2009/05/24
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

5月は何故だか不用品を処分したくなる

category - 雑記
2009/ 05/ 24
                 
毎年、GW前後は家の不用品を整理したくなります。

今年は、スポーツ系のビデオ、読まなくなった文庫本・単行本・雑誌などをごっそり捨てました。

私は空間が多くないと嫌なので、書棚などはいつも余裕がある状態で、使わないスペースが多くないとダメなのです。


収納力のある家だと、ついついいつか使うかも・・・と思い出の品をとっておきがちですが、やはり使わないものは死んでいるも同然、そういう気が伝わってくる気がするので、もう読まないものや使わないものは思い切って捨ててしまいます。

それに読まない本や不用品はしまっておくと使わないために埃がたかるでしょう。
私はそれもいやなんです。

だから定期的にものは収納棚からだして、掃除機でゴミを吸い取り、水拭きをします。
それらが容易にできる量のものしかとっておかない。

ものを減らしてシンプルにすると、自分にとって何が本当に大事なのかが見えてきます。
そして、不思議と心が豊かになってきます。


本に関しては、いつの時代も価値が落ちないもの(逆に年数が経てば資産価値が高くなるもの・高額本)を中心にとっておいてます。小学校の頃に夢中になった日本文学などは未だに捨てられずにいますが。

次はまた洋服とCD&DVDを処分しようと思っています。

今回高額本以外で残しておいた本は



  • デール カーネギー, Dale Carnegie, 山口 博
  • 定価 : ¥ 1,575
  • 発売日 : 1999/10/31
  • 出版社/メーカー : 創元社
  • おすすめ度 : (216 reviews)
    出来る事なら人に紹介せず、自分だけ知っておきたいヒント満載
    何が人を惹きつけ共感を生み行動に繋がるかヒントを与えてくれる本
    読めば読むほど味が出る本
    一部のポイントだけを抜粋して読むなら良い本
    他人に動いてもらうためにはどうすればいいのか



などです。
個人で活かすなら「人を動かす」より「道は開ける」の方がおすすめではありますが・・・
定番のこの2冊以外で好きなのは

  • P・F. ドラッカー, Peter F. Drucker, 上田 惇生
  • 定価 : ¥ 1,890
  • 発売日 : 2000/07
  • 出版社/メーカー : ダイヤモンド社
  • おすすめ度 : (70 reviews)
    なぜ働き方をかえるのか
    仕事に対する取り組みが明らかに変わる
    自己実現を考える上で外せない一冊
    《自己マネジメント》の必要性。
    素晴らしい本です。




  • リチャード・コッチ, 高遠 裕子
  • 定価 : ¥ 1,680
  • 発売日 : 2005/09/28
  • 出版社/メーカー : 阪急コミュニケーションズ
  • おすすめ度 : (11 reviews)
    結果の80%を左右する20%を見つける。
    好きな子とデートするには・・・・
    80対20の法則を実感・体得できる指南書
    20%の得手を見つけるのがカギに
    まあ、当たっている


ブライアン・トレーシーの本は非常に読みやすくて、かなり読み漁っています。

まずは図書館で借りて読んでみて、気に入ると購入します。
ただ、これらの本は人気が高いため、すぐには借りれないことが多いですが・・・


そして、昨日は2週間ぶりくらいに図書館へ行ってきました。



これ以外にもブライアン・トレーシーの本を1冊借りたので、合計で6冊。

「ヴィクトリア朝万華鏡」は、絵画を通してヴィクトリア朝を眺めてみようという本らしく読むのが楽しみです。ヴィクトリア朝絵画は好きで、画集もあるのでタイトルを見てすぐに借りようと思った。

隠れて見えなくなってるけど、生粋のパリジェンヌが書いた自分革命の本も即決でした。

昔、パリとニューヨークの一般人のファッション及びワードローブを紹介したファッション雑誌があり、少ない服で素敵なコーディネートをするパリジェンヌに魅力を感じました。

そういう雑誌は経年劣化による黄ばみがありますが、捨てられませんね。

関連記事
スポンサーサイト
                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント