2008/12/06
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

鹿島アントラーズ 12冠達成!2008リーグ第34節 コンサドーレ札幌戦、鹿島にパク・チュホが加入

category - 鹿島アントラーズ
2008/ 12/ 06
                 
獲りましたね、リーグ優勝!

なかなか厳しい試合でハラハラさせられました(-.-)

今から出かけるし、帰ってきてからも録画しておいた9時からのK-1、終わったらサムライの修斗の佐藤ルミナvs日沖発などを見る予定なので、鹿島の記事はまた明日詳しく書きます。

とりあえずアントラーズ優勝おめでとう♪

観戦されたみなさまもお疲れ様でした。








■Jリーグ第34節 コンサドーレ札幌 0-1 鹿島アントラーズ
2008年12月6日(土) 札幌ドーム 14:33キックオフ/26,220人

【スタメン】
GK 曽ケ端 準
DF 内田 篤人、岩政 大樹、伊野波 雅彦、新井場 徹
MF 青木 剛、中後 雅喜、本山 雅志、野沢 拓也
FW 興梠 慎三、マルキーニョス

【控え】
GK 小澤 英明
DF 大岩 剛
MF 増田 誓志、船山 祐二、マルシーニョ
FW 田代 有三、佐々木 竜太

【得点者】 35分 野沢 拓也
【交  代】 74分 本山→増田、87分 野沢→船山、89分 マルキーニョス→田代

この間の磐田戦で鹿島が優勝したときの朝日新聞の号外の申し込みがあり、ネットから申し込みを済ませたのだがあれは茨城県だけのものだったのか?
まだウチには届いていないようだが・・・

磐田戦は劇的な勝利で、札幌戦当日は既に予定が入っていたものの、札幌まで行くかと鹿嶋から帰宅後、札幌までのツアーをネットで調べていたりした。

ただ昨日の用事はビジネス絡みの重要なもの。
12冠獲得がほぼ確実となり札幌まで行きたい!そちらの予定をキャンセルするかどうか迷いましたが、やはり札幌行きは断念することにしました。

一旦札幌戦は忘れようと思ったら、磐田戦の記事書くのもおっくうになってしまった。

でも、昨日はもともとあった予定を優先させて大正解!
ひじょーに、非常に収穫の多いお食事会となりました。
すごくすごく得たものが多くて、やっぱり自分が行動してるこの方法でいいんだなと更に自信がもてました。もともと自信があったものだが、成功者の方からプッシュしていただくと嬉しいやね。また、仲間が増えたことも力強い!

ということで、札幌までの格安ツアーを見つけて問い合わせまでしようとしたコンサドーレ札幌戦でしたが、結局地上波観戦し、終了と同時に急いで自宅を出て目的地までいくというあわただしいものとなりました。

最下位で既に降格が決定してる札幌だが、あちらだって最後の試合、ましてやホームということで意地があるだろうし、簡単なゲームにはならないと思ってましたが立ち上がりから鹿島は苦しみましたね。

それでも勝利で終わることが出来たということは、鹿島のしぶとさを感じることができて嬉しくなりました。得点した野沢も不調なイメージがあっただけに、あの素晴らしいシュートには感激しました。
スカッとしたね、あれは。

今回はもし負けたとしても得失点差で優勝の可能性が残されていたわけですが、やっぱり勝って優勝ですよ。

それと今日スポーツ新聞のWEB版読んでいたら、モトが体を悪くしていたということを初めて知りました。それなのに頑張ってプレーしていたんですね。他の怪我で欠場してる選手たちも含め、一日も早く回復して来年元気な姿を見れるようにと祈ってます。

昨日は帰宅後お風呂、終了のホイッスルが鳴ったところでテレビを消して出かけたので、録画しておいたテープを巻き戻してその後の様子を見ました。といっても時間の関係上全部は見れず、同じく録画してあるK-1、修斗を見たもので、またあとでアントラーズのビデオは見ることにします。

そして、今日はスカパーの無料開放デーということで、うちはNHK地上波が写りがよくないので、スカパーの再放送もHDDに録画するつもり。

今年はもうアントラーズの試合がないということで、優勝の瞬間からセレモニーを何度か繰り返してみてみようと思う。

そしてブログの方も試合はないけどまた記事が書けたらいいなと思っています。

このブログにはWEB拍手というのがあるんですが、拍手数が一番多いのは多分鹿島の記事だと思います。いつもありがとうございます。

記事のアクセス自体は総合格闘技がダントツで多く、次にアントラーズ、プロレスor(総合じゃない)格闘技となっています。
(おととい?その前?から、今年3/30に書いたキンボの記事がアクセスが多くなってる。自分でもビックリ!)


総合と他の記事との差が歴然とするくらいあるのですが、鹿島の読者さんからは温かさを感じるのでありがたいなと思っています。

またアントラーズについて書きますので、お時間ありましたらお付き合いいただければと思います。

最後に優勝おめでとう!そして一年間お疲れ様でした。





(2008年12月7日 追記)


■鹿島にパク・チュホが加入


アントラーズのHPはマメにチェックしてるわけではないのですが、自分がきまぐれに訪れると何かしら発表があったりします。

この間も久しぶりにオフィシャル覗くと、パク・チュホの加入が発表されたばかりでした。

鹿島の外国人選手というとブラジル人というイメージが定着してたわけですが、いきなりの韓国人加入でビックリしました。


正直とまどいを感じたわけですが、これって事前に加入が噂されてたりしたんでしょうか。

自分的には、いきなりな出来事で受け入れにくいかんじですな。
なぜ?ってかんじっすよ。


さて、今更な話題ですが最終戦前に申し込んでいた、鹿島がリーグ優勝した場合の朝日新聞の号外が12/22に届きました。


kashima_gogai.jpg

優勝直後配達されなかったこともあって、茨城県内限定なのかと諦めていましたが、県外にも送ってくれたのね。ありがとうございます。


活字離れといわれて久しいですが、朝日新聞は自分が気になる記事も多くためになる情報をいろいろといただいています。

もともと読書好きで多い週は5,6冊本を読むので、新聞チェックも負担にはなりません。


それに本当に欲しい情報は強い気持ちで求め続けていると、マメに毎日新聞を見なくても、なんかの折に偶然興味をもっている内容に関する記事を目にすることが多く、やりたいことなど情熱をもって接している事については、すっと情報を差し出してくれるようなかんじで自分の目の前に飛び込んできます。



インターネットではある範囲内の情報は豊富にあるのですが、それ以上求めるとなると書籍だったり、実際に自分の足であるいて現地へいったり、関わる人たちと交流をもたなければ得られることができません。

自分はインターネットが得意ではないため、ブログやメールを書いたりするのがすごく億劫に感じてしまうんですね。

だからある程度ネットで情報をゲットしたら、次は行動するのみ!でいってます。


そういう意味ではこういうスポーツに関することも、実際に時間とお金を使って現地へ行ってみてみるということは非常に大きな意味を持つんでしょうね。





(2009年1月24日追記)




関連記事
スポンサーサイト
                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント