展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

桜庭和志vs田村潔司 夢のカードがついに実現へ!

category - 格闘技・プロレス
2008/ 11/ 12
                 
ようやっとDynamite!!の第一弾カードが発表された。

桜庭和志vs田村潔司

ヨアキム・ハンセンvsJ.Z.カルバン

HIROYAvs嶋田翔太

日下部竜也vsト部功也



総合10試合、K-1は6~7試合くらいということなんですが、K-1甲子園っていらないような。


現地観戦する者にとっては、気になるのは構成。

二部構成になるとしても、オープニングは第一部でやるんなら、結局最初から見るしかない状態になりそうで・・・

16試合は、観戦するほうはグッタリになること必至なんですが。
やっぱK-1と総合は完全に分けてほしいなあ。

さて、タイトルの桜庭vs田村なんですが、決まるまでは散々見たいと言ってましたが、いざ決定してみるとちょっと複雑。まさかこのタイミングで決まるとは思ってなかったので。
サクの怪我の具合もあり今年も見送りかななんて勝手に思ってたんですよね。


欲を言えば、やっぱり3~4年前くらいに見たかった。


過去Uで対戦したとはいえ(当ブログのどっかにもyou tubeの動画があったはず)、温め続けてきたカードだけに見たいような、もったいないから見たくないような。

そして、DREAMといえば佐藤大輔さんの煽りVも見所のひとつ。
サク-タムちゃんの煽りは相当力が入ったもになるでしょうね。

D.6は現地でも見て、一応PPVも買ったんですが一度さらっと見たくらいで、いつもは異常なくらいに返す煽りVも見ず。
やっぱり思い入れのあるカードじゃないと、リピートはしないんですよね。

そういう意味では次のダイナマイトはPPVやってくれるんなら、久々に煽りを繰り返し見ることになるかも。佐藤Dならその期待に応えてくれる作品を必ず創り出してくれるはず。

当然「U」をベースにするんでしょうが、どんな切り口でふたりのドラマを仕上げていくのかが今から楽しみです。単純に彼らの歴史をつづるだけでなく、そこに加えるエッセンスに興味があります。


今日発表されたのは総合ではふたつ。
主催者としては世間の注目度の高い大晦日の大会だけに、次も話題になるカードを発表するんじゃないかと管理人は推測してるわけですが、果たしてどんなカードなのか。
(もちろん、それに合わせて格闘技ファンを唸らせるものも期待してます)

個人的にはハンセンvsカルバンというマニアが好むカードも嬉しいのだが、一年に一度のお祭りだからこそ一般層にもアピールできる選手をラインナップしてほしい。

オフィシャルの会見動画見ましたが、当日はどちらかがUのテーマ曲で入場するのだろうか?今日はふたりともそれぞれのテーマ曲で登場してましたが。

関連記事
スポンサーサイト
                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント