触れないよう、C・ジャンなど強引に”キン”以外の掛け声対決へもっていってた。そういや、”コーヘイヘイ”は最近どうした?

℃人気は高く、あのHGがブーイングを浴びるほど。
指での「C」が出来ないよう、手に攻撃していってた。ダメージを追いながら(?)も「C」をやり、最後フォールされてからも体をCの字に曲げたあたり、徹底した「C」へのこだわりが見えてよかった。

しかし、今頃何故人気がでたのか。


セミハッスル
天龍源一郎      VS       ボブ・サップ○
崔領二                  アン・ジョー司令長官
×RG                   KOSHIKARI
8分38秒 BBB(ビーストバックブリーカー)オメガ


メインハッスル
川田利明                 ボノちゃん○
×ジャイアント・シルバ    VS    よしえちゃん
7分14秒 ボノちゃんプレス

エイドでは母インリン様とのシングルマッチが決定したボノちゃんだが、来月以降のよしえちゃんの扱いもきになります。シングルでの対戦ということで、インリン様離脱なのか!?ボノちゃんが負ける図が描けないので、インリン様に土がつくと思ってるんだが、どうなるんでしょうか。

ハッスルでの川田とよしえちゃんのマッチアップが新鮮に思えた。
来月は有明でのエイドということですが、最初のマニアとエイド以外はビッグマッチというとあまりよくなかったような記憶が。今年はどうなるのか。

関連記事
スポンサーサイト
                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント