Samurai Spirit ※画像転載禁止 

ブログの文章および画像の転載複写はご遠慮下さい
2008-09-05 (Fri)

「変装探偵!殺人鬼はバラが好き」 (1981年)  変装探偵シリーズ第1弾

華やかなファッション業界を舞台に起こる連続殺人事件。
一人五役に変身する探偵の活躍を描いたユーモア・ミステリー。


変装探偵!殺人鬼はバラが好き




●「変装探偵!殺人鬼はバラが好き」  1981年9月5日
脚本: 掛札昌裕
音楽: 菊池俊輔
監督: 井上梅次
制作: 東映
出演: 山城新伍、坂上二郎、秋野暢子、野際陽子、
早乙女愛、西沢利明、楠トシエ、山内絵美子ほか


変装探偵!殺人鬼はバラが好き





探偵・霞ヶ関兵馬(山城新伍)は喫茶店でひょんなことから
東京ファッションの家田由紀子(秋野暢子)と
助手の橋本コズエ(斉藤浩子)と出会い事件の依頼をされた。



変装探偵!殺人鬼はバラが好き


1週間後に行われるファッションショーを中止せよという
脅迫状を受け取ったというのだ。
兵馬は依頼を受けることとなり当日は司会者に扮装しショーに潜入する。

(司会者が兵馬であることがわからないという変装のうまさ・笑)


変装探偵!殺人鬼はバラが好き


東京ファッションは松川進一郎(西沢利明)とアキ花村(野際陽子)が切り盛りし
急成長している会社だった。




フィナーレが近づいたころ、会場で火事騒ぎが発生した。
だが由紀子が発煙筒を見つけて、何者かが火災報知機を押していたことがわかり、
楽屋に掛けてあった服もズタズタに切り裂かれるという嫌がらせを受ける。


チーフの的場礼子(志麻いづみ)の姿が見えないことに気が付き
由紀子たちが手分けをして探すことにすると
大曾根佳子(沢木孝子)がバラの花園に串刺しとなった無残な礼子の死体を発見した。


ショーの最中、礼子とモデルの中西レナ(早乙女愛)が言い争っていて
ファッション業界にうごめく女たちの生々しい人間関係が浮き彫りになる。
火事騒ぎが発生したとき礼子は楽屋にいたが
その直後に行方がわからなくなっていた。



事件発生を受け五十嵐警部(坂上二郎)らが到着し捜査を始めると
司会者の変身した姿から探偵の姿に戻った兵馬は
被害者のストッキングが破れているのを確認し
階段に何かの飾りのようなものが落ちているのを拾い上げた。





それはレナの靴から取れたもののようだった。
由紀子は礼子の後任を決めるとき必ずもめることになると兵馬に話した。


兵馬はヒゲ面の紳士(?)高杉に変装しディスコ「XANADOU」で踊っていたレナに近づいた。
車でレナのマンションまで送っていくと、靴をチェックし飾りが取れているのを確かめた。
そこへ香山道子(山内絵美子)からレナに例の話は延期にしてほしいと電話がかかった。



変装探偵!殺人鬼はバラが好き


レナは社長と手を切ろうといったのはあんたでしょ?と責めるが
道子は礼子が死んで情勢が変わったのだという。
レナは道子が玲子の後釜を狙っていると知って一人でもやると吐き捨て電話を切った。



(現在元記事の一部のみ公開しています)








************ 変装探偵シリーズ 関連記事 ************


1. 「変装探偵!殺人鬼はバラが好き」

2. 「変装探偵Ⅱ殺人鬼の赤い靴が歩く」


■ 山城新伍の変装探偵シリーズ





応援よろしくお願いいたします⇒にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズランキング


スポンサードリンク

Comments







非公開コメント
Re: この作品大好きです。
レナさん


はじめまして、コメントをありがとうございます!



変装探偵、山城新伍の飄々とした演技が面白いですよね。
私も次々に人が殺されていくのでちょっとびっくりしながら見ていました。


またこの時の早乙女愛さんは美しくて素敵ですね。
プロポーションがいいので、水着姿のシーンもありましたがカッコよかったですよ。



80年代位までの土曜ワイド劇場は良い作品が多く、今見ても充分に楽しめますので、また遊びにいらしてください。



2017-12-12-12:18 Samurai Spirit
[ 返信 ]
この作品大好きです。
初めまして。
じっくりと読ませて頂きました。

この作品大好きです。
土曜アンコール劇場で観ました。

とにかく人がバッタバッタと殺されていき、
7人も死んでいくサマが印象的でした。

また、早乙女愛さんが2番目に
早くも殺されてしまうのも衝撃的でした。
早乙女さんのような大物女優が
早々と退場してしまうなんて大胆だなぁと。。

とても読み応えがありました。なんとなくあっあのシーンかな・・と思い出しました。

またこの作品が観たくなりました。

多分もう観ることはほぼ不可能だと思いますので、時々読ませて頂きます(^^)
2017-12-11-00:56 レナ
[ 返信 * 編集 ]