Samurai Spirit ※画像転載禁止 

ブログの文章および画像の転載複写はご遠慮下さい
2008-04-28 (Mon)

新日本プロレスIWGP 中邑真輔vs武藤敬司と明日はDREAM

昨日はパンクラス近藤vs山宮、NOAHのグローバルタッグリーグ最終戦など気になる大会が多かった一日である。

その中でも一番結果が気になっていた、こだわりがあった試合が、大阪府立体育会館で行なわれた新日本プロレスのIWGPヘビー級選手権試合、中邑真輔対武藤敬司である。

ワープロは土曜の深夜なので、日曜に行なわれた試合のためまだ映像はSアリでちょこっとしか見てませんが。
スカパーではPPV放送がありますけどね。

わずかな映像でも印象に残ったのが、下の画像、LOVEポーズのバックで流れていた曲が「HOLD OUT」だったこと!!

IWGP新チャンピオン武藤敬司

棚橋弘至やカート・アングルを破り、新日がエースにしていった中邑だが、自分にとってはイマイチのりきれなかった王者中邑。

むしろベルトを失った棚橋が、いい意味での開き直りを見せ楽しんで試合をしてる様子をみると、どうも中邑の硬さみたいなものが気になったりするのである。

その中邑の対戦相手が、元新日の選手であり、かつてIWGPを腰に巻いていた武藤敬司に決定した。

新日所属で、アングルまでも破った、結果だけみると押しも押されぬエース中邑に対し、武藤は全日本プロレスの社長。お互い負けた場合、失うものも大きい。特に団体を背負っている武藤の場合は尚更だ。

しかしながら、この間終わったチャンピオン・カーニバルには、新日から棚橋が参加し、優勝はできなかったもののいい試合を繰り広げた。この団体間の選手の貸し借りで、棚橋を貸した新日が果たして全日の武藤にベルトを巻かせるだろうか、でもチャンピオンとして魅力があるのは、中邑より断然武藤であることは間違いないと思っていただけに、中邑防衛(説得力のある試合内容ならよいが)でお茶を濁されるのか、このタイミングであえて武藤にベルトを託すのか、新日がどういう決断をしたのか、またふたりは噛みあうのかなど、久々にものすごく気になるIWGP戦となったわけだ。



中邑vs武藤のIWGP戦のレポがカミプロドットコムにありました。

試合内容については短めですが、試合後の新王者・武藤敬司のコメントは長めにかかれてますね。

「試合をやる前には、いろいろエラそうなこと言ってた。引き出しがいっぱいあるとかさ(笑)。でも引き出しを開けても、みんな空だったよ。最後に残った引き出しは“スピリット”という、“魂”という引き出しだけ残ってた。

これで新日本プロレスのレスラーも、社員も、関係者もうるおうようなまぶしいチャンピオンになることを誓ってがんばりますよ。もちろん全日本もそうだ。そういう俺が獲る意味というか、意義というか。

みんなも照らせるようなチャンピオン目指して、不可能かもしれないけど頑張りますよ。ただ、その一番の近道は“感動”を与えられるような試合をできるかどうか。そこがお客のハートをつかむ、一番の近道だと思ってますから。」


もうコメントがいちいちカッコイイ!

昔、武藤が新日本プロレスの選手だった頃、新日本プロレスが大好きだったんですが、あれから時は流れ、その間新日だけでなく、全日というか、プロレス界はいろんな出来事があって、昔ほど純粋にプロレスというものを見れなくなっていた自分がいる。

だけど、今回のカードが決定してから、こんなにも新日のIWGP戦が気になる自分がいて、嬉しくなった。

もう、新日の会場へ最後に足を運んでから長いこと経つが、やはり新日が元気でいてくれると素直に嬉しい。

そして、改めて感じたことだが、武藤敬司は好きな選手だ。
今はスキンヘッドだし、ショートタイツでもないが。今のプロレス界でこんなに存在感のデカさを感じさせてくれる選手は、少なくなったもの。

昨日は22時からサムライで、「武藤敬司☆show」を見てました。
ゲストは曙。ホストとしての武藤は、よくゲストの話を途中でさえぎったり、妙な間があったりと決してうまくはないが、なんかなごめて好きなんですよね。

■明日はDREAMミドル級グランプリ

明日が試合だなんて実感がわかずにおりましたが、前日会見を見て少しだけテンションがあがってきた。

PPVを買おうとしてたんですが、スカパーの通信レポートにエラーが出てしまい、先ほどカスタマーセンターへ電話をしました。2000年から使用していたICカードが古くなったということで(当たり前ですが)、今年の春に無償で新しいものと交換してもらったのですが、それからスカパーとの通信が出来なくなっているとの事。

そこでダメもとで、安いPPVを購入した。
そしたらあっさり買えた。525円払う羽目になってしまったが、ブルース・ウィリスの出ているサスペンス映画なので、洋画好きだからまぁいいやと思うことにしました。
明日は無事にPPV買えそうで一安心です。

■「DREAM.2 ミドル級GP 開幕戦」 放送スケジュール

PPVパーフェクト チョイス  2008年4月29日 16:00~21:55 160ch \3,150

地上波TBS 5月3日(土)16:00~17:00&5月6日(火)『格闘王』 25:25~26:25の2回にわけての放送

e2byスカパーではライブ放送がないようだね。


今日は、そのミドル級GPを明日に控えたDREAMの前日会見がありました。
加えて6月の大会も横浜アリーナに決定した。

「DREAM.4 ミドル級グランプリ2008 2nd ROUND」

2008年6月15日(日) 開場16:00 開始17:00

韓国じゃなくてよかった。
ミドル級GP初回は、銀座へ出かけるため行けないから、関東での大会はありがたい。
行けるチャンスが増えるもの。明日は16:00までに間に合うように帰ってこなきゃ!


そういや、会見の映像を少しだけ見たけど、アンドリュース・ナカハラさん端正な顔立ちのイケメンじゃん。

昨日彼の得意技について簡単に記事にしましたが「アンドリューススペシャル」おもしろい試合になるといいなぁ。

そういや最近オフィシャルの動画が配信されるタイミングが遅いよね。
以前のようにテキストだけでなく、動画もタイムリーに配信してもらいたいものだ。

それとマヌーフがミドル級GP出場へ向けアピールしてますね。
残る1枠は本当に大事に使ってほしい。

会見では相変わらずサクのおとぼけぶりに笑えましたが、ミノワマンはDREAM1の時と同じ入場曲で出てきそうなかんじだね。うーん、以前のものに戻した方が盛り上がると思うんだが。

でも、インタビューや会見を重ねるごとに金vsミノワマンの魅力が増してくるかんじだ。
田村vs船木に加え、こういうカードも非常に楽しみ。

正統派のカーンvsムサシや、因縁の青木vsカルバンももちろん気になるが、PPVでの観戦となるし自宅だからリラックスしながら、格闘技観戦をしたいと思う。

会場観戦とは違うドキドキが久々に味わえそうだ。

PPVを見ると決めたからには、いろんなゴタゴタがあったが、一旦リセットして楽しむことに集中したいと思っている。

応援よろしくお願いいたします⇒にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズランキング


スポンサードリンク

Comments







非公開コメント
こんばんは。

会場で見てた人はハンパなく感動したでしょうね。

武藤敬司の魅力が衰えてないというのがすごいです。

アンドリューススペシャルは披露されず・・・でした。
2008-04-30-00:35 サチ
[ 返信 ]
こんばんは!HOLDOUT最高ですよね!やっぱりスター性という面では、中邑は武藤とは差があり過ぎますね。確かにコメントもかっこいい!

あとアンドリューススペシャルは知らなかったです。期待してみます!
2008-04-29-18:13 H.T
[ 返信 ]