2008/11/30
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

2008リーグ第32節 大分トリニータ戦、第33節 ジュビロ磐田戦

category - 鹿島アントラーズ
2008/ 11/ 30
                 
■Jリーグ第32節 大分トリニータ 0-1 鹿島アントラーズ
2008年11月23日(日) 九州石油ドーム 13:05キックオフ/31,744人

【スタメン】
GK 曽ケ端 準
DF 内田 篤人、岩政 大樹、伊野波 雅彦、新井場 徹
MF 青木 剛、中後 雅喜、本山 雅志、野沢 拓也
FW 興梠 慎三、マルキーニョス

【控え】
GK 小澤 英明
DF 大岩 剛
MF 増田 誓志、船山 祐二、マルシーニョ
FW 田代 有三、佐々木 竜太

【得点者】 55分内田 篤人
【交  代】 78分 野沢→増田、83分 本山→船山、84分 興梠→田代


昨日はNHK放送してくれてありがとう!ってかんじでした!!

仕事関係の調べ者や資料作りでパソコンで作業をしながらのテレビ観戦だったので詳しいことはかけませんが、それでも前半0-0で折り返して、後半早い時間で篤人のゴールが決まったときは、ひとりで拍手してました(笑)。

苦しい中で1点とったというのもあるんですが、得点までの流れが素晴らしくて感動。
興梠のシュートは跳ね返されたが、良いポジションに篤人がいてくれたよ。

それでもここのところの鹿さんは、大事なところで勝ちを逃がすし、大分が相手ですからまだまだ気は抜けません。

ってことで早く追加点!と思ってたんだけど、ゴール前がかたかったですね。

惜しいシーンもあり、また逆にヒヤヒヤさせられる場面もあり、ロスタイムも5分と長かったことからも試合が終わるまでハラハラしっぱなしでした。

これで首位キープで残りがふたつ。磐田と札幌ですね。
普通に行けば勝てるチームですが、ここは気を引き締めなければ!

ということで来週の磐田戦はカシマスタジアムまで行きます。

今から鹿スタグルメが楽しみなわたし。

ひさーしぶりのカシスタなので、試合の観戦記だけでなく、他にも記事が書けたらよいなと思っています。

天皇杯もなくなっちゃったし、次の磐田戦が自分にとって今年最後の生観戦となる。

しっかりと見てこないと!


(2008年11月24日)





■Jリーグ第33節 鹿島アントラーズ 1-0 ジュビロ磐田
2008年11月29日(土) カシマサッカースタジアム 14:04キックオフ/29,820人

【スタメン】
GK 曽ケ端 準
DF 内田 篤人、岩政 大樹、伊野波 雅彦、新井場 徹
MF 青木 剛、中後 雅喜、本山 雅志、野沢 拓也
FW 興梠 慎三、マルキーニョス

【控え】
GK 小澤 英明
DF 大岩 剛
MF 増田 誓志、船山 祐二、マルシーニョ
FW 田代 有三、佐々木 竜太

【得点者】 89分 岩政 大樹
【交  代】 60分 野沢→田代、76分 本山→マルシーニョ、83分 中後→増田

ホーム最終戦となるジュビロ磐田戦へ行ってきました。


まず東京駅に着くとバスの切符売り場が長蛇の列でビックリ。
切符とバス、列並びは二手に分かれたのが功を奏して、無事本数に限りがあるスタジアム直行バスに乗れて、なんとかキックオフには間に合いました。



どんなにお客さんが入るのかと思ったが、3万人は切っていたんですね。
ゴール裏1Fはギッシリ人が詰まってました。
磐田のサポーターも大勢来てましたね。あちらはあちらでまたこちらとは全く違う意味で重要な試合。



試合の方は前半おしながらも得点が奪えず。
後半も結構グダグダでデータ上はどうかわからないがシュートが少ない気がした。
その上、決定的なチャンスをものにすることが出来ず、何度ため息をついたことか・・・


またパスミスも多く、ノープレッシャーなのに相手にプレゼントボールしたり。
さすがにロスタイムも半分くらいが過ぎたところでは、引き分けを覚悟してましたよ。

それくらいゴールが遠かった。

そのロスタイム、マルキが倒されてFKをゲット。
鹿島のサポももうこれが時間的に最後のチャンスと思ってたから、応援する声もひときわ大きなものになる。

そんな願いが通じたような、岩政のゴール!
マルシーニョがいても勝てた(笑)。

ジリジリとする展開が続き、ましてや終了間際の得点とあってスタジアムは大歓声に包まれた。
それとオリベイラ監督の喜びようがすさまじかったですわ。

いやぁ本当に行ってよかったですよ。


岩政はポカも多かったが、貴重な得点を挙げた選手なので、結果オーライといったところか。
まあよくやってくれました。

この日は今年最後のホームスタでの試合とあって、監督のコメントも。
こみ上げてくるものをおさえながらの言葉で、それが通訳の蘭堂さんにも伝染したように、どちらの口から発せられるコメントも興奮しっぱなしのもの。

苦しんだ末の劇的な勝利に、まるで優勝が決まったかのような光景でしたが、まだまだあと1試合ありますのよね。

相手は札幌、しっかり勝てばいいだけなので、気を引き締めていってもらいましょ。
油断はいけませんわ。昨日もゴールが決まるまではあのような内容だったし。




選手たちがスタジアム内一周して引き上げる。
そして私も帰るわけですが、往路の尋常ではない混み具合に不安を抱きまして、スタからの東京直行バスではなく、鹿島神宮まで歩いてバスに乗ることにしたのね。


寒い中モクモクと神宮駅へ向かって歩きます。
途中セブンだかローソンだかで撮った写真。

鹿嶋ののどかな風景も、来年までお預けですな。

鹿島神宮から東京行きのバスに乗ったんですが、ものすごい渋滞で潮来に行くまでに恐ろしく時間を要しました。

おかげで久しぶりに乗り物酔いをしてしまい、辛かったです。。


乗り物酔いの影響か?磐田戦行ってきましたよっていう、こんな単純な記事を書くのにかなり時間を要した。

もっと早く書こうと思い1度パソコンを起動したが、書くモチベーションが皆無。
ならば戦う気力(やる気)が起こる音楽を聴こうと、レスラーのテーマ曲をBGMにサクサク書く予定でしたが、結局曲を聞きいってしまい記事は書けずオフラインへ。

確かにやる気は起きた。
だがかえってHDDに録画してあるプロレスの試合など見てしまい、記事は書けないって、逆効果やんけ!
時間だけが過ぎていく。

予定があったので今日はその後お出かけ。
収穫の多い日曜日でした。

えーと、話が戻って、なかなか記事がかけなかった理由はふたつあってそのひとつは・・・

さすがに2005年からこのブログを書いており、どうやらスポーツ記事を書くことに飽きた模様。
そういやいつも書くサッカー以外の記事を、3つくらいすっとばして書かずにいる。

なんか

ずーっと書かずにいてもアクセスが落ちずにいるのをみると、別に書かなくてもいいじゃん的な・・ね。
書いても書かなくてもそう変わらないとはこれいかに?

ブログを始めてからすぐにことあるごとにやめようやめようと思いながらも、もう2008年11月・・・

で、まだまだ書きたいことがあるのでやめません。

そして、アントラーズの記事も、そろそろ潮時か・・・とピリオドのタイミングを伺いながらもズルズルときてまふ。

当ブログに於いて需要がないかと思われたアントラーズの記事だが、意外に読んでいただいてるようで。

私をスタジアムに誘ってくれたり、またブログの方も読んでくださっている皆様がいたりと、周りの人たちの支えがあって、現地観戦したりブログを書いたりしています。

まぁこの辺の”人とのつながりで私もいかされている”という事が感じられ、素直にありがたになと思うわけです。

来週の札幌の記事で、今回書くモチベーションが落ちたもうひとつの理由を書いてみますかね。

ということで、最後までお読みいただきありがとうございました。


無事磐田戦も行けましたし、鹿島の記事を書くことも続けられております。
次の札幌も、来年のアントラーズの試合もまだまだ書いて行きますです。
というより、来年は今年以上に鹿島の記事を書きたいなと思ってます。

札幌戦は勝利、今年もリーグは優勝でよい年で終わりたいですね。
また、来週頑張りましょう。
関連記事
スポンサーサイト
                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント