2008/10/27
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

川田がGP制覇 ハッスル栃木大会

category - 格闘技・プロレス
2008/ 10/ 27
                 
去年からの坂田ヨイショや、マンネリで少し熱が冷め気味のハッスルでしたが、川田の優勝でまた気になる存在になってきた。

川田の地元・栃木での初の開催となったものの、てっきり坂田優勝かと思っていたので、この結果は良い意味で裏切ってくれました。

ハッスル栃木大会 005
ハッスル栃木大会 006

昨日の試合は、サムライで11月8日(土)22:00から放送ということで、まだダイジェストでしか映像を見てないのですが、メインを見る限りはすごく盛り上がってる雰囲気が伝わってきた。

試合時間もハッスルには珍しい22分56秒で、フィニッシュは溜めてからマットへ叩きつけたパワーボムで文句なしのスリーカウント。

勝者もハッスルらしからぬ(?)経験・実力共に上回る川田ということで、”勝負”に徹した分シビアなメーンとなった。

なかなか発表されなかったハッスル・マニア2008の開催も発表されたんだね。
いつもなら11月なんだけど今年は年末だそうだ。


ビッグマッチということで当然なんらかの仕掛けを考えてるんでしょうから期待したいところです。
以前のプロレス村を飛び越えて、対 世間へ向けてのハッスルらしい戦いが見たいものですね。

栃木は川田の出身地ということで、どこから来たのか川田の「両親」が登場(笑)。

あのおやっさんは、一体誰なんだ?


坂田戦をリングサイドで身を乗り出して応援する父。



ハッスル栃木大会 001
すると、興奮しすぎたための心臓発作か!?胸を押さえてお父さんが倒れてしまう。

突然の出来事にリング上の川田も、実況席もお客さんも驚きを隠せない。
会場は騒然となる。


ハッスル栃木大会 003
そこへ現れたのが、川田についていく姿勢をみせタッグまで組むようになったゼウス。


ハッスル栃木大会 004
「オヤジさんは、オレに任せろ!おっさんは試合に集中せいや」と、川田パパを抱きかかえそのまま救急車へ乗り込む。

この後坂田に勝利をするも、父が心配で浮かない表情の川田は、GP優勝者の得点であるCDデビューの夢を捨て、オヤジさんを助けてくれるよう総統にお願いする。


総統のちょっとゆるめな ビターン!

ハッスル栃木大会 007
あんなに苦しそうなオヤジさんは、自ら酸素マスクを外し


「治ったぁぁ!」



ハッスル栃木大会 008
これには、オヤジさんに付き添っていたゼウスも

「エエエェェ!!!」


このゼウスの芝居が一番おもろかった!
そういや、ゼウスすごいハッスルに馴染んできたよね。

この後は会場に引き返したオヤジさんは、リング上で川田と抱き合う。


っていうすげえベタなストーリー。


これでもかってくらい、コッテコテですなw

このかんじは、ハッスルらしくて妙に懐かしく感じました。

サムライTVでは11月の7日に名古屋、8日に栃木、20日には後楽園大会(生放送)を放送するので楽しみです。

ホントなんかマンネリで会場観戦はしてないが、何気にサムライで全大会(多分全部放送されたはず)見てるのね。

年末はマニアどうするかなぁ。

さて、最後に新日のG1タッグリーグの現在での星取表を。
G1タッグ星取表 001
G1タッグ星取表 002
11月の後楽園は2日とも行きます。


関連記事
スポンサーサイト
                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント