Samurai Spirit ※画像転載禁止 

ブログの文章および画像の転載複写はご遠慮下さい
2009-04-13 (Mon)

「松本清張の高台の家・美しい未亡人の妖しいサロン」 (1985年)

美しい未亡人の財産と肉体目当てに高台の家のサロンに集まる男たち。
そのサロンには意外な目的が隠されていた。


●「松本清張の高台の家・美しい未亡人の妖しいサロン・
嫁と姑のみだらな闘い!」  1985年4月13日
原作: 松本清張  『高台の家
脚本: 橋本綾
音楽: 坂田晃一
監督: 野村孝
制作: 東映
出演: 岡田茉莉子、片平なぎさ、三国連太郎、
篠田三郎、隆大介、稲葉義男ほか 



東亜大学 山根(篠田三郎)は馴染みの古本屋で興味深い書籍に出会った。
店主(稲葉義男)の話では本の元の持ち主は飲めない酒を飲んで交通事故死していたが
男の両親は健在だということで紹介してもらうことになった。



そこは高台にある豪邸で資産家の父・深良英之輔(三國連太郎)と母・宗子(岡田茉莉子)、
嫁・幸子(片平なぎさ)が住んでいた。



松本清張の高台の家・美しい未亡人の妖しいサロン・ 嫁と姑のみだらな闘い!




英之輔は長らく糖尿病を患っており、宗子と幸子がインシュリン注射を行い
自宅療養中だった。


その日、邸内のサロンでは後に莫大な資産を継ぐであろう若くて美しい未亡人
幸子を狙って沢山の男たちがいて異様な雰囲気を醸し出していた。







深良邸にある珍しい書物を前に、熱心に仕事に励む山根は
サロンに集う色と欲にまみれた男たちと違っていた。
幸子も宗子もそんな山根をすぐに気に入り邸内で仕事をする
山根を温かく受け入れた。



松本清張の高台の家・美しい未亡人の妖しいサロン・ 嫁と姑のみだらな闘い!




後日、山根はサロンで出会った製薬会社に勤める堀口栄久と再会した。
堀口は幸子から相手にされなくなりもうサロンへは行かないといい
山根に女子大生を紹介してほしいと冗談めかすと去って行った。


翌日、山根は堀口がマンションから飛び降り自殺したことを知り衝撃を受けた。
そこは、堀口の自宅からも深良邸からも遠い場所で山根は不審に思い
現場へ行ってみることにした。



すると、サロンに来ていた設計事務所所長の森田(隆大介)の姿を見た。
山根は事務所へ行き、森田から幸子と結婚することになっていて
あのマンションは幸子の旧姓・中里姓で借りている逢引の場所なのだと説明された。


(現在元記事の一部のみ公開しています)







応援よろしくお願いいたします⇒にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズランキング


スポンサードリンク

Comments







非公開コメント