Samurai Spirit ※画像転載禁止 

ブログの文章および画像の転載複写はご遠慮下さい
2009-07-19 (Sun)

「青いカラス連続殺人」 (1986年)  土屋隆夫 『盲目の鴉』

大手拓次の詩の一節「青い鴉(カラス)」で結ばれた
三つの死のなぞを、千草検事が追う。




●「千草検事シリーズ、
青いカラス連続殺人・女の肌を焼く恨みの炎!」  1986年7月19日
原作: 土屋隆夫  『盲目の鴉
脚本: 国弘威雄、井上芳夫
監督: 井上芳夫
制作: 大映テレビ
出演: 片岡孝夫、浅茅陽子、林寛子、
藤岡琢也、清水章吾、宮内順子ほか





検事の千草泰輔(片岡孝夫)の事務所に刑事の大川雄策(藤岡琢也)が来た。
青山のスナック・ホメロスで雑誌記者の水戸大悟が
注文した珈琲に青酸カリを入れられて殺されるという事件が発生したのだ。


青いカラス連続殺人





スナックに水戸宛の電話がかかり彼が「青いカラス」という言葉を口にしていたことがわかった。
千草は去年群馬県磯部温泉にある、
大手拓次の詩碑の前で焼身自殺を遂げた月村早苗の事件を思い出した。
そこには大江拓次の詩の一節「青い鴉」が刻まれていることから
千草は二つの事件に関連性があるのではないかと疑った。




大川と入れ替わるように吉野奈穂子(林寛子)という若い女性が入ってきて
千草の友人で文芸評論家の真木英介(船戸順)が失踪したと相談に来た。
真木は大手拓次についての続編を書く予定になっていて
奈穂子は担当の編集員だった。



次回作では大手拓次と北原白秋のつながりについて書く予定で
それについて週刊誌の伝言板で読者に情報提供を求めたところ
長野県北佐久郡に住む日高志乃から自分の母が
北原白秋のところで手伝いしていたという手紙が届き
真木は志乃のところへ会いに行ったまま行方が分からなくなっていた。


青いカラス連続殺人


ところが調べてみると、志乃はすでに去年八月に死亡しており
何者かが志乃の名を語り真木を小諸に呼び出したらしい。
翌週、千草と奈穂子は真木を探すために信州へ行ったが
季節はずれで目撃者が見つかると思ったが聞き込みは無駄足に終わる。


しかし、移動の途中地元の小学生三人が布引観音の藪の中から拾った
ビニール袋の中から真木のネームの入った上着と切断された小指が出てきた。




(現在元記事の一部のみ公開しています)











応援よろしくお願いいたします⇒にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズランキング


スポンサードリンク

Comments







非公開コメント