2013/08/17
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

伊東市宇佐美旅行

category - ライフスタイル
2013/ 08/ 17
                 
マンション住まいが苦しくて、また旅行を計画。

この旅行を計画してから実行されるまでの間に、物件を見に行き引っ越すことが決まっていたのだけど、1日でも今の家にいたくないなぁと思ってました。



その数カ月前には輸入ビジネス関係で知り合った方から、風水に関するネットには出回らない本物の情報をいただいてたりして、4月の下旬には不用品の整理や家具の配置を変えたりして、通気性の悪い部屋を少しでも風の通りが良くなるよう工夫してみたりしてみました。


確かに若干の氣の流れの良さは感じたものの、根本的な問題の解決にはほど遠いんですよね。


ただ不用品を処分したことで、これまで使わなかった、すなわちゴミがなくなったことで、これらの不用品から発せられていたネガティブな気を受けなくなったことは良かったと思います。


しかし、去年12月の戸建⇒マンションの引っ越しで収納スペースが大幅に減るからと、大きな荷物をどっさりと処分したにもかかわらず不用品って出てくるものですね。洋服等ゴミ袋でいくつだしたかしら?


それに前の戸建にいた時から、春になると何故か不用品の整理をしたくなり定期的に捨ててはいたのですが、どこからこんなに湧いてくるのやら!?



さて、旅行ですが、子供の頃おじ夫妻が宇佐美に別荘をもっていて夏休みには家族旅行でその別荘へ遊びに行っていました。

これまでもふとした時に宇佐美での事を思い出す事があったんですが、何故か無性に行きたくなり2013年6月25日~27日の2泊3日で宇佐美へ行ってまいりました。

20130625_usami1.jpg


まだ夏休み前ということで閑散とした宇佐美駅。
子供の頃の記憶はとても薄れていてあいまいなものでしたが、ここだけ取り残されたように変わっていないかんじがしました。

駅の商店街のアーケードも当時のままで、シーズン前だからか定休日なのか営業してないお店もあり、私の胸の中を懐かしいような淋しいような気持が通り抜けていった。


駅からホテルまでに利用した送迎バスの地元民の話では、以前は快速が止まっていたようですが、人も少なくなり各駅停車しか止まらない駅になったとか。
(チラ聞きなので真偽はわかりませんが)




今回は家にいたくなかったということもありますが、気分をリフレッシュして自然のエネルギーのパワーを受け取り、プラスでもマイナスでもない「無」の状態になりたかったので、人が少ない(というかほとんどいない)のはありがたかったです。


観光や海が目的ではなかったので、営業しているお店が少なくてもOK!


だからホテルについて、部屋からの眺望も良さに感動した時、本当に来て良かったと思いました。

20130625_usami2.jpg

今回はウィスタリアンライフクラブ宇佐美に宿泊しました。

この和室にお布団をひいてもいいし、隣の部屋にもベッドがあるので、結構広々としたお部屋で満足。


20130625_usami3.jpg

さて、別荘についてですが、現地にくればその所在地も記憶がよみがえり容易にわかるものと思っていましたが全然でした。
駅から徒歩で行っていた記憶があったのですが、このホテルからの眺めと古い記憶を掘り起こしての別荘からの眺めを比較してみると、別荘の方がもっともっと高台にあったんじゃないかと思われます。
となると、駅から徒歩で行ったという記憶に誤りがあるようですね。


当時別荘に行く前に寄っていたスーパーも改装がされており、記憶に残っていた映像とは全く異なるものでした。
ただ宇佐美についた初日、バス待ちで寄った喫茶店は当時からあったお店で入った記憶があるんですよね。
私たち以外には近所のなじみ客が一人いただけで閑散としたものでしたが、子供のころを思い出して安らいだ気分になりました。


今回は観光やら海やらが目的ではなかったし、2日目は大雨に見舞われ、送迎バスでスーパーへ行っただけなので特に書くこともありません。


自分にとっては人目を気にしない大自然の中、そこから良いエネルギーを受け、今後のビジネスのアイデアをまとめたり、目標をノートに書きだしたり、瞑想をしたりと2泊3日ながら大変有意義な時間を過ごす事ができました。



20130625_usami4.jpg

最終日は子供の頃良く来ていた宇佐美海岸へ寄ってみました。


関連記事
スポンサーサイト
                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント