展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

今日の会見の意味はなんだったのだろう?囲み取材では二部制も考慮

category - 格闘技・プロレス
2008/ 10/ 18
                 
今日はダイナマイトの記者会見を見に赤坂サカスまで行ってまいりました。

現地で撮影した大量の写真などは現地で書いた記事をご覧ください⇒「Dynamite!!赤坂サカス公開記者会見」

こちらの記事の一番最後の”追記”で


今日来てない選手でのっているのが、魔裟斗、KID、所、宇野、ゲガール・ムサシ、船木、秋山、ミルコ、ホンマン、澤屋敷、甲子園勢です。

と、書いておりますが、これらの選手はこの記事にアップしておりますチラシ画像の上の方にある選手の写真から。

それとは別にチラシの下のにはテキストで”出場候補選手”が記載されており、以下の通りとなっています。

魔裟斗/山本”KID"徳郁/宇野薫/所英男/青木真也/川尻達也/石田光洋/桜庭和志/田村潔司/船木誠勝/柴田勝頼/ミノワマン/桜井”マッハ”速人/武蔵/澤屋敷純一/佐藤嘉洋/城戸康裕/小比類巻太信/ミルコ・クロコップ/ゲガール・ムサシ/ヨアキム・ハンセン/チェ・ホンマン 他

会見について書いた記事には、その辺りも付け加えておきました。

ぱっと見て目に入った写真から先に目がいってしまいました


長い前置きになってしまいましたが、ここからがタイトルにあります本題へといきましょうか。





まずは最初の「本日の会見の意味するもの」なんですが、会見を開いた時点では出場が正式決定している選手はいなさそうでした。

となると自分にとっての収穫は大会の概要が判明したこと。
14時開場、15時開始で、K-1、DREAM、甲子園とひとつにまとめてさいたまスーパーアリーナで開催する。そうなると試合数は通常8試合くらいのところ、それの倍15,16試合から20試合位となりそうなこと。


ただ、肝心のK-1、DREAMと二部制でわけるかどうかが怪しいし、今日の自分が見た会見からはそれらがごちゃ混ぜになりそうな感じに受け取れた。(例えば前半K-1,後半DREAMという分け方ではなく、混在しそうな組み方)



でも、大会の概要発表・出場決定の選手がいないならば、何も公開にしなくても良かったのではないかと思う。

サカス広場に舞台を組み、報道陣だけでなくファンも参加できる会見にしたのならば、少なくとも出場が確定してる選手の発表、出来れば決定カードも発表して欲しかった。




先ほどkamipro.comを見ました。

そちらには、自分が見ることは出来なかった囲み取材のレポートがありました。


『Dynamite!!』開催会見、囲み取材

大会の形式について谷川代表は「DREAMの試合が圧倒的に多くなりますよ。DREAMが10試合ぐらいで、K-1は甲子園を含めて6試合ぐらいかな。最低でも二部制。多ければ3部か、4部制にします。試合順はこれからですね」と説明。また、「現時点で具体的に進めているカードはまだない」とのこと。

会見で配られた資料に“出場候補選手”に名前の挙がっていた山本“KID”徳郁について、谷川代表は「KID選手は今日、神戸の病院の検診だったんですよ。本人も来たがってましたけどね」と事情を説明。横から笹原EPが「今日出てなかった選手を含めてもう一度会見を開きたいですね。KID選手も体調がよかったら出てもらいます」と、あらためて会見を行なう意向を示した。

また笹原EPは秋山成勲、エメリヤーエンコ・ヒョードルとも現在「交渉中」としながら、大晦日ではあれ、勝負論のあるカードとして「ミドル級とライト級のタイトルマッチも組めればいいですね」と答えた。

また、会見中に桜庭が秋山のフレーズを使いながら吉田秀彦の名前を出したことについて「観たいですねぇ。ただ、『戦極』さんは1月4日に大会があるんですよね。昔、PRIDEとK-1はケンカ状態でしたけど、『戦極』さんとはもめてない状態ですし、機会があれば話をしたいですね」と語り、『戦極』との関係が良好であることをアピールした。


大会の詳細について谷川代表は「大会は6時間か7時間ぐらいになるでしょう。総力を挙げてやらないといけないですね。日本人対決だけじゃなくて、バダ・ハリ、ホンマン、パンナ、シュルト、カルバン、ブアカーオ、みんな出場候補選手です」と豪華な名前を並べた。




今日サカス広場に集まったファンは、選手登場時の声援から総合のファンが多かったのではないかと思う。


ならば、そこでDREAMの試合が多くなり10試合くらい、K-1が甲子園含めて6試合くらいで、同日開催場所も同じでも少なくとも二部制には分けることになると思います。試合数が多いから、全部で6~7時間くらいにはなるでしょうね。



って言ってくれれば良かったのに・・・



行く方としては、20試合と言われると、一体何時に終わるのかと不安になりますし、その辺のケアはしてほしかったですね。


それに試合数の分け方は、DREAMだけじゃなく、K-1が好きな方も気になるでしょう?
DREAMファンにとっても、総合の試合が多い(でも10試合は多すぎだが)のは嬉しい情報だし。
ましてや、二部制も検討してることがわからなかったわけだから、この辺りの事はファンに向けて発信してほしかった。


私は正直今年の大晦日の期待感が薄いので、囲みでもコメントしてた「出場予定選手」っていうか、出てもらいたい希望の選手たち(=ヒョードル交渉中とか)は、あまりというかほとんどアテにしてないので、もちろん大会成功へ向けて全力でトップクラスの選手たちへの交渉は頑張って欲しいところですが、後々ファンをがっかりさせるような大風呂敷を広げるよりも、実現の可能性が高いところを出してほしい。


ひっぱるだけ引っ張って(しかも無理無理)出れませんでしたってのは、ナシにしてほしいな。



まぁ今日のところはとりあえず最初の会見ですから、出場予定選手(笹原さんの言う「K-1、DREAMに出ている選手はすべて出場候補選手」)ってのは、突っ込まずにいようと思ってますが、チケットの優先発売までにはカード発表・出場決定選手の発表はほしいところ。


今日オフィシャルからきたメールによると25日が先行発売とあるが、これはオフィシャルサイト会員向けかな?チラシには26日が特別選考電話予約となっていたから。
その優先の日が近づいているから、エイヤッで今日ファンも参加できる会見にして、選手も人数だけはある程度揃えて、購買意欲を煽ろうとしたのだろうか?


いずれにしても、以前より格闘技熱は冷めてきてるのだから、毎回足を運んでるファン以外は、カードが決まらないと買うという行為に移らないのでないか。


多くのファンは、様子見といったところだと思うんだが。



関連記事
スポンサーサイト
                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント