展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

ナイトそうじ力

category - ライフスタイル
2008/ 06/ 27
                 
昨日は朝のそうじ力について書きましたが(⇒運気をアップする朝の15分)、本では夜のそうじ力も大事だといっています。

仕事などでストレスを受け帰宅をし、マイナス要素をそのまま家に持ち込まず一旦リセットする方法がかかれてます。

偶然ですが、本を読む前からわたしもいくつか実行してました。

わたしがやっているのは

・帰宅時、玄関で靴を脱いだら、下駄箱にあるウエットティッシュで靴を拭き、下駄箱にミントの消臭剤をかける。

・ジーンズなどラフな格好のときはそのままですが、それ以外は部屋着に着替えますが、脱いだ服は畳んで洗濯かごへ置くか、ハンガーにかけ陰干しをしてからしまう。決して脱ぎっぱなしにしない。

・(朝夕いつかは決めてませんが)トイレ掃除。

・夜間は掃除機の音が気になるので、各フロアに置いてある、ミニほうきとちりとりで部屋を掃除する。

・夜間も換気をする。

昨日もこれらをやり、朝はフローリングの目地をきれいに掃除しました。

疲れて帰ってきて、こんなことをしてさぞ疲れるだろうと思われがちですが、風呂上り肌を整え、ドライヤーで髪を乾かす時自分の顔を見ましたが、スッキリした表情をしていて気持ちがよかったです。

その後、体の臓器がやや弱ってることを感じたので、足ツボ棒で足の裏のツボを押し、リンパのあたりをマッサージして、就寝しました。

運気が悪くなったり、ストレスが溜まったりすると、生活が乱れて部屋も荒れてくるもの。

毎日ほんのわずかの良い行いが、必ず運気を好転させます。

これは自分も体験済み。

最近は、夜なかなか寝付けない人が多いそうですが、ベッドに入ったらすぐに眠れるって気持ちがいいものですよ。

わたしもまれに不安があったりすると、夜寝付けない、へんな時間に目が覚めるということがあり、夜眠れないことの辛さはちょっとはわかりますが、あれが続くって本当に辛いことでしょうね。

自分の場合は切り替えが早いので、不安などは早期に取り除き、またその日から快眠なのでありがたいことです。

早い日はベッドに入り10秒しないうちに記憶がなくなります。

今日は無理でしたが、運気がいいときは、目覚ましより前に目が覚めます。

平日の夜と朝の時間をうまく使えるようになると、やれることの幅が広がり、さらにツキに恵まれますよ。



関連記事
スポンサーサイト
                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント
        

あんずさん、おひさしぶりです。

あんずさんも早起き派でしたか!

本を読むと、朝の限られた時間を有効活用してる人が多いようです。
ウチは動物がいるので、動物がいる部屋は、そうじをしている最中から汚れていくので必要に迫られてやっている部分もあります(笑)。

私も掃除が出来てない日は、自分のモチベーションが落ちているのがわかるので危機感をもってしまいます。
実際にストレスを強く受けた日、どんよりとした雰囲気の中で仕事をして自身がそれにのまれてしまった時など、掃除ができなくなります。

逆に自分が楽しく過ごせたり、モチベーション高く過ごせた日は、どんなに遅く帰宅しようが、簡単な掃除ができるんですよね。

今は、朝と夜の限られた時間を、どれだけ有効に使うことができるか、手帳にタイムスケジュールを書いて、ムダがないよう管理をするよう努力しているのですが、そんなことが楽しかったりしています。

サチさん、御久し振りです。掃除については全くもって同感です。私も一日二回します。掃除機も一日二回(笑)。勿論疲れていながらの掃除が多いのですが、かえってサボると余計精神衛生上最悪になります。掃除しながら自身の精神の浄化を行い、これから始まる一日の快適なスタートのきっかけとなり、また仕事によるイライラの浄化…様々。それゆえ朝五時半起きは必須です。ゆっくり寝過ごすと結果、悪いスタートになるので家事という仕事をまず消化し、掃除しつつ心の浄化をはかり、コーヒータイムをとってから仕事モード…としてます。我が家はフルタイム共働きですが家事負担は全て私持ちなのがキツいですが自身の為にこのスタンスは続けようと思います♪

逆に掃除出来て無い時は自身の見えないどこかで赤信号が鳴っているという目安にもなってます。私だけでしょうか?