FC2ブログ
2009/02/16
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

「黒の環状線・新婚夫婦恐怖のおとし穴」 (1980年)  山村美紗 『黒の環状線』

category - 土曜ワイド劇場
2009/ 02/ 16
                 
幸せな結婚生活を夢見た女がある殺人事件に巻き込まれたうえに
事件の意外な真相を知る。


●「黒の環状線・新婚夫婦恐怖のおとし穴」  1980年2月16日
原作: 山村美紗  『黒の環状線
脚本: 長野洋
音楽: 小川寛興
監督: 土井茂
制作: 大映テレビ
出演: 安奈淳、大出俊、中山仁、中尾彬、
中山麻理、奈美悦子、高品格、土屋嘉男、
鹿内孝、西田健、山本武、佐野守ほか



京南大学医学部付属病院の調剤室で働く千沙子(安奈淳)は
同じ大学の講師・日野夏彦(大出俊)と結婚した。



黒の環状線・新婚夫婦恐怖のおとし穴




夏彦は二年ほどニューヨークに留学しており帰国したばかりだった。
大学では夏彦が次期助教授になるのではないかと目されていたが
助教授になったのは夏彦よりも一年下の高木(西田健)だった。



結婚式には大学の教授・藤堂正義(加藤和夫)も出席し
二人は夏彦の生まれ故郷仙台へと新婚旅行に行った。


旅行中、都内の自宅マンションで藤堂の刺殺体が
高木と管理人によって発見された。
桜町警察署では動機のある高木と夏彦を疑ったが
二人には確かなアリバイがあった。


黒の環状線・新婚夫婦恐怖のおとし穴


とくに夏彦は大学を首席で卒業し時期助教授とみられていたが
二度もそのチャンスを潰されていたのだ。
だが、藤堂教授が亡くなり、高木は教授に、夏彦は助教授になることが決定する。




新婚旅行先で撮影された夏彦と千沙子の写真を見た泉田五郎刑事(中山仁)は
千沙子が同郷の友人であることに気が付いた。
泉田はさっそく千沙子を訪ねるが、それが事件に関係あるものとわかると
泉田を追い返してしまう。


千沙子は選挙には興味がなかった夏彦が選挙戦の結果を食い入るように
見る姿に違和感を覚えていた。
彼の興味はどうやら九州三区のようでテレビのボリュームを上げている。


九州三区はベテランの黒川政之助と高見順一の二名が当選し
次点が大門明(中尾彬)であった。



その後、ばんくという店のママで作詞家でもある林真帆子(奈美悦子)が
店内で青酸カリによって毒殺された。
店には真帆子の愛人でコンビを組む作曲家の朝吹淳(鹿内孝)もいた。


黒の環状線・新婚夫婦恐怖のおとし穴



しかし、真帆子と朝吹の関係は良好で殺す動機がない。


京橋警察署から水沼刑事(守屋俊志)らがやってきてさっそく事情聴取が行われた。
そこへ若手刑事(佐野守)が真帆子が一見の客と一緒にいて
彼のすすめる酒を飲んだあとに苦しみ始めたことを水沼に報告する。



黒の環状線・新婚夫婦恐怖のおとし穴


謎の男はヒゲ面の中年男で潰れた声の持ち主だった。
しかし、二人がいたテーブルにあったはずの真帆子とその男のグラスが持ち去られ
ボトルからも指紋が拭き取られていて、この男が毒入りの酒を真帆子に飲ませた
可能性が高くなってきた。


千沙子は帰宅途中代々木公園駅で雑誌を食い入るように見る
夏彦を見つけたが声をかける前に電車が到着し夏彦はそれに乗ってしまう。
千沙子は乗車前に夏彦が捨てた雑誌を持ち帰った。


雑誌には真帆子の死亡記事があり、朝吹淳には真帆子の他に
四人の女性関係があることが暴露されていた。
千沙子はその中のひとりに作詞家の霧生亜紀(中山麻理)がいるのを知った。



千沙子は結婚前、ニューヨークから帰国する夏彦を成田へ迎えに行った時
夏彦と話していた女の正体が亜紀であるのを雑誌を読んで初めて知った。



帰宅した千沙子は夏彦にそのことを確かめるが
飛行機で一緒になった女ではないかというだけで歯切れが悪い。
しかし、千沙子は夏彦を信じることにした。



朝吹淳の本命は殺された真帆子で、亜紀はNo.2の存在であった。
残る三人は二人を脅かす存在ではない。


亜紀はもともと朝吹の本命で二人は組んで曲もいくつか作っていた。
そこへ割り込んできたのが真帆子だったのだ。
真帆子は亜紀から朝吹も名声も奪い取った憎むべき存在だった。



二人の遺恨は当然警察も知っていて、亜紀に真帆子殺しの容疑がかかるが
真帆子が殺された日は、亜紀はサイパンへ旅行へ行っていてアリバイがあった。
だが、水沼は亜紀が誰かに殺人を依頼した可能性もあるとみていた。


警察は気が付いてはいないが、真帆子の店へいった例の客は
変装した大門明だった。



そして、千沙子が夏彦に亜紀との関係を問いただしたことを知った
大門はエレベーターの中で千沙子を脅かした。
その夜、珍しく泥酔状態で夏彦が帰宅し、上着からはワールドの香水の匂いがする。



夏彦の様子がおかしいことから千沙子は直接亜紀に会って確かめることにした。



黒の環状線・新婚夫婦恐怖のおとし穴



案の定、亜紀からはワールドの香水の香りがしたが
彼女は夏彦のことは知らないので昨夜も会うはずがないといった。
だが千沙子は成田空港で夏彦と亜紀が立ち話をする姿を見ていて
これ以上夏彦を苦しめないで伝えて帰る。



亜紀からこのことを聞いた大門は夏彦に千沙子の口封じを命じるとともに
次は夏彦の番だと期限が迫っていることを念押しする。


帰宅した夏彦は明日から仙台に講演をしに行くと話す。
夏彦が上野から仙台へ発ったあと、千沙子は高木とバッタリと会い
仙台での講演を渋っていた夏彦が急きょ出張へいくと言い出したことを千沙子に話した。



黒の環状線・新婚夫婦恐怖のおとし穴


心配になった千沙子は夏彦の宿泊先へ電話をするが不在だった。
千沙子は急いで仙台のホテルへ向かうが、フロントの話では
昨夜は夏彦は戻ってこず帰ってくるまで部屋で待つことにした。


昼過ぎ、ようやく夏彦が部屋へ戻ってくる。
千沙子に昨夜は夕方から友人の家で飲み明かしたといい
友人宅の電話番号を千沙子に渡した。



黒の環状線・新婚夫婦恐怖のおとし穴



千沙子は自分の心配が稀有に終わったことで電話で確かめることもせず
夏彦が講演をしている間、新婚旅行で訪れた店へ行った。
奈る駒の主人(南利明)は一度しか会っていない千沙子を覚えてくれていて
昨夜九時から十時位まで夏彦が店へ来たことを千沙子に話す。


黒の環状線・新婚夫婦恐怖のおとし穴



千沙子は亜紀が仙台へリサイタルで歌手に同行してきていることを知り
彼女の宿泊先を訪ねるが、今朝北海道へ出発したばかりだった。



その朝、東京では黒川代議士が習慣となっている早朝のジョギング中に
国会議事堂付近の道路で白のライトバンに撥ねられて死亡していた。
車は盗難車で上野公園の駐車場から発見されたが指紋など手掛かりは残されていなかった。




現場はブレーキを踏んだ後もなく、最近週刊誌で黒川自身がこの習慣を語っていたことからも
黒川を故意に引いた可能性が高かった。
これにより大門が繰り上げ当選となり、千沙子は大門の顔写真を見て
いつかエレベーターで自分を脅かした男だと気が付いた。



奈る駒の主人はあの夜、夏彦は夜の十時頃店を出て駅へ向かったと話していた。
千沙子が時刻表を確かめると、夏彦が仙台と上野を往復し
黒川を殺すことが可能だった。



ニュースでこのことを知った千沙子は新聞記事で、繰り上げ当選の期日が
十二月十日と迫っていたことを知り、夏彦の書斎にあるスケジュール表を見ると
十二月十日にマークがされているのを確認し夏彦が黒川を殺したことを確信した。



一方、警察でも刑事(高品格)らが大門に容疑の目を向けるが
事件が起こった日は九州で徹夜マージャンをしていたことがわかる。
泉田は先日の藤堂教授殺しとの交換殺人の可能性を疑うが
藤堂が殺された日も大門にはアリバイがあった。



泉田が悶々とした気持ちで道を歩いていた時に
京橋警察署管内で発生した真帆子殺しが未解決なことを思い出し
さっそく水沼から事件の進捗状況等を聞き出した。



泉田は藤堂、真帆子、黒川が循環殺人で殺されたことに気が付いた。
彼らの陰で不遇な立場に追いやられていた、亜紀、大門、夏彦に三人が
邪魔な藤堂らを殺害したのだ。



藤堂は正面からナイフで刺されていて、前のめりに倒れたためにナイフが深く刺さった。
犯人はあおむけにしてナイフを抜こうとしたが抜けなかった。
それは力の弱い女性の亜紀だったからではないか。


真帆子の店に来た声が潰れた男は、選挙活動で声を枯らして演説していた
大門が、黒川殺しは夏彦がやったとようやっと事件が解決しそうなところまできた。
泉田はもしこのことを千沙子が気づいたとしたら彼女の命が危ないと思い
千沙子の自宅マンションへ行くが、夏彦と二人で車で出かけたため不在だったが
その後の調べで行き先がわかってきて急いで向かう。



目的地についた夏彦は亜紀たちから言われていた通り千沙子の口を封じようと
崖から突き落とそうとする。
千沙子は黒川を夏彦が殺したことを知っていた上で来たので
殺される覚悟は出来ていて抵抗しない。
だが、夏彦には千沙子を殺すことは出来なかった。



黒の環状線・新婚夫婦恐怖のおとし穴



夏彦が逃げ出したところ、やってきた亜紀と大門によって崖から突き落とされ死亡する。
大門は千沙子の首に手を掛けるが、到着した泉田によって逮捕された。



夏彦、亜紀、大門の三人はニューヨークで知り合った。
夏彦の運転する車に乗っていた時、黒人女をはね殺してしまった。
以来、夏彦は亜紀と大門の意のままに操られた。


以前三人で冗談交じりに話すうちに、循環殺人の計画が持ち上がり
それに加担せざるを得ない状況になってしまった。
事件の首謀者は亜紀で、彼女はふたりの協力者を逃がさないように
体を与えていたのだった。


黒の環状線・新婚夫婦恐怖のおとし穴



全貌を知った千沙子は署を飛び出すと自殺をしようとするが
追いかけてきた泉田によって阻止される。
泉田は千沙子に一緒に生まれ故郷へ帰ろうと誘う。



黒の環状線・新婚夫婦恐怖のおとし穴


故郷へ帰ろうとする泉田が駅のホームで千沙子を待っているとき
彼女はひとり夏彦の墓参りをしていた。


結局、出発後も千沙子は泉田が待つホームには姿を現さなかった。









山村美紗の京都を舞台にした素人探偵ものみたいのは
ゆるくて好きではないのだが、このドラマはなかなか面白かった。


宝塚を引退した安奈淳のテレビドラマ初出演作品らしい。



黒の環状線・新婚夫婦恐怖のおとし穴


「気になる嫁さん」で、あの棒演技っぷりに衝撃を受けた関口守。
芸名を佐野守と変え、若手の刑事役で出演していました。



あの時よりはだいぶ上手くなりましたね。


「気になる嫁さん」や「肝っ玉かあさん」の時は見ていられない位でしたが
それなりに役者っぽくはなり進化を遂げていた(笑)






関連記事
スポンサーサイト



                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント