2013/08/28
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

2代目オカメちゃんが来た日

category - 雑記
2013/ 08/ 28
                 
2013年8月13日(火)より長らく放置気味にしていたブログを再稼働させましたが、その理由の一つに自分の為に記録を残しておきたいということがあります。


もともと要らないものを抱えておくのは苦手だし、たび重なる引っ越しで古い手帳もバンバン捨ててしまいました。

今年の手帳も来年になれば捨ててしまいます。


でもある時ふと、あそこへ行ったのいつだったっけ?

とか

あのおいしかった店の名前なんだっけ?

と、思い出したいのに思い出せない事も多く、だったらブログをメモ代わりに使えばいいかなと思ったんです。

加えてデジカメ内の画像もプリントする事も少ないので、いくつかをアルバム代わりにアップしたりしているわけです。


なので時系列を無視した、とても自己満足な記事が多いです。


ということで今回も時系列を無視して去年のお話を。


2012年3月26日、突然元気で非常に長生きをしていた初代のオカメインコの唯(ゆい)ちゃんが永眠しました。
家族が返ってくるのを待って苦しまずに微笑みを浮かべながらあの世に旅立ちました。

亡くなってから私の手の中で「ありがとう」と言わんばかりに目を開けてほほ笑んでくれたので思わず写真を取ってしまいました。
その画像は家族だけのものなのでアップはいたしませんが、ものすごく美しい姿でした。


去年は大きな変化があった1年で、この年の12月13日(水)には神楽坂への引越しがありました。

これまで一緒にいたゆいちゃんを失い、仮住まいの神楽坂では曇りガラスでお外も見えず、残った1羽の鳥さんもすごく寂しそうでした。

年の瀬が近づいていましたが、さすがに寂しそうな様子を見てはおれず、2代目のゆいちゃんを捜しに行く事になりました。


最初は池袋のペットショップへ行く事にしました。
池袋のサクラカフェでペット同伴OKをいただいたので、鳥さんも一緒に昼ご飯を食べる事にしました。

20121226_ikebukuro.jpg

野菜やパンなどを少しあげましたが、この日は強風で寒く早々にペットショップへ。

結局池袋では縁を感じる子がおらず、新宿のペットショップへ行きました。


しかし、ここでも初代と同じ、黄色のオカメちゃんはいませんでした。

今年は無理かと思いましたが、そんな中真っ白なオカメちゃんが
「連れて行って~」とばかりに必死にアピールしてきます。

黄色のオカメちゃんを捜しに来たと頭が固くなっていた私でしたが、このラブコールに心を動かされお迎えすることにしました。


生後2カ月くらいということでまだまだお子ちゃまです。


しかし羽をみると血の跡があり、怪我や病気をしている可能性があるなと思いました。
お店の方も不安に思ったのか様子を見て下さり、どうしますか?と聞いてきましたが


とても縁を感じたので、うちにお迎えする意味がなんだかわからないけどすごくあるんだろうと思い連れてきました。


後にこの嫌なカン(?)と良いカンは当たる事となります。


あとお迎えする大きな理由のひとつは「たくましさ」でした。
これも後々この子からいろいろと勉強させられることになります。


20121226_deru1.jpg
20121226_deru2.jpg


初めてマンションの我が家へ来た2代目ゆいちゃん。
別名「でるでる」「でるちゃん」


新しい家族が増え嬉しい1日となりました。

しかし、うちに来ても初日は食事もせず、一言も言葉を発せず(=鳴きもせず)です
羽の怪我の他にも何か障害を背負っているのか・・・!?


不安でしたが、翌日止まり木から落ちそうになり1声発したのをきっかけによく鳴くようになり、そして温めたかゆ状の食事をかわいらしいミニ皿にいれていたのですがそれをわんこそばのように見事に完食し続ける日々が続き、ふとインスピレーションで感じた「たくましさ」の正体が判り始めてくることとなったのです。

関連記事
スポンサーサイト
                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント