FC2ブログ
2009/07/12
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

「私は見た!雨の中の殺人」 (1980年)  ジェイ・ベネット 『たったひとりの証人』

category - 土曜ワイド劇場
2009/ 07/ 12
                 
●「私は見た!雨の中の殺人」  1980年7月12日
原作: ジェイ・ベネット たったひとりの証人 (1978年) (現代のジュニア文学)  私は見た! 雨の中の殺人 [DVD]
脚本: 林秀彦
監督: 黒木和雄
制作: 文芸プロダクションにんじんくらぶ
出演: 江藤潤、木村理恵、佐分利信、馬淵晴子、佐野浅夫、
垂水悟郎、岸部一徳、西川きよし、石橋蓮司、渡辺とく子ほか



私は見た!雨の中の殺人



大学生の桜木達夫(江藤潤)は、アメフトの試合で選手を死なせてしまい
それ以来、無気力な日々を送り続けていた。


ある日、達夫はアルバイト先の映画館の空き地で
ピストルを持った殺し屋・安川(石橋蓮司)が
男を殺す現場を目撃してしまう。


私は見た!雨の中の殺人



安川に姿を見られた達夫は脅されて何も喋らずにいた。




その後、図書館で偶然被害者の妹・水原英子(木村理恵)と知り合い
二人はお互いに好意を持つようになった。




私は見た!雨の中の殺人


デートを重ねる達夫に安川と彼のボス・天童頼三(佐分利信)が
就職と金をエサに交際をやめろと迫ってくる。



私は見た!雨の中の殺人

達夫が殺人現場を目撃したのではないかという疑惑は
刑事の春日(垂水悟郎)も持ちはじめ、
口を閉ざす達夫を執拗に追いかけまわしてくる。

私は見た!雨の中の殺人



そんな中、達夫の父・洋吉(佐野浅夫)と母・敏子(馬淵晴子)の離婚問題が発覚し
母が父と別れようする理由を聞かされた達夫はようやく目が覚め、
取引を持ち掛けられた天童に話に乗った風を装った。


私は見た!雨の中の殺人


春日に全てを話すと実行犯の安川だけでなく
教唆した天童も逮捕できるよう協力すると申し出た。


私は見た!雨の中の殺人


準備は整い、達夫は大物・天童に戦いを挑んでいく―。








「欲望の海峡・女相続人をあばくのは誰だ」と同じく
朝日放送とにんじんくらぶが制作したドラマ。


やはり独特な雰囲気で、主人公達夫の家が普通の家と違う内装で
ちょっと不思議な感じがしました。


警官役で岸部一徳、達夫の父の同僚に西川きよし、
喫茶店のマスターで花紀京が出演。


関連記事
スポンサーサイト
                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント