展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

ボブ・サップvsキン肉万太郎 これはこれでアリだと思う

category - 格闘技・プロレス
2008/ 12/ 23
                 
もう時間もないんだし、一気に発表しちゃえよ!って思うのですが、小出しに追加されるカード。
昨日はこれまでとは毛色の異なったカードがひとつ発表された。


キン肉万太郎とボブ・サップが『Dynamite!!』で真剣勝負!!DJ OZMAが堂々宣言! 「『紅白』を叩き潰したいと思います!!」



最初見たとき何?ってかんじで、?マークが頭の中に。
それで会見みたら「キン肉万太郎」ってキャラクターに扮した選手がボブ・サップと戦うのだとわかった。
(冷静に考えたらそれ以外ないのですが、一瞬何?と思ってしまった)

「キン肉」というフレーズから、中の人はてっきりミノワマンかと思ったのですが、どうやら違うようですね。会見で明らかになった中の人の経歴からして、これはまだデビューしてない田中さんか?



ボブ・サップとキン肉万太郎ということで、FEGアレルギーを増加させてしまった人が多いのではないかと思うが、自分はこれはアリですね。

もともと17カードくらい(?)のイベントということで、こういう息を抜きながら見れるカードも欲しいと思ってたし。

ハンセンvsカルバン、青木vsアルバレス、佐藤vsキシェンコといった勝負論のある本物の試合というのは大歓迎ですが、全部ガチガチで1本調子でいかれるよりは、こうしたイロモノ的なド派手なカードはアクセントになっていいですからね。



一般的に知名度のある”ビースト”ボブ・サップとアニメのキャラであるキン肉マンの対戦って、ヤフーのトップページに表示されてたとき、思わず「えっ、何?」ってクリックしちゃう人も多かったのではないだろうか。


キン肉万太郎の中の人もバックボーンはしっかりしてるようですし、多分格闘技ファンは否定的な人が多いと思いますが、前評判を裏切る形で好勝負をしてくれるかもしれない。

会見のマスクのまま戦って欲しいが、当日はどんなマスクになるのでしょうか?
視界確保のためショボくなりそうな気がしますが(笑)。

川尻vs武田とかどの層へ向けて、この試合で何を見せたいのかわかりづらいカードよりは、サップvs万太郎はこの辺がハッキリしてるのもいい(苦笑)。


そういう意味では「むさし対決」の武蔵vsゲガール・ムサシもなんだか楽しみになってきた自分がいる。


行くからにはそれなりにでも楽しみたいし、行く前にネガティブな気持ちを持って行くのは自分らしくないしな。結果はどうなるかわかりませんが。


まぁそれはそれで。
事前に否定的な部分だけ抱えて、埼玉まで行くのはイヤだなということです。


男祭りでもないし、やれんのかでもない。
気持ちを切り替えて、カジュアルに楽しめたらいいなと思う。


ということで甲子園も含めてトイレに行きたくならない限りは一応全部見てみようかと。
本音を言えば、ちゃんと二部制に分けて欲しかったところですが、総合の選手でもK-1ルールで戦う人たちがいますからね。結局分かれていても全部見ようと思ってただろうね。



昨日は中尾”KISS”芳広さんの公開練習の映像もみたが、中尾さんも好きなのでこちらも気になるのだが、1月4日は新日本プロレスの東京ドーム大会へ行くからテレビ放送されるまで映像はみれないのね。

戦極では中尾さんと五味隆典の試合が見たいですね。



関連記事
スポンサーサイト
                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント
        

No title
昨日はお疲れ様でした。

帰りはあわただしくなってすいません。

DVDはまだ見れてませんが、めちゃくちゃ楽しみですよ。

No title
昨日はお疲れ様です!
いただいたDVD見ました??
今度はパンの話でも5時間くらい・・・
今年もよろしくです!