Samurai Spirit ※画像転載禁止 

ブログの文章および画像の転載複写はご遠慮下さい
2009-03-22 (Sun)

「白の処刑・絞首台から生き返った男」 (1986年)  太田蘭三 『白の処刑』  生き返った男シリーズ一作目

無実の罪で絞首台送りになった男が、
奇跡的に蘇生し自らの手で真犯人を探し出す。


三浦友和が死んだあとに生き返って
汚名を晴らすという三部作の一作目。


それぞれにつながりはないが、三浦友和が息を吹き返して真犯人を探し出すことと、
タイトルに「生き返った男」がついているので、「生き返った男シリーズ」と呼んでいいのかな?



ということで便宜上「生きかえった男シリーズ」と標記しています。





●「白の処刑・絞首台から生きかえった男
義妹よ 行きずりの情事が俺を殺した」  1986年3月22日
原作: 太田蘭三  白の処刑 (講談社文庫)
脚本: 柏原寛司
音楽: 山崎稔
監督: 西村潔
制作: 松竹芸能
出演: 三浦友和、大場久美子、池波志乃、大坂志郎、
川崎麻世、藤岡重慶、鶴田忍ほか






土木作業員の石破実(三浦友和)は、
飯場近くの別荘で起きた殺人事件の犯人として逮捕された。
殺されたのは別荘の持ち主である会社経営者・剣持金吾の妻・美津江、娘・由香と家政婦だ。
このうち娘は暴行されかかった後に殺害されていて、現金が三十万円程盗まれていた。




三件ほど迷宮入りする事件が続き、主任刑事(藤岡重慶)は強引な見込み捜査で、
飯場で働いていて傷害の前科があった石破に早くから目をつけていた。
石破が酒に酔って絡んできた同僚の半田(粟津號)を誤って負傷させたことから別件逮捕に踏み切る。



白の処刑・絞首台から生きかえった男




彼の荷物から被害者のパンティーや、返り血のついた服が見つかり、
別荘には石破のスニーカーの跡も残されていた。
さらには給料前にもかかわらず二十万円ほどの現金も出てきた。
しかし、その金は競輪で儲けたもので、現場から盗んだものではない。


だが、なんとしても犯人をあげたい警察にとっては、
石破の容疑をかためて自白させるのに充分な材料だった。





こうして状況的には石破の容疑が濃くなる中、
定年間際の魚住刑事(大坂志郎)だけは彼の無実を信じていた。



石破は競輪で儲けた日、そこで出会った人妻・アヤコ(池波志乃)と一夜限りの関係を持ち
競輪場に石破がいたという証人となってもらえる。
魚住は彼女を見つけ出し石破の写真を見せるが、競輪場へ行ったことは認めたものの、
石破の事は知らないとシラを切りとおした。






石破には父の再婚相手の連れ子で血のつながらない妹の恵美(大場久美子)がいて
兄の無実を信じる恵美は新聞記者(川崎麻世)の協力を得て
自分で真犯人を探そうと動き出す。



白の処刑・絞首台から生きかえった男






石破は無実を主張し続けたが、拷問のような厳しい取り調べと、
競輪で儲けた二十万円を所持していたことから、剣持邸から盗まれた三十万円との差額、
十万円を恵美が持っているのではないかと因縁をつけられ
警察の追及が恵美に及びそうになり、自白に追い込まれてしまった。




石破は起訴され死刑が確定し、ついに処刑台に上がる日がやって来た。
ところが死刑は執行されたが、学生時代レスリング部だった石破は、
鍛え抜かれた頑丈な体が幸いして奇跡的に生き返った。


白の処刑・絞首台から生きかえった男





釈放された石破は恵美と一緒に暮らすことになるが、
恵美は兄としてではなく一人の男性として石破を愛していることを告白した。



石破はこれまで恵美が無実を証明しようと、
周辺の人物を調べてノートにその記録をつけ続けていたことを知った。
それによると、事件からしばらくして剣持が愛人と会っている様子や、
飯場の同僚の猪又重一(桶浦勉)があれから突然辞めたことなどが細かく書かれていた。



恵美はようやく自分のもとに帰ってきた石破が、真犯人を探そうとするのを止めていた。



白の処刑・絞首台から生きかえった男





だが、無実の身でありながら殺されかけた石破は恵美が心配する気持ちを理解しながらも、
自らの手で犯人を捕まえることにした。



(現在元記事の一部のみ公開しています)





白の処刑 (講談社文庫)




一作目だけは原作がありで太田蘭三の同名タイトルのドラマ化。


話としてはすごく単純なんですが、無実のまま死刑執行された男が、
息を吹き返して自分を陥れた真犯人を暴き出すための執念を描いている。



三作とも設定が似ているので続けてみるのはツラいが、
二年ごとの放送ならそれなりに楽しめるシリーズだったのかも。






************ 関連記事 ************


◆ 「白の処刑・絞首台から生き返った男」

「墓場から生きかえった男」

「地底から生き返った男」







応援よろしくお願いいたします⇒にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズランキング


スポンサードリンク

Comments







非公開コメント
Samurai Spirit 
Re: こんばんは。
こんにちは。


>先ほど僕が時代劇専門チャンネルで見た「走れ!熱血刑事」(主演:松平健)でも消費者金融を襲う三人組の一人として出ていました。


「走れ!熱血刑事」って自分もチャンネルを回している時に放送されていることに気が付きました。
結構、朝早くに昭和のドラマの再放送がされていますね。



粟津號さんというと、「大都会PARTⅡ」の平原刑事が印象に残っています。
お寺を継ぐ予定だったとは初めて知りました。
お坊さんから役者とはずいぶんと畑違いの分野にいかれたんですね。


脇ながら親しみがわく風貌で印象に残る俳優さんでした。



2021-03-17-17:57 Samurai Spirit 
[ 返信 ]
こんばんは。
この作品の中でいい味を出していたのは同僚の半田役の粟津號さんです。小柄でずんぐりした体型。短髪。彼はこういう役が似合います。
先ほど僕が時代劇専門チャンネルで見た「走れ!熱血刑事」(主演:松平健)でも消費者金融を襲う三人組の一人として出ていました。
粟津さんはお父さんの寺を継ぐつもりでいたけど、「男なら中央で活躍してみろ。中学のとき、映画の主役を演ったこともあったろうが」という父の言葉で役者を志したそうですね。
この人も54歳の若さで逝去。残念です。
2021-03-15-19:14 間諜X72
[ 返信 * 編集 ]