2008/04/19
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

2008リーグ第6節 浦和レッズ戦

category - 鹿島アントラーズ
2008/ 04/ 19
                 
■Jリーグ第6節 浦和レッズ 2-0 鹿島アントラーズ
2008年4月13日(日) 埼玉スタジアム2002 16:03キックオフ/54,450人

【スタメン】
GK 曽ケ端 準
DF 伊野波 雅彦、岩政 大樹、大岩 剛、新井場 徹
MF 青木 剛、小笠原 満男、本山 雅志、ダニーロ
FW マルキーニョス、田代 有三

【控え】
GK 小澤 英明
DF 中後 雅喜
MF 増田 誓志、船山 祐二、遠藤 康
FW 興梠 慎三、佐々木 竜太

【得点者】 なし
【交  代】 76分 本山→増田、86分 伊野波→興梠、89分 新井場→中後





ゼロックスでの敗戦がありましたが、リーグ、ACLでの今季初黒星となった浦和戦です。

いつかはこういう日が来るもの。

過密日程の疲れからか、アントラーズは精彩を欠いていたように見えた。
加えて主力の野沢と篤人が欠場。

それでも前半は浦和の動きも悪く、最初の45分で先制できれば結果も違ってきたのかもしれないが。
アウェーでリードされながらも選手交代が遅かったのは何故だろう。
この日はダニーロがよくなかったのだが、結局交代せず。

流れの中で点がとれないときは、セットプレーに賭けたいところだが、得点の匂いがしてこなかった(苦笑)。

今日はホームでのガンバ大阪戦だ。
久しぶりの敗戦で得たことも少なくはなかったはず。
悪い流れは断ち切っていけるよう頑張ってほしい。


GWはまた現地へ行きます。

関連記事
スポンサーサイト
                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント