A D M I N
topimage

2017-10

最新記事一覧  

アントニオ猪木vsモハメド・アリ戦を見た、価値が高かった猪木vsアリ戦 - 2009.02.08 Sun

以前から見たかった試合、猪木vsアリの試合を見ました。


ネットの動画や本などではさんざん読んでいた試合だが、裏舞台含めてテレビで見れたことは大きかった。

テレビに映った若いアントニオ猪木は、今の自分が見てもカッコ良くてシビれた。


「色気」のあるレスラーで、その表情ひとつでハートをガッチリと掴み引き寄せてしまうカリスマ性はさすが。


もうこういうレスラーは生まれないんだろうなぁ。
と、同時に世間を巻き込むようなプロレスの試合っていうのももうないのかなと思う。


もちろん時代もあったのでしょうが、ああいうヒリヒリ感がテレビを通しても充分に伝わってくる試合をリアルタイムで見れた人は羨ましい。


猪木についてですが、アリ戦ではなかったのですが、彼の若い頃の試合をいくつかテレビかなんかでみたんですが、出した技の数は今と比較にならないくらい少ないのに、うまく試合を作っていて自分にとっては新鮮に思えました。


それにしても”大凡戦”といわれたこの一戦が未だに色褪せないってのはすごいですね。


現在のプロレスや格闘技の試合で30年後もあの時間帯に放送してもらえるものといったら何があるんだろうか?


猪木やアリを、現役のレスラーや格闘家でいったら誰に当たるだろうとかって考えはナンセンスに思えますが。


昨日の放送は最後のシーン(猪木の引退試合)では心で泣きました。

なんか素直に感動したわ。



■価値が高かった猪木vsアリ戦


先週末放送された猪木対アリの試合だが、カミプロの金沢さんのコラムを読むと高視聴率をゲットできたようで私も嬉しくなりました。

猪木vsアリ戦、33年目の真実が高視聴率ゲット!

33年も前の試合が、視聴率を稼ぐことが難しくなってきたこの時期にjこれだけ多くの人が見てたということでやはり本物はスゴイと思いました。


本物とはリアルファイトとかガチとかという次元の話ではなく、この試合があった時も、またそれからどれだけ時間が経過しようとも猪木とアリ、試合決定までの背景なども含めて多くの人を惹きつけたすごさということです。


今、世界的な大不況の中で消費者の目が一段と厳しくなっていて、生活に必要なもの節約できるものなど安価でありかつ製品の品質の高さも求められる状況ですが、そんな中でも価値が高いものは相変わらず高値で取引されています。


不況で消費者の財布の紐が固くても、本当に良いもの、資産価値があるものは驚くような金額で購入されていたりするんですね。

(本物を見極めるって大事ですね。実際に自分も行動してみてそれを知りそういう方たちの目利きぶりには感心させられます)


33年経っても高視聴率が稼げた猪木vsアリ戦は、それに通じるものがあるように感じました。


番組を見て、猪木サイドの「この試合を絶対にやらなければいけない」という必死さがすごく伝わってきました。

今のプロレス界や格闘技界で、あそこまでこだわれる、熱意を傾けられる選手やスタッフが果たしてどれくらいいるのだろうか?

いろんなことを考えさせられてしまいました。


(2009年2月14日追記)




関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

U・Mさん

はじめまして、管理人のサチと申します。
コメントありがとうございます。

私も父が猪木のファンで、プロレスが好きになったのはその影響も少しあるかと思います。
図書館で当時の新聞を御覧になったのですね。
図書館はリクエストすれば所蔵している古い新聞を見せてくれますよね。

スポーツ新聞だけでなく一般紙がそこまで報道していたとは、今では考えられないです。
時代もあったのでしょうが、そこまで世間を振り向かせた猪木のカリスマ性と仕掛けは、今のレスラーやフロントも大いに見習うべきでしょうね。

私も昭和のプロレスラーは好きで、よく昭和のプロレスを取り上げた本や雑誌を読んでいます。
個性的なレスラーが多く、読んでいて惹きつけられるものがあります。

初めましてU・Mと申します。自分は子供の頃、親父に連れられて観に行った
猪木vsウィリー・ウイリアムス戦を観てプロレスファンになりましたが、残念
ながら猪木vsアリ戦は観た事がないんです。
所で今日図書館で猪木vsアリ戦を報じていた当時の新聞を見に行きましたが、
スポーツ新聞だけでなく一般紙(朝日、毎日、読売)も報じていたのには一寸
ビックリしました!しかも写真付きで!!
・・・まぁでも評価は今とさほど変わりませんでしたが笑(観客しらけた格闘技戦
とか)
でも今は再評価されてるんですよね。(これぞ真の真剣勝負とか)

Re: アントニオ猪木vsモハメド・アリ戦を見た

makomako2さんへ

あの試合リアルタイムで見れたのは羨ましいです。

録画失敗はショックですよね。

自分も同じ経験があるのですごくわかります。

こんにちは。猪木VSアリ戦、リアルタイムで見たおじさんです。
テレ朝の番組、予約したつもりが撮れてなくてショックでした。

No title

こんばんは。

この試合本当に見たかったのでテレ朝に感謝ですよ!
これは永久保存版として残すつもりです。

最後のシーンは泣けますよね~。

昔のプロレスの試合は観客の熱気がすさまじいですよね。
新日だけでなく全日でもそれを感じました。

No title

こんばんは!自分も見ましたよ。サチさんと同じでジ~ンとしたのが、猪木引退試合ですね。アリのあの微笑みから深い何かを感じましたね。あの2人の友情は深そうですよね!


管理者にだけ表示を許可する

「夜に消えた妻・蒸発か誘拐か」 (1983年)  ハワード・ブラウン『夜に消える』 «  | BLOG TOP |  » 「逆転法廷・私は殺される!」 (1982年) ライオネル・ホワイト  『ある死刑囚のファイル』

お気に入り

カテゴリ

鹿島アントラーズ (263)
日本代表・サッカー (41)
雑記 (69)
ライフスタイル (678)
土曜ワイド劇場 (142)
昭和のテレビドラマ (21)
昭和の日本映画 (19)
映画(洋画) (20)
美術・展覧会レポート (60)
音楽・ライブレポート (17)
グルメ (186)
格闘技・プロレス (439)
ご案内 (2)

映画館で見た映画

ライブレポート

タグクラウド


最新記事

「十和田湖畔偽りの花嫁」 (1995年) Oct 18, 2017
「無人霊柩車」 (1998年) Oct 17, 2017
「終着駅(ターミナル)殺人事件」  (1981年)  西村京太郎のトラベルミステリー第1作 Oct 17, 2017
サイゼリアの新メニュー・ノッチョーラがメリンガータに代わって登場! Oct 14, 2017
「密室から消えた美女」 (1992年) 探偵神津恭介の殺人推理第11弾 Oct 13, 2017
「探偵事務所・7つの予告殺人プログラム!」 (1995年) シリーズ第2弾 Oct 12, 2017
「東郷青児展-抒情と美のひみつ-」@損保ジャパン日本興亜美術館 Oct 08, 2017
上野「肉の街」の和牛3種類焼肉ランチ Oct 01, 2017
2017リーグ 第26節 アルビレックス新潟戦、天皇杯浦和戦、第27節 ガンバ大阪戦 Sep 18, 2017
稲川淳二の怪談ナイト MYSTERY NIGHT TOUR 2017@日本青年館 Sep 17, 2017

管理人用リンク

他はリンク欄にまとめました

公式サイト

DREAM/ 新日本プロレス/ 鹿島アントラーズ/

国内WEBサイト

スポナビ/ GBR/ デイリー/ J’s GOAL/

海外WEBサイト

SHERDOG/ MMA NEWS/ MMA WEEKLY/ MMA-Core.com/

ランキングからブログを探す

人気blogランキング
鹿島アントラーズ

サイトマップ

カテゴリー別サイトマップへ

当ブログの人気ページ

ブログパーツ

最近のコメント

スポンサードリンク

月別アーカイブ

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  01  12  09  08  12  02  01  12  11  10  01  01  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

リンク


Powered by SEO Stats

RSSフィード

QRコード

QRコード

LINKS

このブログをリンクに追加する

  • 総合格闘技ニュースブログ NHBnews PRO
  • 日刊H.T
  • 『誇り』を継ぐもの
  • Jリーグ(J1&J2)サッカーリンク集
  • スポトラ<スポーツトラックバックセンター>
  • PLAYERS.TV
  • My Sweet Hearts(旧ブログ)
  • 管理者ページ