展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

TBS格闘王をみました

category - 格闘技・プロレス
2008/ 11/ 05
                 
HDDレコーダーの番組表をみたら「石井情報」と大晦日の討論会をやるということだったので、新日後楽園大会へ行く前に録画セットしておいた。
先ほどそれをみました。

石井関連の部分だけかいつまんで。

今までの新聞での報道や会見など一連の動きをまとめたものが主なものだった。
当然だが、視聴者も少ない深夜の格闘番組でカード発表やら、石井の件でも既報以外の特別な情報は流すわけないしね。

でも番組自体は面白かったですよ。
柔術を習っていた吉沢悠のグラップリングの試合映像やら「今年の金子賢枠ですか!?」の突込みやら、格闘技番組としてはなかなか楽しめましたよ。

お笑い芸人たちを呼んでのスタジオ収録は10/29に行われたものだが、その中でスポニチの「石井大晦日Dynamite!!参戦」について触れられたが、谷川氏はまったくそのようなことは知らないと言っていた。

しかし、9/22ヒョードルを来日させ石井と対面させようとしてドタキャンになった一件では、ヒョードルは国士舘大学の手前の喫茶店まで来ていたと裏話を披露。


また11/3の石井のプロ転向会見後の谷川氏は「(石井とは)面識がないわけではない。ただ(大晦日の件は)全然話してないので早く会いたい。ヒョードルvs石井はいつか実現させたい。」


最後に3日の会見後TBSの格闘班が石井を直撃。

石井「あっ、こんにちは。」

--TBS格闘班です---

石井「格闘班ですか。これからよろしくお願いします。1年生としてがんばっていきます。(最後はかぶっていたニット帽を脱いで頭をさげる)」


Dynamite!!、DREAM参戦が報道される中、これをただの挨拶と受け取るのか、もっと密接な関係になるからこその挨拶だったのか気になりますなぁ。



今日のスポ新WEB版

石井 ロシアでヒョードルに弟子入り!?(スポニチ)

総合格闘技への転身を正式表明した北京五輪柔道男子100キロ超級金メダリストの石井慧(21=国士舘大)が、ロシアのエメリヤーエンコ・ヒョードル(32=レッド・デビル)の下で武者修行する計画が4日、浮上した。DREAM入りが確実視されている石井は、順調にプランが進めば、国士舘大卒業後にもロシアに渡り、ヒョードルの指導を受けながら本格デビューへの準備を進めることになる。

 プロ格闘家となった石井の鍛錬の場がロシアとなる可能性が出てきた。関係者によると、すでにロシア・サンクトペテルブルクにある最強ジム「レッド・デビルスポーツクラブ」で修業するプランが水面下で進行中。その事実を明かしたうえで「優れた逸材だし、じっくりと育てたい。しっかりとトレーニングすれば最強の選手になれる」と期待を寄せた。



石井が秋山とタッグ!清風中・高の先輩とユニット結成へ(報知)

プロ格闘家転向宣言をした北京五輪柔道100キロ超級金メダリストの石井慧(21)=国士大=が、兄貴分の柔道出身格闘家で、DREAMで活躍中の秋山成勲(33)=フリー=と“チーム秋山(仮称)”を結成する計画であることが4日、分かった。プロとしての初の公開練習は秋山との合同練習で、今月中に行うプランが浮上。オープンフィンガーグラブを着用した雄姿は、リングデビューよりも一足早くお披露目することとなりそうだ。

限りない夢と希望が広がる新天地、格闘界。石井をナビゲートするのは大阪、清風中・高柔道部の先輩、秋山だ。DREAMの船木誠勝が柴田勝頼を従え、「ARMS」を結成したように、石井も秋山を慕って新ユニットを組むことになる。所属団体がなくフリーの秋山の練習拠点は打撃、寝技と部門ごとに都内に複数あり、石井もそれに従う見通しだ。

 注目されるのはプロとして初の公開練習をいつ、どこで行うか、だ。格闘技関係者によれば、混乱を避けるために、テレビ、新聞、専門誌などメディアを一斉に呼んでお披露目することを計画中。そこで指導するのが秋山。以前にも「石井は不器用な柔道だから器用さがいる総合ができるかどうか…。自分が教えられることがあれば」とコーチ役に意欲を示していただけに、スパーリングパートナーを務める可能性も大きい。場所は都内で、今月中旬以降となる見通しだが、参戦が確実視されるDREAM側との交渉、テレビ局との折衝がまとまった後になりそうで、ずれ込む恐れもある。



表面的には3日にプロ転向を正式発表、所属団体は決まっておらず交渉はこれからということになっているが、そもそも10月初めにプロ転向が報道され反響のデカさからすぐにはプロ転向は考えられないと一旦は否定した石井。

しかしその約1ヶ月後には、自らの口からプロ転向を表明したので、今回も”どのリングにあがるか決まっていない”とか、”デビューの時期は未定”とか、”交渉はこれから”などということは、私は受け流してしまっている。

来るべき時がきたら何もかもが明らかになるんでしょうから、そのときまで待つだけだ。

学業に専念すると報道を否定する会見にも「いろんな事情から今は明らかにできないんでしょう」と思っていたから、今回のことも半月後はこの状況がどう変わっているか楽しみでもある。

それより、ダイナマイトはカード発表はまだなのか。
まだひとつも決まってないよ。


関連記事
スポンサーサイト
                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント