2009/01/01
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

Dynamite!! ~勇気のチカラ 2008~ Part3

category - 格闘技・プロレス
2009/ 01/ 01
                 
■Dynamite!! ~勇気のチカラ 2008~
2008年12月31日(水) 15:00開演
さいたまスーパーアリーナ 観衆: 25,634人

第1試合~第7試合まではPart1




ということで1回目の休憩が長めだったので、2回目の休憩余裕こいてたらもう始まっている!?


ミノワマンの勝利の後甲子園と佐藤vsキシェンコでクールダウンして所vs中村を楽しんで、1回目の休憩を挟んだあとのブロックでは川尻、アリスターの番狂わせ(?)的勝利で総合ファンとして再び盛り上がりという、アップダウンを何回か繰り返しての2度目の休憩明け。


ここからファイナルまではどういう風景を目にするのか、長丁場でも予想に反して観戦疲れがなく割と余裕でその後の試合にも臨める状況でした。


それと入院しててD.6は欠席だったケイ・グラントさんが復帰されてて安心しました。
やはりやせていて、何故かサングラスはなしでしたね。


第13試合(DREAMルール)
winner
ミルコ・クロコップ     vs    チェ・ホンマン
MIRKO CROCOP     vs.    CHOI HONG MAN
1R  6分32秒 KO

20081231_47.jpg
20081231_47.jpg
ミルコもホンマンもなんか精彩を欠いて見えたなあ。
あとホンマンは改めて見ると別人のように見えた。ホンマンもいろいろあるようだし大変なんだろうな。

身長差があるホンマン相手にちょっとやりづらそうでしたね。
最後のローでの終わりにはあっけなさも感じたが、手術を控えた身でよくやったというところでしょうか。

20081231_47.jpg


第14試合(K-1ルール)
               winner
武蔵       vs    ゲガール・ムサシ
MUSASHI    vs.    GEGARD MOUSASI
1R 2分32秒 KO

20081231_47.jpg
ゲガールさんが二重あごっぽくなっていてビックリ。
また、こちらも選手紹介の映像が良かったですね。

フジのすぽるとの時かなんかのイラストだして「倒せるほうのムサシ」で煽っていたのは面白かった。
でも武蔵の方はそんなことがあったの知らなかったのね(笑)。



しかし武蔵は人気ないな、ってか総合のファンが多かったからか?
パンチのラッシュを浴びた武蔵がクリンチすると、すぐさまブーイングだし。
ムサシのアグレッシブさと比べると武蔵さんは・・・


20081231_47.jpg


殴ってるときのムサシの表情が鬼のようで、あんな表情初めて見たわ。
試合終了後にムサシの拳に顔を歪ませる武蔵の顔がスクリーンに映ったときは会場失笑だった。



第15試合(DREAMルール)
winner
メルヴィン・マヌーフ       vs    マーク・ハント
MELVIN MANHOEF    vs.    MARK HUNT
1R  18秒 KO

今日は勝負タイムが短いのが多いなあと思ってましたが、これにはホントびっくりですわ。
突っ込んできたハントにドンピシャで合わせてのKO勝利とは。


20081231_47.jpg
バンナの欠場を受け、直前で対戦を受諾したマヌーフ。


こういった経緯に弱い日本人の私にとってはその男気だけで結構ホロッときてしまったが、鮮やかな秒殺劇と試合後のジョークを交えたお茶目なマイクでちょっとマヌーフ贔屓となってしまった。


第16試合(DREAMルール)
winner
青木真也       vs    エディ・アルバレス
SHINYA AOKI    vs.    EDDIE ALVAREZ
1R  1分32秒 踵固め


DREAMになってしばらくしてからそれまでは気にせずにいられた、カミプロ含めた青木プッシュが少々嫌味にかんじてた2008年後半。

だから秋山への対戦要求とかも自分的には全然響いてこなかったのだが、やっぱり青木はすごいわ。

20081231_47.jpg

青木が勝つとしても、さすがにアルバレスの打撃に苦しむ時間帯はあるだろうし、ここまでアルバレスに何もさせずにサックリときめてしまうとは。


サックリ勝ちすぎて淡白なかんじは否めないが、アルバレスの実力を認めてるからこそ勝負に徹してのあの展開だったんだろうね。


本当はもう少し二人の試合を見たかったのが、これが真剣勝負というもの。


お見事な勝利でした。


また試合前に流れた映像では最後DREAMの対戦カードの画になっていて、細部へのこだわりに脱帽。

20081231_47.jpg


川尻の試合から、途中グダッとした試合もいくつかありましたが、いい感じの流れが出来てきましたね。



第17試合(DREAMルール)
ヨアキム・ハンセン       vs    J.Z.カルバン
JOACHIM HANSEN    vs.    J.Z.CALVAN
※ハンセンの体調不良により中止



第18試合(DREAMルール)
winner
田村潔司       vs    桜庭和志
KIYOSHI TAMURA    vs.     KAZUSHI SAKURABA
2R 判定3-0


これも試合前の映像が良かったです。
いきなりエンドロール流れたのには?でしたが。

VTRの時間は9分とかで、あまり長いものはいかがなものかという気持ちもあったので、昔ほど無限大の期待感というものは抱えてなかったんですが。


それでもBGMとふたりのドラマがマッチして、長編ということを意識せずに見終えることができた。


またこのVTRに見入ってしまったからか、一つ前の試合でカードのあの絵、他のカードと異なっていたことなんてすっかり忘れていたら・・・


この力作では


対戦カードの部分で、なんとPRIDE時代(2005年頃のバックか?記憶が不確かですが・・・)のキュルルルル、チャンチャンチャンという御馴染みの音楽とバックになっていて興奮しまくりました!


ヤラレタ!!!


作り手は本当にファンの気持ちを理解してるよね。


20081231_47.jpg
20081231_47.jpg
20081231_47.jpg
試合の方はなんというか複雑な思いが支配したよね。

同い年なのにサクの衰えとか、現実とか、歳月とか、移り行く格闘技の世界とか、時代とか、ひとことでは言い表せない、いろんなものが交錯したした。

20081231_47.jpg


もっと非情なものが見たかったような気もするし、あれしか出来なかったのかもしれないという気もするし・・


この辺はいつからふたりの闘いを見始めたかによって、意見は全く異なるのではないかと思う。

いづれにしてもすっきりしたものではなかったかな。

もうちょっと時間が経たないと、といいますか、試合が終わった直後と、時間が経過してからでは自分の中の思いに変化があるかもしれないし。


今はなんともいえない。


それでもPRIDE最後の大会でのサプライズ。
榊原氏の遺言が実行されたので、やって正解だとは思っている。


20081231_47.jpg
大会を終え、出場した選手やリングサイドに観戦に訪れていた選手たちがリング上へ。

ウィッキー聡生がいたのがなんか新鮮でした。
DREAMへ参戦とかあるのでしょうか?

またメイヘムも来場してましたね。
彼の試合が見たかったなぁ。

20081231_47.jpg
20081231_47.jpg

大会が始まる前、いろんな雑音が聞こえてきましたが、見に行ってよかった。


やっぱり会場は本当に格闘技が好きな人たちが集まるので、非常に良い雰囲気の中で見ることができましたし、見たいカードがなかったわりにはいい試合が多くてとても楽しめました。


本当にそういう意味で、やってみないとわからないですね。


事前にヘンに頭でっかちになってあれこれ考えるよりは、行って楽しんだ者の勝ちみたいな。

もちろん結果期待はずれに終わることもあるでしょうが、この間はなんだか人のあたたかさを感じたような空間だった。

2009年もこの流れを切らずに、いい流れのままいってほしいね。



関連記事
スポンサーサイト
                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント
        

Fさん

まさかパンフレットが売り切れているとは思わなかったので、すっかり余裕をこいていました(汗)

サクタムは、彼らの全盛期を知らなかったファンなどはふたりに思い入れがない分、伝わらないつまらない試合だったでしょうね。

ましてや地上波見てる層には退屈な試合にしか見えなかったのではないでしょうか。

しかし、前評判の悪さに反して大変良い興行になりましたね。

インターネット上の雑音を無視して、気持ちを切り替えて見に行って正解でした。

今年もまたどこかで見かけた際はお声をかけてくださいね!

あけましておめでとうございます
私もパンフ最終的に購入できず(汗
まだ動画みてません
TV見てる人にはグダグダな展開にも見えますよね~
まぁ会場でもそう思う人が多かったかもしれませんね
では今年もよろしくです
H.Tさん

あけましておめでとうございます。


こちらこそお会いできて楽しい時間を過ごすことが出来まして、まことにありがとうございます。

パンフレットは売り切れてました(ガックリ)

メインはおっしゃるとおり奥深かったですね。
二人の生き様をあれこれと考えてしまいました。

単純に終わらなかった試合だからこそ、思い出深い大会となりましたよ。

プロレス・格闘技を今年も愛して楽しみましょう。
今年もよろしくお願いいたします。

明けましておめでとうございます!会場でお会いできて嬉しかったです!色々とお世話になりました。パンフレット買えなかったんですね…。

メインは、考えさせるというか、試合としては地味なんですが奥深いというか・・・。煽りVは良かったです。見入ってしまいました。

プロレス、格闘技が去年以上に盛り上がる事を期待するばかりですよ。今年も宜しくお願い致します!