展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

ダレン・ウエノヤマって誰?

category - 格闘技・プロレス
2008/ 05/ 28
                 
昨日までに会見が行なわれなかったので、今回も口ばっかりかと思ってたんですが。
今日、一応追加の2カードを発表しましたね。

しかし、そのうちのひとつがミルコのグラップリングマッチとは・・・
なんかエキシビションマッチみたいだなぁ。これは正直要らなかったよ。
試合順は間違っても後ろの方じゃないよね?

それとKIDのDREAM初登場はいつになるのか。
D.3の時にD.4の宣伝が流れたが、そこでは神の子参戦ってうたってたのに。

今日発表されたもうひとつのカード、所さんDREAM参戦は楽しみ。
相手のウエノヤマっていうのが、全くわからないのだが、先ほどSアリーナで会見の映像を見ました。

このウエノヤマっていう人、2002年にDEEPで試合してるみたいですね。
その時、バイトで所さんはウエノヤマを見てるようだ。

さすがにその時の”バイト”ってフレーズに記者からも笑い声が。
そういやHERO’S時代は、所のキャッチコピーって『闘うフリーター』だったもんね。

記者から「どんな(内容の)バイト?」と質問され、

遠い日の記憶をたどるように

「確か選手の誘導だったと思うんですが」

の答えに、重ねるように記者が「じゃあ・・・」というと、確か笹原さんの声だったと思うが「(相手のウエノヤマを所が)誘導してるんじゃないかっていうことですよね?」と繋げたところが面白かったです。

HERO’Sがなくなり、DREAMになり所さんの「闘うフリーター」が新しいものに変わるのか!?こちらも気になります。所の試合なので、面白くなるんじゃないかと期待してます。

そして、煽りも佐藤Dがどういう切り口で演出するのか、また2002年のDEEPのお宝映像(?)も絶妙なタイミングで使われるのか、そういった試合以外の”余計な部分”に神経がいく管理人です。

まあ、真面目な話をすりゃ、2、3とだんだんに盛り返してき始めたDREAMが4で何を見せてくれるのか楽しみであります。
ジャカレイ対メイヘムのガイコクジン対決が、ハンセン対アルバレス同様名勝負となるのか、トーナメントに対し全くやる気をみせない桜庭はファンをどういった形で楽しませてくれるのか、ひとつひとつの興行に全力投球でいってくれることを願う。

また、残りの2カード(できればあと2試合くみたいと言っているので)ですが、笹原さんのコメントにもあるとおり、重量級の試合を組んでほしいね。
出来ればKIDの試合、ヘビー級の試合と追加してくれるとベストなんですが。

久しぶりにGBRを読んだが、所さんのインタビューいい!

http://gbring.com/sokuho/news/2008_05/0528_dream_03.htm

――所選手はDREAMという舞台についてどんな印象、イメージを持っていますか?
「生で試合を見ていて、PRIDEのような感じでいいなと思いました。レベルも高い大会で、自分がこんなところに立ってもいいいのかなと思って見ていました」

あれみてやっぱPRIDEっぽいと思ったんだ(笑)。

そのPRIDEっぽい世界観をもつDREAMで、所英男がどう輝くのか見てみたいね。

関連記事
スポンサーサイト
                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント
        

こんにちは。

やっぱりUFCはすごいですね。
リョートは地味に強いですからね。批判もあるでしょう。それでも勝ち続けることはすごいことですよ。

ペンは強かったですね。是非日本でも見てみたいものですが。

自分はシウバの試合もよかったと思います。

とにかく、これだけのメンツを集められるUFCは羨ましいですよ。日本の総合格闘技も対抗できるだけの戦力を揃えられるようになるといいんですが。

こんばんは!今大会は日本なじみのファイターもいましたし、試合内容も面白く、かなり楽しめました。LYOTOはファイトスタイルに批判ありますが、猪木の愛弟子という過去があるので応援したいなと思います笑。ベルトももうすぐの位置にきているはずです。あとペンは強すぎですね!あの膝が頭から離れない・・・。