2009/03/01
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

「おくりびと」を見てきました、新宿ピカデリーにMAKIDAIサイン

category - ライフスタイル
2009/ 03/ 01
                 
邦画はあまり見ないのですが、ここまで話題性があると、これは見ておかないとという気持ちになり「おくりびと」を見に行って来ました。


さすがにアカデミー外国語映画賞受賞作品ということもあり、サービスデーの本日はどの回もチケットは完売してました。

おくりびと

しかしながら自動発券機は何故か空いてました。
(私はあらかじめ予約しておいたので、この機械で引き換えるだけ)
私が行くときはいつも激混みなんですがなんだったのでしょうか。


内容の方はまだ見てなくて行く予定の方がいるとネタバレになってしまうので、詳しくは書けませんが。


全体的には思った以上に良かったです。


ただ、納棺師ってここまでやるの?
(腐乱死体のところ)

給料ってそんなにもらえるのか?

主人公の妻は、夫の仕事について知ったとき、なぜあそこまで嫌悪したのか?


などなど、疑問に感じたところがいくつかあったのですが、重い内容だけの作品かと思いきや、ユーモアがある部分もあり楽しめました。あんなコミカルな演出があるとは思ってなかったので。


自分がジーンと来たのは、銭湯のおばちゃんが亡くなったところですかね。
このシーンでは自分と同じようにグッとくるものがあった観客が多かったように感じた。


エンドロールが流れる頃、明日が月曜ということもあり早々と席をたつ人もいたが、場内が明るくなってまわりを見渡してみると、「良かったな」といった表情のお客さんと目が合った。

お互い口には出さなくても満足したという同じ気持ちを共有できたのが嬉しかったですね。

しかし、山崎務がいい味だしてたなー。

ちなみに「マンマ・ミーア!」もほとんどの回が完売になっていた記憶が。
こちらも面白くてもう一度見に行こうかと思っている。



マキダイサイン

新宿ピカデリーへ行ったときに見つけました

記念にパチリ



関連記事
スポンサーサイト
                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント