Samurai Spirit ※画像転載禁止 

ブログの文章および画像の転載複写はご遠慮下さい
2009-02-19 (Thu)

「整形復顔の女・私の過去をあばかないで」 (1983年)

アクセサリーセールスという華やかな職場を舞台に繰り広げられる女の闘い。
恋敵の同僚の陰謀で死に追いやられた女の復讐劇を描く。





●「整形復顔の女・私の過去をあばかないで」  1983年2月19日
原案: 長川敏朗
脚本: 池田雄一
音楽: 橋場清
監督: 長谷和夫
制作: 大映テレビ
出演: 酒井和歌子、夏樹陽子、川津祐介、清水章吾、
清水めぐみ、高城淳一、佐伯徹、高峰圭二ほか


整形復顔の女・私の過去をあばかないで






輸入雑貨卸業SK商会のセールスマン・上条暁子(夏樹陽子)は、
美貌と巧みな弁舌で鳴らす職場の女王だった。



一方、同僚の大村智子(酒井和歌子)は、暁子とは対照的に
陰気で目立たない独身女性。
仕事にも厳しい智子は煙たい存在で度々その容姿と
オールドミスであることをネタに悪口を言われ続けてきた。




SK商会は先代社長の息子・斉木透(川津祐介)が社長を務め
智子と暁子は密かに斉木を愛していている。
智子が同僚たちに厳しい態度をとってきたのも
会社のため斉木を陰から支えるために行ってきたことだった。


整形復顔の女・私の過去をあばかないで



先代社長の時から会社を支えてきた営業課長の岸本が退職することになった。
岸本は智子が斉木のために嫌われ役を引き受けながらも
会社を支えてきたことに気がついていた。
彼はそんな智子の実力と誠実さに惚れこみ、斉木に智子を自分の後任にするよう推薦する。
智子を評価していた斉木に異論はなく、営業課長の辞令がおりた。



会社の資金繰りを助けるために智子がSK商会の株を買っていたと知った暁子は
智子がそれを利用して営業課長の座についたのではないかと疑惑を抱く。
社員の竹内(清水章吾)も自分を差し置いて智子が課長になったのが面白くない。



一方、智子は岸本の助言だけではなく、斉木が以前から自分を評価してくれてたと知り
仕事にもより一層熱が入った。
智子は綿密なリサーチの上、ある人形を販売することを斉木に提案する。
売れなかったときのリスクを懸念する斉木に対し
智子はその時は自分が責任を取ると強気に出た。


整形復顔の女・私の過去をあばかないで






暁子たちはそれを利用してわざとセールスを怠り返品の山だといちゃもんをつけ
智子の計画がさも失敗したかのように偽装し責任を追及する。



暁子たちの陰謀に気づきながらも智子は辞表を提出した。
斉木は失敗に終わったとしても智子に責任を負わせるつもりがないと慰留するが
智子も今さら後には引けない。


ところが、しばらくして若い女性たちから次々に人形の注文が入り始めるが
もう社には在庫がなかった。
これを知った斉木は智子に社に戻ってくるよう直談判をする。
勢いで辞表を叩きつけたものの、智子も復帰をしたがっていた。



整形復顔の女・私の過去をあばかないで



互いの気持ちが一致し、二人はその夜ダンスを楽しんだ。
その様子を、遠くから苦々しい表情の暁子が見ていた…。


(現在元記事の一部のみ公開しています)




応援よろしくお願いいたします⇒にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズランキング


スポンサードリンク

Comments







非公開コメント