展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

秋山成勲欠場、kamipro発売日、格闘技熱は冷めてはいないのか?

category - 格闘技・プロレス
2008/ 04/ 22
                 
昨日正式に秋山成勲がDREAMミドル級GPへの欠場を発表した。

最近ネットできる時間が限られているので、情報をあまり収集できていないのだが、ハッキリ言って今の格闘技界の熱は冷めているように見える。

なくなったからさらに美化してるわけではないが、大げさではなく偉大なる興行「PRIDE」がなくなって、やれんのか!まではまだ熱があったと思う。

しかしながらやれんのか!とFEGが大連立したとはいえ、PRIDEが戦極とDREAMに二分化されたことにより、そのパワーが大きく失われたと思う。

地上波をもたない戦極は、本当に格闘技が好きなファンしかその情報を追ったり、会場へ行ったりしないだろうし、地上波をもつDREAMも旗揚げ戦前からカードが決まらないなどのゴタゴタでミソがついたかんじがする。

ミドル級GPに於いて秋山成勲の存在は大きかったと思うが、さほど残念に思わないなぁ。
このトーナメント自体、意義をかんじないというところがそう思わせてると思うんだが。

しばらくは地上波放送も分散して放送されるが、その後のゴールデンへ繋げるためのストーリー作りのようなものは出来るのだろうか?

カードがなかなか決まらないDREAMに比べ、地味に着々とカードを発表している戦極。
だけどカードが地味なんだよなぁ。

どちらにもいえることだが、今はかつての格闘技ブームが去った。
PRIDE消滅、やれんのか三崎ー秋山、DREAMカルバンー青木などの一連のゴタゴタで純粋に総合格闘技というジャンルを楽しめなくなり、格闘技から去っていったファンは少なくないように思う。

今いる格闘技ファンもおさえ、更に離れていったファンも再び振り向かせる、それは難しいことかもしれないが総合格闘技というジャンルがメジャーであるためにも、戦極、DREAMには頑張ってもらいたいところ。


さて、今日はkamiproの発売日。
気になるトピックについてひとこと。
kamiproは見出しは見たくさせられるものが多いよね、今回も立ち読みするだろうがその後買うかどうかは不明です。

■青木真也 巻頭ロング・インタビュー「僕は逃げない! 何があっても逃げない!!」

先日の記者会見で珍しく不快感をあらわにした青木。
kamipro携帯のブログでは、やれんのか!スタッフへの信頼感は失われていない様子だが、果たして何にあんなに怒っていたのだろうか。

すでにwebでは公開されているが、紙面でも青木パパのインタビューがあるようだ。

やっぱりカルバンへの怒りなのか?
ミドル級GP1回戦がある4.29だが、このカードがメイン級にみえるところがなんとも。
そのミドル級GPは秋山欠場により残すところあと1試合。

■ミドル級GPを“黒の宴”にしてみろ!!“魔王”よ、本性をさらけだせ!秋山成勲

と、煽っているが昨日の会見でミドル級GP欠場を発表した秋山。
このトーナメントが果たしてもりあがるのか疑問だ。地上波放送も夕方と深夜の格闘王に分けて放送されるので、一般層へどれだけ響くのか。

■夢のカリスマ異次元対談がついに実現!ミノワマン×須藤元気

この対談は魅力的。
自分はミノワマンのカードは好印象なので、ここらでミノワワールドを存分に展開してもらい、PRIDE時代の独自の世界観が描ければ。相手選手との相性もなかなか良さそうな気がするだけに期待。
また対談の相手に引退した須藤元気をもってくるあたりが心憎い。

互いにオリジナルの世界観をもつふたりだけに、面白い内容になっているのではないでしょうか。

■UWFの20年間を語る!!田村潔司「団体を背負ってきた人間にしか出せないものがある!」

あっさりとミドル級GP出場を決めた田村。
この人はどういう基準で出る出ないをきめるのかよくわからない。

船木誠勝との対戦ということで、このベタすぎる組み合わせからてっきり拒絶反応を示すかと思っていただけに意外でした。

あまり評判が良くなさそうな(苦笑)U系選手同士の対決ですが、自分は興味ありです。

またこのカードについて、宮戸優光が”炎上ロング・インタビュー”で語っているそうで、Uインター時代選手としてはさえなくても、宮戸がUインターにとってどういう役割を担っていたかご存知の方は、この”シュートなインタビュー”の中身気になるのではないでしょうか。

■あの煽りVの続きをお楽しみください 攻めてるか? シュールな兄弟愛トーク
永田克彦×永田裕志

会場の雰囲気はPRIDEなのに、同日TBSで放送されたものが思いっきりHERO’Sだったというふたつの顔をみせたDREAM旗揚げ戦。

フジテレビからのクレームでナレーターの立木さんが起用できないことから、会場のみとなった”限定版煽りV”の中でもひときわ異彩を放っていた、永田克彦のVTR。

あれは情報がまったくない中でいきなり見せられたので、キョーレツな印象を残した。
おもしろかったしミドル級GPの間くらいは続きをみせてほしいと思う。
秀作だけに引き際も大事か?

さぁ実際はどんな内容にしあがっているのだろうか!?
関連記事
スポンサーサイト
                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント