2008/09/13
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

「華やかな死体・赤い花は殺人予告」 (1980年)  佐賀潜の江戸川乱歩賞受賞作品のドラマ化

category - 土曜ワイド劇場
2008/ 09/ 13
                 
●「華やかな死体・赤い花は殺人予告」  1980年9月13日
原作: 佐賀潜  『華やかな死体
脚本: 石松愛弘
音楽: 渡辺岳夫
監督: 池広一夫
制作: 東映
出演: 竹脇無我、佐藤慶、池波志乃、赤座美代子、
織本順吉、長谷川明男、金子信雄、内藤武敏ほか



華やかな死体・赤い花は殺人予告



食品会社の社長・柿本(相原巨典)が、屋敷の応接間で何者かに殺された。



担当検事・城戸(竹脇無我)のもとで実証を固めた津田刑事(織本順吉)により、
金融会社の営業部長人見(長谷川明男)が事件当夜、柿本邸を訪問していたことがわかった。


城戸は十分な証拠を携え裁判に臨むが、有罪確定寸前になって
黒い権力を背景にした弁護士の政治的な圧力によって
証人たちは次々に証言を覆した。



これにより、人見は無罪となる。


城戸たちは上層部の反対を押し切り、再調査に乗り出した。






脚本が石松愛弘、監督が池広一夫という組み合わせで
原作も乱歩賞受賞作品という事からもかねてより見たいドラマのひとつ。







関連記事
スポンサーサイト
                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント