2017/04/08
2017/04/07
2017/04/06
2017/04/05
2017/04/04
2017/04/03
2017/04/01
2017/03/31

        

2017リーグ 第6節 セレッソ大阪戦 中盤総入れ替 アッサリした感想

category - 鹿島アントラーズ
2017/ 04/ 11
                 
■Jリーグ第6節 鹿島アントラーズ 0-1 セレッソ大阪
2017年4月8日(土) カシマサッカースタジアム 15:03キックオフ/21,078人


【スタメン】
GK クォン スンテ
DF 伊東 幸敏、昌子 源、植田 直通、山本 脩斗
MF 永木 亮太、三竿 健斗、レアンドロ、中村 充孝
FW ペドロ ジュニオール、鈴木 優磨


【控え】
GK 曽ケ端 準
DF 町田 浩樹
MF レオ シルバ、土居 聖真、遠藤 康、小笠原 満男
FW 金森 健志


【交  代】 57分 中村 → 土居、57分 レアンドロ → 遠藤、76分 永木 → レオ


尾を引く敗戦ですが、順位的にはなんとか3位にいるんですね。

この試合後半の途中からある程度まで
自分の仕事関係の作業を始めてしまい
音声だけだった時間帯があるので
全てを見ていたわけではありません。

なので、試合から少し日がたったこともあり
アッサリした感想になります。


ヤフートップの記事なんかで
事前に漏れていた中盤総入れ替えのこと。
なんでも練習だか紅白戦でサブ組の調子がいいとかで
4人セットでの起用となったようだ。

昔よく鹿島のファンブログやらサイトをチェックしていた頃
主力組よりサブ組の方が調子がいいなんて情報はよくあった。

主力組はほとんど毎試合出ているわけだから
サブ組の方が疲労感が軽減されていたり
モチベーションが高くなったりするのは予想できること。

だから、期待半分、不安半分が正直なところでした。
プレーしている姿をあまり見たことない選手なんかは
こういう情報があると活躍幻想みたいのがあって
期待を煽られる感が出てくるんですよね。

それだけに、死ぬ気でやるといった
あつたかがあんなだったりと
戦う気持ちが見えない選手らがいて
自滅して負けてしまったのが悔しかったですね。

ハードワークをしてくれてた金崎もいなくて
ゲームを作れる選手がいなかったのも
敗因のひとつだと思います。

今年は永木も調子が悪いし。
後半に2枚替えをせざるを得なく
交代枠を有効的に使えなかったのもイタかった。


元鹿の山村に決められたのも悔しかった。
前日ハットトリックした興梠にしても
山村にしても移籍先でイキイキとプレーしてて
いろいろと考えさせられてしまった。


あまりネガティブなことも書きたくないので
明日のACL、次のリーグ戦は
気持ちが見える試合を期待します。



                         
                                  
        

土曜ワイド劇場の怪奇シリーズ 「悪魔の花嫁」「鱶女」「幽霊に抱かれた女」など

category - ライフスタイル
2017/ 04/ 08
                 
前回の続きです。

土曜ワイド劇場「怪奇シリーズ」が見たい



●「悪魔の花嫁・呪われた百物語」  1980年7月26日
原作: 池田悦子、あしべゆうほ 『悪魔の花嫁』
脚本: 池田雄一
監督: 佐藤肇
出演: 夏純子、田村亮、岡田奈々、市毛良枝、
原田大二郎、原良子、中村竹弥、藤木悠ほか


悪魔の花嫁


陽子(夏純子)は父が経営する電子工業会社の
エンジニア野津久雄(田村亮)を愛していたが、
彼には女子社員の静代(市毛良枝)という恋人がいた。

何とか静代を蹴落とそうとする陽子はある夜、
静代ら女子社員数名を集めて、怪談を語り合う遊びを催した。

陽子は、姉(原良子)を殺して埋めた現場をある男に見られた話をする。
野津のペンダントを見せて、その男の持ち物だと言った。
この作り話で陽子は静代を動揺させたうえ、彼女を海におびき出して殺す。




●「鱶女・恐怖の人喰い鱶」  1980年8月9日
原作: 石原慎太郎 『鱶女』
脚本: 田村多津夫
監督: 松森健
出演: 夏樹陽子、大和田獏、香野百合子、田中真理、
森田日記、伊吹徹、加藤嘉、小野進也ほか


設計事務所に勤める敏夫(大和田獏)は、結婚を誓った
恋人今日子(夏樹陽子)を交通事故で失って以来
空虚な毎日を過ごしていた。

1年前の愛の思い出を求め、敏夫は入り江の漁港にやって来た。

そこで、死んだ今日子そっくりの女(夏樹・二役)と出会った。
敏夫はその女に思いをつのらせるが、二人の間には
越えられない宿命的な関係があった。



石原慎太郎の『鱶女』が原作で
1959年には「海底から来た女」という題名で
日活にて映画化もされているようだ。

土曜ワイドでは甘美な恋を描いた怪奇幻想ロマンということで、
海中の特撮を取り入れた幻想的な恐怖ドラマに仕上がっているようです。





●「幽霊に抱かれた女・死者からの贈りもの」  1980年8月16日
原作: 草野唯雄
脚本: 長谷川公之
監督: 国原俊明
出演: あべ静江、岡田英二、結城しのぶ、入川保則、
長谷川明夫、高杉早苗、草薙幸二郎ほか


大学助教授佐藤(入川保則)は、美術商の有吉(長谷川明夫)の
依頼で、陶芸家大里(岡田英二)秘蔵のつぼが鎌倉時代の物で
あることを保証する原稿を書いた。

しかし、その後、つぼが偽物とわかり、佐藤は原稿を取り返しに行った。

佐藤はその後殺され、夜ごと妻(あべ静江)のもとに現れる。




●「海底の死美人・ヒット曲は殺しのテープ」  1980年8月30日
脚本: 加藤盟
監督: 山根成之
出演: 山本圭、森下愛子、山口果林、竹田かほり、
速水亮、下条アトム、森次晃嗣、下元勉ほか


華やかな通う業界を背景に、不安心理が生み出す
異常犯罪を描いた怪奇ミステリー。

作詞家水木(山本圭)の作品は、実は愛人関係にある
マネージャーみどり(山口果林)との共作だった。

マンネリからの脱却をあせる水木は、作詞家志望の
女子大生美奈(竹田かほり)の若い肉体と感性に縋り始めた。

ある夜、水木の部屋を訪ねたみどりは、初めて水木と美奈の関係を知った。

部屋を飛び出したみどりを車で追った水木は、みどりを車に乗せるが
途中で中年の男をはねてしまう。

この事故の発覚を恐れた水木はみどりを殺す。




●「湖水の死美人・劇画殺人事件」  1981年8月8日
脚本: 池田雄一
監督: 長谷川和夫
出演: 田村亮、岡江久美子、下条アトム、生田悦子、
渡辺文雄、林未来、織本順吉、浦辺粂子ほか


卑劣な手段でライバルを蹴落とした劇画アシスタントが、
人気作家となり、やがて大出版社の令嬢を狙うが。
一発当たれば富と名声が待ち受ける劇画界の
すさまじい競争を背景に、ハングリーな青年の心理を通して、
欲望、殺人のサスペンスを描く。


売れっ子の劇画作家竜(草野大悟)の助手安彦(田村亮)は、
いつか竜のようになるという野望を秘めながら鬱屈した毎日を送っていた。

だが、同僚の隆(下条アトム)が一足先にデビューすることになった。





●「先妻の亡霊と闘う新妻・わたしの子供を返せ!」  1981年8月22日
脚本: 長谷川公之
監督: 佐藤肇
出演: 大空真弓、三橋達也、村松英子、
荒木道子、荒谷公之、穂積隆信ほか


都(大空真弓)は、貿易会社の常務奥井(三橋達也)の後妻。
結婚して間もなく、二人は億位の子どもとともに山の別荘へ
行く事になった。

別荘での毎日は快適だったが、二階の一室はなぜか
カギがかけられ、奥井は部屋に近づかないようにと都に言う。





●「冷たい血・幽霊男と初体験した妻」  1982年8月21日
原作: 鈴木泉三郎 『生きてゐる小平次』
脚本: 吉田剛
監督: 田中徳三
出演: 五月みどり、水野久美、中条きよし、船戸順、田中綾ほか


京都祇園の高級クラブのママちか子(五月みどり)は、
情夫・木幡小平次(中条きよし)との別れ話に悩んでいた。
ちか子は、新しい恋人で友禅問屋の若主人拓郎(船戸順)の
妻の座を狙っていたのだ。

小平次はちか子に執念深くつきまとう。
思いつめたちか子は、見知らぬ女(水野久美)から
「小平次を殺すから自分の夫を殺してほしい」という
交換殺人をもちかけられ話しに乗る。






これは、ドラマ自体も見たことがあり
1982年の映画『怪異談 生きてゐる小平次』も
数年前にCS放送で見ました。






●「死美人ホテル・ビデオでつくる殺人計画!」  1983年8月13日
脚本: 池田雄一
監督: 長谷川和夫
出演: 柴俊夫、真行寺君枝、秋野暢子、稲葉義男、
山内明、山本紀彦、露原千草、松本朝夫ほか

死美人ホテル

アメリカで2年間、ホテル業を学んで帰国した柴田亮介(柴俊夫)は、
恩師の矢野(増田順司)が東亜観光に旅館を乗ったとられ
心労のため急死したことを知った。


亮介は矢野の娘で、恋人京子(真行寺君枝)に復讐を誓い
東亜観光のホテルマンになった。

しかし、ホテルの社長の娘に見染められ
ホテルマンとして出世の野望が出てきた。

愛と出世のはざまで亮介は巧妙な犯罪計画を練る。


死美人ホテル


柴俊夫が真行寺君枝を殺害するシーンは
その前の7月に福島県の五色沼で行われた。
その年は冷夏で、監督が水に入って下見したが
あまりにも寒くて震えだしたよう。

真行寺君枝が怖気づいたので
スタッフも同じように次々と入水した後に
ようやっと撮影が始まったようだ。

実際にはNGを連発した柴俊夫より
真行寺君枝の方がケロリとした顔で撮影が進んだみたいですね。


怪奇シリーズではないと思ったのですが
「死美人」というタイトルだったので取り上げてみた。
この放送の前の週の土ワイは柴俊夫の奥様
真野響子主演の「外科病棟の女医・片腕を切り取られた恋人」が放送されていた。





●「風の扉・空想!?現実!?恐怖の頭部交換手術!」  1983年12月31日
原作: 夏樹静子 『風の扉』
脚本: 新藤兼人
監督: 渡辺祐介
出演: 市毛良枝、松尾嘉代、広岡瞬、佐藤慶、
高松英郎、藤田弓子、久米明、
河原崎建三、草薙幸二郎、ほか

夏樹静子の風の扉

交通事故で死亡した青年の右手が、
なぜか他人の体についていた。
殺されたはずのその男が、同時刻に
事故死したこの青年の右手をつけて生きていたという
怪事件に、青年の婚約者が謎をときにかかる。


染織工芸家百合沢(高松英男)の写真が
雑誌のグラビアに載ったのを見て二人の人間が驚いた。


ひとりは、工芸家島尾(河原崎建三)で、
島尾は師匠の百合沢に破門され
逆恨みから百合沢を小刀でめった突きにして殺したはずだったからだ。



もう一人は、OLの滝子(市毛良枝)で、
滝子は百合沢の右手が、交通事故で死亡した
婚約者の右手と同じものに思えたからだ。
手の傷跡が同じだったのだ。

滝子は婚約者の弟積(広岡瞬)と事件の解明に乗り出す。






こちらも見たことがあります。
怪奇シリーズではないのですが
非常に気持ち悪かった記憶があって
そういう意味でももう一度放送してほしい。

夏樹静子原作なので、どこかで「夏樹静子特集」なんかで
放送してくれないかなぁ。


                         
                                  
        

土曜ワイド劇場の怪奇シリーズ  「吸血鬼ドラキュラ神戸に現わる」「生きていた死美人」など

category - ライフスタイル
2017/ 04/ 07
                 
初期の土曜ワイド「怪奇シリーズ」がとても面白そうで
長年見たくてたまりませんでした。
(一部恐怖シリーズや個人的に怪奇と感じたものも含む)

この中で今後放送されるものはあるのでしょうか。



**********************************
すでに過去に見てブログ掲載した作品は以下のとおり。

「怪奇!巨大蜘蛛の館」

「白い手・美しい手・呪いの手」

「怨霊!あざ笑う人形」

「怪奇!金色の眼の少女」

「京都妖怪地図」

「鬼火」

**********************************



以下は、是非放送して欲しいとの願いを込めて。



●「原色の蝶は見ていた・死の匂い」  1978年8月19日
原作: 西村寿行 『原色の蛾』
脚本: 山浦弘靖
監督: 増村保造
出演: 由美かおる、財津一朗、大和田伸也、火野正平、
前川哲男、武内亨、木村四郎ほか

ふとしたことから乗用車で人を殺した夫婦が、
しつこくゆする目撃者に次第に殺意をつのらせていくサスペンス。

ある夜、京子(由美かおる)の運転する乗用車が女性をはね殺した。
死体は同乗していた夫の医師野上(大和田伸也)が草むらに隠し二人は帰宅した。

まもなく警察の検視で女の身元が判明。
数日後、その女の恋人上田(火野正平)から野上に口止め料を要求する電話がかかる。


これ数年前に近代フィルムセンターの増村保造監督特集で上映されていました。
私は残念ながら、終了後に知ったため見に行けませんでした。

この辺りはシネマヴェーラ渋谷で「白い手・美しい手・呪いの手」を
見に行けなかったのとかぶりますね。




●「大東京四谷怪談」  1978年9月2日
原作: 高木彬光
脚本: 播磨幸治
監督: 原田雄一
出演: 鰐淵晴子、三橋達也、中島ゆたか、西沢利明、
加山麗子、村上不二夫、二宮さよ子、久富惟晴ほか


大富豪の家をめぐる恐るべき怨念と復讐を描く恐怖ドラマ。

私立探偵和子(鰐淵晴子)は亡夫の友人の清水(西沢利明)から
迷宮入り殺人事件の調査を依頼された。

四谷左門町にある二宮家では1年前、長女柳子(富山真沙子)が何者かに殺されていた。
依頼、彼女の婿養子雄輔(久富惟晴)が当主となり、二宮家を支配していた。

和子が二宮家を訪れた日、雄輔の惨殺死体が発見される。



題名に”四谷怪談”とあるので、てっきり現代版伊右衛門かと
思いきや違うようですね。

長いこと見たいと思っている作品のひとつなのですが
再放送されることがないのは勿論、あまり話題に
のぼることもなくこのまま見れずに終わってしまうのか。。。




●「吸血鬼ドラキュラ神戸に現わる・悪魔は女を美しくする」  1979年8月11日
脚本: 大原清秀
監督: 佐藤肇
出演: 岡田真澄、岸本加世子、にしきのあきら、
北林早苗、桑山正一、田口計ほか

吸血鬼ドラキュラ神戸に現わる・悪魔は女を美しくする

400年前に殺された花嫁の面影を求め
その生まれ変わりの女性をさらうため神戸に現れた
ドラキュラ伯爵を描く恐怖ミステリー。

神戸の洋品店に勤める絵里子(岸本加世子)は、
自分とドラキュラ伯爵(岡田真澄)が結婚式を挙げる夢を見た。

婚約者のカメラマン友永(にしきのあきら)は思い過ごしだというが、
絵里子の身辺にはその後も奇妙な出来事が続いた。

そんなある夜、彼女のアパートにドラキュラの迎えの馬車がやって来た。

ドラキュラの屋敷に連れていかれた絵里子は
そこで自分の呪われた運命を知らされる。



タイトルとキャスティングからも非常にそそられる作品。
昭和のアパートの前に迎えの馬車って・・・
わかりやすくて、面白そうなのに放送される機会がありませんね。



●「生きていた死美人・病院偽装殺人」  1979年8月25日
脚本: 猪又憲吾
監督: 井上昭
出演: 蟇目良、宇津宮雅代、南原宏治、紀比呂子、
津山登志子、小坂一也、常田富士男、西岡慶子、
鮎川いづみ、谷口香、織本順吉、天津敏ほか

生きていた死美人・病院偽装殺人

貧しい医学生の英一(蟇目良)には
看護学校に通う不二子(宇津宮雅代)という恋人がいた。

8年後、有名医となった英一に突然、院長の娘
里美(津山登志子)との結婚話が持ち上がった。

不二子の存在が疎ましくなってきた英一は、
彼女を殺害する。

ところが、殺したはずの不二子が英一の行く先々に現れる。


単発でそれぞれに関連性はありませんが
いわゆる「死美人シリーズ」というやつですね。
院長の娘が津山登志子というのがピンときませんが
殺されて幽霊となってその男の前に姿を現す女に
宇津宮雅代というのは土ワイらしい起用だと思いました。




●「復顔・整形美女の復讐」  1979年9月1日
原作: 草野唯雄
脚本: 藤森明
監督: 国原俊明
出演: 市毛良枝、田村亮、中島ゆたか、横内正、
名古屋章、根上淳、中村竹弥、江藤純一、
白川和子、梅津栄、チャーリー湯谷ほか


三浦半島の洞窟で、若い女の白骨死体が発見された。
その同時刻、横浜は突然の雷雨に見舞われ
三崎観光に勤める太田(横内正)が稲妻をあびて倒れ
心臓発作を起こしていた。

太田は雑誌記者時代、取材が縁で三崎観光社長
三崎(中村竹弥)の娘君子(中島ゆたか)に気に入られ
付き合っていた恋人の由江(市毛良枝)を殺していた。

一方、警察では死体の身元を割り出そうと医大の
助手(田村亮)に死体のどくろの復顔を依頼する。




「整形復顔」はシリーズとなってDVD化されたり
ファミ劇で放送されたりしましたが
これも内容的には同じだと思うんですが
「整形復顔シリーズ」のひとつとして数えられていないようで残念。





●「自画像の怪・夫の亡霊に脅える女」  1979年9月8日
原作: 山村正夫 『自画像の怪』
脚本: 須崎勝彌
監督: 吉川一義
出演: 大空真弓、山城新伍、前田吟、三上真一郎、
加山麗子、三条美紀、竜崎一郎、佐原健二、
ひし美ゆり子、沼田爆、綾川香ほか


資産家の若妻・千鶴子(大空真弓)には
市原(三上真一郎)に泥棒の汚名を着せられた上、
犯されるという暗い過去があった。

その市原がある日現れて、千鶴子を強請った。
金を渡すところを家政婦に見られてしまった。



●「寝台車の死美人・白鳥のファンタジイ」  1979年12月29日
脚本: 白井更生
監督: 野田幸男
出演: 荻島真一、佐藤友美、木内みどり、柳生博、
牟田悌三、杉山とく子、ケイ・グレース、
早川保、長谷川弘、久慈霊運ほか

寝台車の死美人・白鳥のファンタジイ

無名のカメラマン森田(荻島真一)は
著名なデザイナー蓉子(佐藤友美)に認められ、
レディ・モード社の春のキャンペーン撮影の
全てを任された。

出世の糸口を掴んだ森田は美貌の蓉子に
野心を抱き、邪魔になった婚約者雪子(木内みどり)を殺した。

しかし、その直後から森田は、雪子の亡霊に悩まされる。



この頃は年末にも怪奇モノを放送してたんですね。
「怪奇!金色の眼の少女」も年末の放送でした。


なんの役で出演したのかわかりませんが、
久慈霊運って稲川淳二の「生き人形」で
名前が出てきていた霊能者なんですが
この人形を霊視して太っていた人だったのに
ガリガリに痩せて亡くなったというエピソードで
初めて知った人です。

本当のところはどうなのかわかりませんが、
ドラマにも出ていたんですね。


「死美人シリーズ」もニーズが高そうなので
「整形復顔シリーズ」が放送されたので
「死美人シリーズ」も是非放送して欲しいところです。


続きは次回のエントリーで。


                         
                                  
        

流し見で気軽に見れた 映画「ベガスの恋に勝つルール」

category - ライフスタイル
2017/ 04/ 06
                 
先日ツタヤで2008年に公開の映画
「ベガスの恋に勝つルール」を借りてきました。

ベガスの恋に勝つルール


今回は、以前見た別の洋画を借りたかったのですが
TSUTAYAになかったため目についたこちらを借りました。


失恋したジョーイ(キャメロン・ディアス)と職を失ったジャック(アシュトン・カッチャー)は
それぞれ同性の友人とベガスへ旅行へ行った。
ホテルでダブルブッキングとなってしまったことで
出会ったこの二人は酔った勢いで結婚してしまう。

翌日には離婚しようとしたふたりだが
ジョーイのコインでジャックがスロットをしたところ
300万ドルが当たってしまった。

ふたりは裁判で結婚の無効と賞金の所有権を主張するが
逆に半年間夫婦として過ごすように言われてしまう。


そんな偽物の夫婦は、それぞれが自分に有利に物事が運ぶようあれこれ画策する。

裁判はジャックが勝ってめでたく離婚するのだが
ふたりの心には変化が出てきて
結局、ふたたび結婚してハッピーエンドで終わるというもの。


見ただけで終わるという、ただそれだけの映画。
特に感想もないのだが、ストーリーが読める
単純な映画なので流し見には最適。

なんせ、集中してみなくても、見逃した場面があっても
結末が予測できるからユルユルで鑑賞することができる。


キャメロン・ディアスの服が自分の好みと一致してて
視覚的には楽しめた。


気負いなく気軽に見れるのがとても良かった。



                         
                                  
        

男の色気を感じた 「三重逆転!完全犯罪・女弁護士朝吹里矢子」

category - ライフスタイル
2017/ 04/ 05
                 
十朱幸代の女弁護士朝吹里矢子シリーズの第4弾。


●「三重逆転!完全犯罪・女弁護士朝吹里矢子」  1980年5月31日
原作: 夏樹静子 『二つの真実』
脚本: 岡本克己
音楽: 大野雄二
監督: 降旗康男
出演: 十朱幸代、鶴田浩二、吉沢京子、山本圭、
下川辰平、門田美恵子、中丸忠雄、正司照江ほか


1~3作までは未見なのでわからないが
どうやらこの回から里矢子が
イソベンから一人前の弁護士になったようだ。

薮原勇之進弁護士(鶴田浩二)の事務所のドアには
その下に「朝吹法律事務所」の名前が見える。

弁護士として1本立ちした朝吹里矢子(十朱幸代)は
ある事件の国選弁護人を引き受けた。

事件は尾崎夕子(吉沢京子)が内縁関係の男
藤村俊之(山本圭)の妻鶴江(門田美恵子)を
殺害したというもの。


三重逆転!完全犯罪・女弁護士朝吹里矢子

現場は夕子のアパートの浴室である。
1年ほど前から夕子と藤村は一緒に暮らしていて
そこへ本妻の鶴江が度々訪れていた。

鶴江は夕子の家の近所の人たちには
訪れるたびに笑顔で挨拶をしていて評判が良かった。
藤村と夕子は夫婦でそこへ訪れる女性だと思っており
まさか夫の愛人宅を訪れる本妻とは思っていなかったようだ。

事件の発見者は藤村の姉(柳川慶子)だった。
夕子のマンションを訪れた時、浴室に血を流して倒れていた鶴江と
そばに包丁を持っていた夕子と藤村がいたのだ。

鶴江は藤村の姉に対しても気が利くいい嫁で通っていた。

三重逆転!完全犯罪・女弁護士朝吹里矢子

藤村は鶴江は姉にはいい面しかみせてないと言うが・・・


夕子は事件の容疑を認めている。
調書では夕子が殺意を持って
鶴江を刺したと書いてあるが
夕子の話では鶴江が包丁を持ち出して
夕子を殺そうとしたため誤って鶴江を刺してしまった
ということで里矢子は正当防衛を主張できると言った。


三重逆転!完全犯罪・女弁護士朝吹里矢子

凶器の包丁には夕子の指紋しかついてないが
なぜ鶴江の指紋がないのかはわからないという。


里矢子のその後の調査では
鶴江は義理の姉や、夕子の家の近所では
愛想良くふるまっているが
本当は陰湿な性格であることがわかった。

夕子の家を度々訪れては嫌がらせをして
殺してやりたいとまで言っていたという。
鶴江とは反対に夕子は素直な性格だ。


公判が始まったが藤村は姿を現さなかった。
会社も辞めてしまい行方がわからなくなってしまった。

女弁護士朝吹里矢子 中丸忠雄


堀検察官(中丸忠雄)は夕子が殺意をもって鶴江を殺害したと
真っ向から厳しく向かってきた。


4回目の公判で夕子はいきなり
自分は鶴江を殺してないと犯行を否認した。
鶴江を殺したのは藤村で自分は身代わりになったのだという。


三重逆転!完全犯罪・女弁護士朝吹里矢子

居所がわからなくなっていた藤村が
里矢子のもとに姿を現した。
藤村は自分の犯行であることを認め
返り血のついたシャツも捨てずに持っていた。

藤村は裁判所でもこの事を認め
夕子は無罪を言い渡された。

藤村の裁判が始まった。
里矢子も元刑事で仕事上協力をしてもらっている
伊東(下川辰平)とともに傍聴していた。

女弁護士朝吹里矢子 下川辰平

しかし、藤村は鶴江殺しを否認した。
シャツの血は自分のものだと主張する。
前回夕子の裁判で自分の犯行だと言ったのは
夕子を助けたからで嘘の発言をしたのだと言う。

里矢子は「一時不再理・・・」とつぶやいた。
鶴江殺しについて夕子は無罪が確定している。
里矢子は藤村の家に六法全書があったのを思い出した。


藤村の弁護人は辞任してしまった。
そして、藤村が自分の弁護を里矢子に頼んできた。
里矢子はこの身勝手な行動に憤りを感じた。
その様子を見てた薮原が里矢子の心の中を整理するように話しかける。



薮原は里矢子が藤村と夕子が計算ずくで犯した殺人とは思えないのではないか。
”一時不再理”を考える人間としては下手な計算である。
この難事件を里矢子がなぜ、どういう気持ちで引き受けたのか
里矢子のその時々の思いを振り返るように話していく。

そして、里矢子が弁護士としての権威を傷つけられたと
思うならそんなものは捨ててしまえと言った。



里矢子は事務所を出ると夕子の家へ向かった。
アパートは引越しの準備がされていて
里矢子は夕子が妊娠していることを知った。


女弁護士朝吹里矢子 吉沢京子

夕子は最初自分達は鶴江を殺してないと主張したが
警察ではそれを信じてもらえなかった。
強引な取調べにより夕子は犯行を認めた形となった。


これまで発言を2転3転させた夕子だが
嘘を言っているようには思えない。
それに、鶴江は夕子が妊娠していることも知っていた。


もしかして、これは他殺ではなく
鶴江がふたりに復讐するための自殺ではないだろうか。


藤村と鶴江には子供がいなかった。
鶴江は夕子のお腹には藤村の子どもがいるという事を知ってしまった。
以前から、藤村は自分と別れたがっていて
すでに気持ちは夕子にあることもわかっていた。


鶴江がひそかに合鍵を作り、二人が不在の間に忍び込み
浴室で大きな声で「殺される!」と叫び自分で胸をついた。
1度では死ねなかったから3度も刺したのだろう。
もしこの仮定が事実であるなら合鍵がどこかにあるはず。


里矢子は伊東とともに引越し後無人の部屋へ入る。
鶴江が合鍵を隠したという事実が大切なのだと里矢子は言う。

夕子の部屋のどこかに合鍵はあるはずだ。
殺害現場の浴室に入った伊東が誤ってシャワーをだしてしまう。
里矢子はシャワーのある部分が詰まっていることに気がつく。
中を開けるとそこに合鍵はあった。

女弁護士朝吹里矢子 山本圭

里矢子は藤村の弁護を引き受けて
裁判が始まろうとするところでエンドロールが流れる。



確か夏樹静子の原作では
ヒロイン里矢子は日本人の母とアメリカ人の父を持つハーフである。

女弁護士朝吹里矢子 十朱幸代

このドラマの初めには、里矢子が事務所で
母からの電話を受けるのだが
てっきり仕事の依頼の電話だと思ったので
「なんだ、ママ。用事のない電話はなさいませんように。」と
いい年をした女が母を「ママ」と呼ぶシーンがある。

この回には出てこないが、確か里矢子の母親役を
丹阿弥谷津子がやっていたような。


女弁護士朝吹里矢子 十朱幸代

スラリとした美人の里矢子。
自家用車を運転し活躍する里矢子の姿は躍動感がある。


このシリーズ途中まで薮原役の鶴田浩二が出てくるのだが
いるといないでは画面の引き締まり具合が違ってくる。


女弁護士朝吹里矢子 鶴田浩二 十朱幸代

イソベンを卒業してめでたく独り立ちしたばかりの
里矢子だが、その設定からは十朱幸代の里矢子は結構年齢がいっている。
鮮やかな服に身を包みスラリとした
十朱幸代の里矢子はまぶしいくらいカッコいい。


女弁護士朝吹里矢子 鶴田浩二

しかし、そこに鶴田浩二演ずるベテラン弁護士藪原がいることで
里矢子の人間としての未熟さや女としての弱さを
自然と表現できるし、それを程よい距離で包み込むように見守る
鶴田浩二に父性を感じて、この二人が揃うことで
ドラマにぐっと厚みが生まれる。


難解な事件で葛藤が生まれた里矢子に藪原が


三重逆転!完全犯罪・女弁護士朝吹里矢子 鶴田浩二

「リコの心の底に、自分は選ばれた人間だという
とりすましたものがある。
それを、捨てろ。捨てられなきゃ弁護士を辞めろ。
もし俺が藤村の弁護を引き受けるなら堂々と無罪を主張するね。
今窮地に立っている人間を信じる。
なりふり構わず信じる。」

三重逆転!完全犯罪・女弁護士朝吹里矢子 十朱幸代

というシーンがある。


もちろん藪原という架空の人物が言っている発言なのだが
鶴田浩二の声質と重厚感のある演技が
ドラマに深みを加えてくれるのだ。



またドラマの最初のなんでもないシーン。
藪原と里矢子のいきつけのバーのマダムと
藪原が日中待ち合わせて会う場面があるのだが
そのエスコートぶりがこれまたかっこいい。

鶴田浩二

渋くて大人の男の色気を感じるのだ。
それを事務所の窓からそっと覗いて微笑む里矢子。


鶴田浩二という役者には「男の色気」と「父性」を感じる。
彼の「男の色気」は何も女性から見て感じるものだではなく
ある程度の年齢を重ねた男性から見ても感じるものではないだろうか。


この後鶴田浩二が出なくなった回も見ているのだが
何かが足りないような感じがして物足りないのだ。
とはいえ、無理にこの後引っ張ったとしても
もしかしたら、シリーズ前半のような
興味深さは覚えないかもしれない。

というのも1987年の9作目と
1989年の11作目を改めて見返してみたのだが
出ている役者は悪くはないのだが
本のせいなのかなんなのか面白さがグンと減っていた。
でも、9作目の脚本は宮川一郎なので
やっぱり脚本のせいでもないのかな。なんでだろ。


このシリーズ、私はテーマ曲が大好きだ。
あのルパン三世でもおなじみの大野雄二さんの
おしゃれな曲なんですよね。
1度聞いただけでも耳に残るテーマ曲。

シリーズ前半をどこかで放送してくれないかしら。

                         
                                  
        

六本木ヒルズで中国料理の定食を!

category - ライフスタイル
2017/ 04/ 04
                 
昨日は夕方ものすごい雷でビックリしました。

さて、「大エルミタージュ美術館展」を見た後
六本木ヒルズでお昼を食べてきました。

六本木ヒルズイルブリオ エルミタージュ美術館アフタヌーンティー

前回入ったイルブリオでは美術展とのコラボメニューの
「エルミタージュ美術館アフタヌーンティー」2,980円というデザートがあります。

すっごい豪華で見てるだけで楽しい。
でも現実的にはデザートというより
これだけでお腹が膨れてしまいそう・・・

今回は同じフロアにある中国料理店
ブルーリリーで中華を食べてきました。


六本木ヒルズ 中国料理 BLUE LILY レバニラ定食

食べたいのがふたつあったので半分ずつ。
こちらはレバニラ定食 1000円です。


六本木ヒルズ  BLUE LILY レバニラ定食

最近近所のスーパーでレバーが売ってないので
レバニラ炒めを食べたかったんですね。
結構大きめのレバーが沢山入っています。
ちょいピリ辛なので、お酢をかけるとまろやかな味になります。


六本木ヒルズ  BLUE LILY

豆腐に甘めのもろみ味噌が美味しい。

六本木ヒルズ  BLUE LILY

もうひとつの小鉢はニンジンやきゅうりが。

六本木ヒルズ  BLUE LILY

スープもいいかんじ。
ごはんも多くはなくちょうどいい。
中華は量が多いのでごはんはこれ位が良い。


六本木ヒルズ  BLUE LILY 牛肉ピーマンの炒定食

もうひとつの定食は、牛肉とピーマンの炒め物。
こちらは1100円です。


六本木ヒルズ  BLUE LILY 牛肉ピーマンの炒め定食

細切り牛肉とピーマンの組み合わせは好きで
久しぶりに食べたけど美味しかった。


お肉料理はどちらも量があったので
かなりおなかいっぱい。


店内は平日のランチタイムとあって
会社員が多かったようで
男女問わずひとり客も多く
結構ゆったりと過ごせました。

                         
                                  
        

BS朝日 「特捜最前線」は2週で放送終了!最後は『ナーンチャッテおじさんがいた!』

category - ライフスタイル
2017/ 04/ 03
                 
BS朝日で3/21から「特捜最前線」の放送が始まりましたが
なんと翌週の3/31であっけなく放送終了。

早い・・・

2週目は5作品が放送されました。

#42 「Gメン!波止場に消ゆ」


特捜最前線 Gメン!波止場に消ゆ


消えた麻薬捜査官(小林稔侍)の行方と
覚せい剤密売ルートを押さえるために
桜井(藤岡弘)と高杉(西田敏行)が
港町に船乗りを装って潜入捜査する。

捜査官は足を銃で撃たれ
助けてくれた女と女の兄の元刑事(川地民夫)とともにひっそりと生きていた。


最後は川地民夫が死んでしまうという悲しい結末だが
稔侍と妹は新たな生活に旅立つというもの。


#48 「惜別・指のない死体」

神代課長(二谷英明)の娘夏子の恋愛を絡めたお話。
夏子は派出所勤務の警官と付き合っているが
その警官の元彼女が脱獄犯山岸(田中浩)の娘だった。


特捜最前線 惜別・指のない死体

神代は山岸が死んでいる(替え玉死体)と思っていて
容疑がかかっていた警官と夏子の仲を認めなかった。

だが怪物山岸は生きていて、警官に娘が弄ばれたと信じ
復讐の鬼となった山岸は警官宅に侵入し刺して逃亡する。

結局警官は運ばれた病院で死ぬのだが
死の間際になって神代は二人の仲を認めるという
なんだかよくわかんない展開。

夏子には津上(荒木しげる)が思いを寄せていたのだが。


どうみても中川家礼二似の警官より
津上の方がいい男なんだが。

特捜最前線 惜別・指のない死体

そして、夏子は吉行和子に似てる。

課長もひとり娘で大切なのはわかるが
恋人との仲を認めないという懐の狭さを露呈して
課長のキャラクターらしくなさが不自然。

脱獄犯の山岸役の田中浩だが
どうしても西部警察のときのヘンリー野口の時のイメージが強すぎ。



#52 「羽田発・犯罪専用便329!」

桜井さよなら、紅林ようこその回。


特捜最前線 羽田発・犯罪専用便329

3年前桜井が追っていた麻薬の密売人が日本に戻ってきた。
この捜査に紅林(横光克彦)という刑事が協力をする。

最後、桜井は課長からワシントンの日本大使館付きと
いうことで転勤を命ぜられる。
本国に逃げ帰った男の捜査をすることになる。

代わって特命課に配属になるのが
紅林警部補というラスト。




#53 「背番号のない刑事」


特捜最前線 本郷功次郎

ダンディなイメージがある橘(本郷功次郎)が初登場。
初期はそのイメージからほど遠いものだとは知らなかった。
桜井がいなかうなって、紅林、橘が加わることで
オープニングも新しくなった。

また初期のナレーター森山周一郎がこの回は
元野球選手で橘の友人でもある木島として登場している。

特捜最前線 背番号のない刑事

以前は県警のエリートだったが、友人の木島を逮捕したことで
自ら志願して駐在所勤務となっていた。
小汚い風貌からはかつてのエリート刑事の面影はない。
今回、再び木島を逮捕せざるを得ない状況になり
事件解決後は特命課勤務となる。






#54 「ナーンチャッテおじさんがいた!」

ナーンチャッテおじさんがいた!

江戸川線の車内で煙草を吸ったり、
席をとったりと迷惑行為をしていた
3人の男に注意をした勇気ある男が殺された。
男には娘と息子がいた。
5歳の息子は特命へ犯人を逮捕して欲しいとハガキを出す。

そんな中、息子は車中で”ベロ出しオジサン”と出会う。

ナーンチャッテおじさんがいた! 今福将雄
ベロ出しおじさん(今福将雄)もかつて
迷惑行為を注意した息子が殺されたという過去を持っていた。
その後、ベロ出しオジサンも殺されてしまう。

特捜最前線 大滝秀治 阿藤海

迷惑行為をしていた3人の男のうちのひとりが若き日の阿藤海だった。
取り調べでおやじさんから、顔をなでられたりと洗礼を受ける。



特捜最前線 西田敏行

高杉がナーンチャッテおじさんに扮して
実行犯を見つけ逮捕する。


これ私の好きな回のひとつです。
途中、迷惑行為を注意してくれる善良な市民に感謝しながらも
巻き添えになることを恐れた一般市民の態度に対して
特命内で意見が割れるのですが、自分だったらどうするのか?
いろいろと考えさせられますね。


さて、今後、特捜の放送は再開されるのか?

今回は初期の中でも西田敏行が良く出ている回を放送した印象がある。
特捜を知らない一般層への訴求効果もあったのか?

ファミリー劇場で放送終了してからかなり時間が経つし
東映チャンネルではセレクションばかり。

特捜ファンからも全話放送のリクエストが入っていることだろう。
私も見ていない作品がほとんどなので
この機会に中断期間を設けてもいいので
全話放送をしてほしいものだ。

                         
                                  
        

2017リーグ 第5節 大宮アルディージャ戦

category - 鹿島アントラーズ
2017/ 04/ 02
                 
■Jリーグ第5節 鹿島アントラーズ 1-0 大宮アルディージャ
2017年4月1日(土) NACK5スタジアム大宮 19:04キックオフ/11,676人


【スタメン】
GK 曽ケ端 準
DF 西 大伍、植田 直通、昌子 源、山本 脩斗
MF 小笠原 満男、レオ シルバ、遠藤 康、土居 聖真
FW 鈴木 優磨、ペドロ ジュニオール


【控え】
GK クォン スンテ
DF 伊東 幸敏、三竿 健斗
MF 永木 亮太、レアンドロ、中村 充孝
FW 安部 裕葵


【得  点】 79分 土居 聖真


【交  代】 74分 ペドロ → 安部、90分 小笠原 → 伊東、90分+5分 遠藤 → 三竿


中断明けのアウェー大宮戦。
前半から積極的に攻めていったものの
相手キーパーのファインセーブもあり
なかなかゴールできずモヤモヤしましたが
とりあえず勝利で終わることができました。


これで2位浮上ですね。
勝ち点を積み重ねることが何よりも大切なので
最下位相手にスコアは物足りないが十分な結果です。

それと、土居にゴールが生まれたのも良かった。
土居は攻守に頑張ってくれていてもゴールという結果がなかっただけに
土居、遠藤あたりが得点してくれるようになると
もっと楽に勝てるのになと思っていたので。

遠藤の方は何回かふかしてましたが・・・


好材料はペドロが良くなりつつあるように思えたこと。

最終的に点は取れませんでしたが、中断前と比較すると
動きが良くなってきたように感じました。


もちろんペドロ、ゴールなるかっていう
最後の最後でずっこけちゃうような場面もあったので
まだまだ助っ人と呼ぶには物足りないですが
あくまでもこれまでに比べると自分の良さを
活かすきっかけみたいなものを掴んでるような気配が見えました。


また、昨日は交代した選手もフレッシュで面白かったですね。

ルーキーの安部がリーグデビューを果たしました。
ベンチのレアンドロや、ベンチ外の金森を差し置いて
試合に出ることになるとは。

若手といえば、ちょこっとだけど三竿健斗も出て
彼はプレシーズンなんかで動きが良かったから
もうちょっと見たかった。
ただ90分のプレーが安定してなかったので
長い時間はまだきついものがありそう。


それと昨日はアウェーの通算200勝目の試合だったとか。
J1最速だったようでうれしいですね。


とにかく丁寧に勝ち点3を積み上げられたので
結果が出たことは大いに評価できる試合だったと思います。


次はこれまた苦手意識があるセレッソですね。
ホームですし、絶対に落とせない1戦です。
それだけに今から楽しみです。

                         
                                  
        

大エルミタージュ美術館展@森アーツセンターギャラリー

category - ライフスタイル
2017/ 04/ 01
                 
先日、六本木の森アーツセンターギャラリーで行われている
「大エルミタージュ美術館展」へ行って来ました。


森アーツセンターギャラリー

会期は3月18日~6月18日まで。
私は平日の朝一番で行ってきました。

予想通り平日の朝イチは結構空いていて
じっくりと見て回ることができました。


*******************************************
大エルミタージュ美術館展
*******************************************

ロシアのサンクトペテルブルクにそびえ建つエルミタージュ美術館。
1764年にエカテリーナ2世がドイツなどから
買い集めた美術品がこの美術館の基になっています。

現在では収蔵品は310万点、絵画だけでも1万7千点に及びます。
エカテリーナ2世在位中に購入した作品が数多く含まれています。

ルーブル美術館、メトロポリタン美術館と並び
3大美術館といわれるエルミタージュ美術館のコレクションの中から
オールドマスターを中心に85点が展示されています。

ティツィアーノ、ルーベンス、クラーナハ、レンブラントをはじめ
ルネサンス、バッロク期の名画を見ることができます。



まず入ってすぐに目にするのが、エルミタージュ美術館の
礎となった人物エカテリーナ2世の全身の肖像画があります。


大エルミタージュ美術館展 エカテリーナ

≪戴冠式のローブを着たエカテリーナ2世の肖像≫ 
ウィギリウス・エリクセン 1760年代


服には鷲の紋章を刺繍してあり
左手には宝珠を右手には王笏が握られている。

豪華な衣装を身にまとったエカテリーナは
自信をみなぎらせた表情をし
醸し出している堂々たる風格から
まさに「女帝」という言葉がピッタリだ。
胸元の青もこの人物の格や権威が感じられる。



大エルミタージュ美術館展 ティツィアーノ

≪羽飾りのある帽子をかぶった若い女性の肖像≫ 
ティツィアーノ・ヴェチェッリオ 1538年

このモデルを務めた女性はティツィアーノの愛人とも言われています。
ティツィアーノらしく繊細な明暗表現と卓越した筆致による肖像画。
どうやら帽子の部分は書き足した形跡があることがわかっています。

アクセサリーを身に着け、帽子もかぶり、
衣服からも普通に着用していたら正装なのに
片側の肩から胸元が大胆にはだけていてアンバランスで不安定。
この絵からは2面性というものが感じられた。




大エルミタージュ美術館展 クラーナハ

≪林檎の木の下の聖母子≫ ルカス・クラーナハ 1530年頃

口元はやや微笑んでいるように見えて
目元は醒めているような表情のマリア。
首から肩にかけて透明な布が巻かれている。
衣服の発色の良さが印象に残る作品だった。




大エルミタージュ美術館展 盗まれた接吻

≪盗まれた接吻≫ 
ジャン=オノレ・フラゴナールとマルグリット・ジェラール 1780年代末

男から頬に接吻を受けながらも
反対側の奥にいる人目を気にしている女性。
このように雄弁に物語が語られているような絵は大好きです。

寓意的な絵画も奥が深くて好きですが
詳細にストーリーを語る絵も
一見しただけで読み取れる事柄だけでなく
さらにその奥に見え隠れする部分に
あれこれ思いを巡らすことも絵画の楽しみのひとつですね。




大エルミタージュ美術館展 レンブラント

≪運命を悟るハマン≫ レンブラント・ファン・レイン 1660年代前半

「エステル記」から。

ハマンはユダヤ人全員を殺害しようと計画したものの
ユダヤの王妃エステルの機転により
逆に王から処刑をいいわたされた。

この絵はハマンが処刑を言い渡され
胸に手を当てて、自らの運命を悟った場面。

「光と影の魔術師」と言われた
レンブラントがハマンが運命を覚悟した様を
静かに描き出しています。



大エルミタージュ美術館展 手袋を持つ男の肖像 ハルス

≪手袋を持つ男の肖像≫ フランス・ハルス 1640年頃

肖像画が得意なハルス。
モデルは不明なものの、手袋をした手を胸にあて表情にも自信を感じられる。
このポーズは、社会的な成功を示しています。



大エルミタージュ美術館展 聖家族

≪聖家族≫ ポンペオ・ジローラモ・バトーニ 1777年


パーヴェル1世が母エカテリーナ2世へ贈った作品。

このマリアは陶器のような白くて滑らかな美肌を持っていて
若くてみずみずしい表情をしています。

息子から母へのプレゼントに選んだというのが
本当によくわかりました。

女帝とはいえど、息子にとっては母親。
愛する母への贈り物にこの主題と
描かれた人物の可憐さはピッタリだなと思いました。



大エルミタージュ美術館展 聖母マリアの少女時代

≪聖母マリアの少女時代≫ フランシスコ・デ・スルバラン 1660年頃


こちらはマリアの少女時代を描いたもの。
幼いながらもそのまなざしはしっかりとした意思を
持っていることを、組まれた手からは敬虔さを
感じ取ることができます。





今回風景画も素晴らしいものがありました。

正確な遠近法で知られる「都市景観図」の画家カナレットの風景画。

そして、私が何よりも感動したのは
ベナルド・ベロットの『ドレスデンのツヴィンガー宮殿』です。
これはまるで写真のような緻密な筆致で
この風景を本当にそのまんま切り取ったようでした。
近くによってじっくりと眺めたのですが
細かい窓の一つ一つも非常に丁寧に描かれていました。

テーマも構図もとても気に入り
何回でも見たくなる素晴らしい作品だった。


大エルミタージュ美術館展 鳥のコンサート

≪鳥のコンサート≫ フランス・スネイデルス 1630~40年代

もうひとつ、大のお気に入りだったのが
『鳥のコンサート』です。

動物画を得意としたスネイデルスの作品。

中央にいるフクロウが指揮者となり
大小沢山の鳥さんたちがそれぞれ鳴いています。

各自が鳴いているだけなのでまとまってなく
指揮者のフクロウはちょっと戸惑いを見せた表情をしている。

テーマと表現のしかたがすごく私好みで
複製画が欲しくなったくらい!





前半と後半で同じテーマを扱ったものがありました。
聖書に出てくる「トビト記」です。

ベルナルド・ストロッツィの『トビトの治癒』では
失明したトビトに息子のトビアが
魚の内臓を使って治療に当たっている場面が描かれていた。


後半のクロード・ロランの『トビアと天使のいる風景』では
描かれている場面が違っていました。
トビアは花嫁に魚の心臓と肝臓を
父には魚の胆のうを使ったとされていました。


また対作品では、ホントホルストの
『陽気なリュート弾き』と『陽気なヴァイオリン弾き』がありました。

バロック絵画の典型的な特徴を持ち合わせた
暗い背景に立体的に浮かび上がる陽気な男女たち。


この他にもその時代好まれたテーマを主題とした作品や
一見なんてことはない風俗画から
その裏に秘められた画家の表現したかったものを
読み取る楽しみがある作品など面白いものが沢山ありました。



開催が決定したときから、すっごく楽しみにしていた
大エルミタージュ美術館展。

混雑もなくあれだけゆっくり鑑賞したのに
僅か1時間半程で見て回れた。

理想的な鑑賞スタイルで満足して帰ってきました。



//////////////////////////////////////////

この日の六本木はとても暖かな気候でした。

六本木ヒルズ

六本木ヒルズに着くと、チューリップの花が沢山咲いてました。

この辺りは始業時間が遅めの会社が多いからか
ラッシュを避けられると思っていたのに
どっこい電車は激混み!
通勤ラッシュに思いっきりぶつかってしまった。


六本木までの僅かな乗車時間でしたが
激混み電車のストレスを癒してくれるような
花と洗練された風景。



六本木ヒルズ 展望

美術館がある52階からの眺め。

鑑賞後はここに座ってしばらく休憩。


森アーツセンターギャラリーは
沢山行く機会がある美術館ではないのだけど
いいものをやるときは私の好みにドンピシャで
本当にいい内容の展覧会をやってくれます。

次はいついくのか未定ですが
これまで見に行ったような極上の展覧会を
やってくれることを期待してます。

                         
                                  
        

六本木ミッドタウンの飲食店×Ba-tsuが閉店になっていた。

category - ライフスタイル
2017/ 03/ 31
                 
ミュシャ展が終わりミッドタウンでお茶しようということになった。

行ってみるとスタバが無くなっていた。
それだけでなく周辺に人がいなく勢いをかんじない。

よく見てみるとスタバの他にも閉店になっている店があるようだ。

もしかしてと思いチェックすると
よく行っていた「Ba-tsu」もなくなっていた。



お気に入りのメニューだった
「明太子と魚介のスパゲッティ いくら添え」だが
もう食べられないんだね。

土日は単品だが、平日はフォッカチャと飲み物がセットでついてきてた。

奥の席は落ち着けたし、店員さんも顔を覚えていてくれて
サービスよかっただけに残念。

8年間営業していて、去年の12月29日をもって閉店したようだ。
ランチ以外の夜でも行っていたので寂しいな。



むかーしから行く機会が半端なく多かった六本木。

たくさんのお店とお別れしてきた。
未だに残っている店もあるが
サヨナラしたお店の方が多い。

別れがあれば出会いもあるもの。

六本木は今後も良く行くので
新たなお店との出会いも期待しよう。