Samurai Spirit ※画像転載禁止 

ブログの文章および画像の転載複写はご遠慮下さい
2008-11-10 (Mon)

「女の決闘・濡れた瞳は殺しのサイン」 (1979年) カトリーヌ・アルレー 『目には目を』

カトリーヌ・アルレーの「目には目を」をドラマ化。

対決するふたりの女を演じるのは、山本陽子と夏純子で
前年6月に放送されたアルレー原作の
「黒衣の天使・殺しは女の商売」と同じ組み合わせ。




●「女の決闘・濡れた瞳は殺しのサイン」  1979年11月10日
原作: カトリーヌ・アルレー 「目には目を
脚本: 福田善之
音楽: 今田勝
監督: 降旗康男
制作: C.A.L
出演: 山本陽子、夏純子、中村敦夫、下條アトム、中尾彬、土屋嘉男ほか


がんに侵され、余命幾ばくもないことを知った女医の鞠子(山本陽子)は、
弟の誠(下條アトム)を殺した誠の妻亜紗子(夏純子)に犯罪の告白をさせる
必要に迫られていた。

鞠子と誠が数億の財産を継ぐことをしった亜紗子は前夫・行末(中尾彬)の死後、
誠と結婚、その後過って誠を殺したのだ。

鞠子は調査に当たっていた八重樫警部(中村敦夫)に事故だと証言し、
医学を持って自らの手で報復する意思を固める。









(現在元記事の一部のみ公開しています)




応援よろしくお願いいたします⇒にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズランキング


スポンサードリンク

Comments







非公開コメント