FC2ブログ
2020/07/02
2020/06/26
2020/06/25
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

        

「気になる嫁さん」  第9話~第11話 渋谷のコーヒー店トムソン

category - 昭和のテレビドラマ
2020/ 07/ 02
                 
主なキャスト:坪内めぐみ=メグ(榊原るみ)、清水呂之助(佐野周二)、長男・輝正(山田吾一)、長女・小夜子(水野久美)、
次男・文彦(石立鉄男)、三男・力丸(山本紀彦)、末っ子・純(関口守=佐野守)、
ばあや・たま(浦部粂子)、めぐみの叔母・坪内宏子(杉葉子)



■ 「気になる嫁さん」
第9話  『なんという兄弟愛』 
第10話  『突然の悲しみ』  
第11話  『誓いの言葉を』
脚本: 山本邦彦、葉村彰子(9話)、松木ひろし(10話、11話)
音楽: 大野雄二
監督: 千野皓司(9話~11話)
制作: ユニオン映画
出演: 榊原るみ、佐野周二、山田吾一、水野久美、石立鉄男、山本紀彦、
浦部粂子、杉葉子、福田公子、津山登志子、津村秀祐、小沢直平、
酒井修、坊屋三郎、日野欽、藤江リカ、加藤武、牟田悌三ほか
放送局: 日本テレビ



メグが洗濯物を干しているとたまがやって来て「めぐみさん」と呼びかける。
思わず「何?」とメグが返すと


「何じゃありませんよ。仕事の時ぐらい長いスカートをお履きになったらどうです?
しゃがむたんびにお尻が丸見えですよ!
ウチにはね、旦那様をはじめ四人もの独身男性がいるんですからね。
いくら美しい脚が自慢でもオオカミを誘いますよ。
近頃はこの辺でも変な男がウロついてますからね。」


「気になる嫁さん」 第9話  『なんという兄弟愛』 


確かにたまの言う通りメグはこのところ誰かにつけられている気配を感じていて
その日、新宿までジーパンを買いに行った。
帰りに宏子のところへ寄り痴漢除けにジーパンを買った話をメグがすると


「いくらお嫁に行ったって、メグはまだ若いんだ。
男の子の一人や二人つけられたからって不思議じゃない。
おばさんみたいに痴漢からも見捨てられるようになったら女も終わりだけどさ」と
相変わらず独自の意見をメグにいう。


「気になる嫁さん」 第9話  『なんという兄弟愛』 



その夜も帰宅する途中、メグは男がつけてくるのを感じていた。


翌日、メグを付け回している男・田辺明(酒井修)は、文彦の後輩を偽って文彦に接近すると
とうとう清水家まで侵入してきた。


文彦が客を連れて来たというのでコーヒーを持って行ったメグは田辺を見て付け回している男だと気づいた。
何も知らない文彦は「マッチを持ってきてくれ」と部屋から大声で要求した。
メグから文彦の部屋にいる客が付きまとっている男だと聞いたたまは
男の様子を伺いに行くためにメグの代わりにマッチを届けに行く。

タバコを吸おうとした田辺はマッチを持ってきたのがメグだと思い込んでいて
マッチを差し出したたまの手を握ってしまいたまと気づいてビックリする。


「気になる嫁さん」 第9話  『なんという兄弟愛』 



その夜、図々しくも清水家へ泊った田辺は、いろいろドタバタあった末にメグには純という愛する人がいると知ったうえで
それでもメグを好きになってしまったとメグをはじめ清水家の面々を前に堂々と告白した。


メグは離れていても純への愛は揺るがないとして、明日田辺から指定されたよみうりランドへ一人で行くという。
輝正、文彦、力丸は義兄という立場ではなく一人の男としてメグの事が心配でたまらない。
そんな三人に小夜子はメグが純を棄てて男に乗り換えたとしてもそれはメグが決めたことで
輝正たち三人はあくまでもメグにとって義理の兄に過ぎず口出しをすべきでないとキッパリと言った。


しかし、輝正らは心配でそれぞれに隠れてよみうりランドで二人の行動を監視した。
なんと、叔母の宏子まで来ているではないか。



「気になる嫁さん」 第9話  『なんという兄弟愛』 


結局、田辺はメグの純に対する愛情の深さを知り敗北を潔く認めメグは晴れ晴れとした気持ちで帰宅。
部屋に戻ったメグは純の写真に語り掛けるが、テーブルから写真立てをを取り上げた途端
純の写真とガラスが床に落ちて割れてしまう。

メグは不吉な予感を感じた…。


そんなメグのもとにアメリカに留学中の純からお揃いのセーターが届くとそれを着た純から国際電話がかかった。
久しぶりに純の声を聞いてメグはウキウキ。


「気になる嫁さん」 第10話  『突然の悲しみ』 



その頃、輝正、文彦、力丸はメグを義妹としてではなく女性として興味を持っていることを
知っている小夜子が三人の心の内を見透かしてちょっとした言い争いになっている。

電話を切ったメグはその会話を立ち聞きしてしまい呂之助に家を出ていくと言いに行った。


出ていく理由を明かさないメグに呂之助は

「あんたは純から預かった大事な嫁さんだよ。今出ていかれるとあたしも純に顔向けが出来ない。
あんたが来てくれてからこのウチは明るくなった。もう少し辛抱してこのウチにいてくれないか?」

呂之助の気持ちが痛いほどわかったメグは出ていくのを思いとどまりいつも通り家事炊事に励むが
風邪をひいて咳と発熱で寝込んでしまうから文彦たちは大騒ぎ。


「気になる嫁さん」 第10話  『突然の悲しみ』 


たまが呂之助の部屋にお茶を持っていくと


「お茶をお飲みになりますか?」

呂之助は植物の手入れをしながらたまの方を振り返りもせず

「飲ませるために持ってきたんだろ?だったら黙ってそこへ置いておきなさい」

機嫌の悪い呂之助に「おやおや、株が下がったんでございますか?
旦那さまが猫の子のように大事にしている株ですよ。」

「猫の子はないだろ。それを言うなら虎の子だ」

「あら、猫の方が弱くてかわいいじゃありませんか!
第一虎は子供が生まれるとすぐに谷へ突き落とすそうですよ。」


「それは、獅子”ライオン”だよ。あっちへ行ってなさい」

と、口癖の「あっちへ行ってなさい」が出た。

たまは「それはそうと旦那さまめぐみさんが寝込んでおしまいになったんですよ。
九度も熱があるそうでございます。」


「気になる嫁さん」 第10話  『突然の悲しみ』 


思わず呂之助は植物の手入れをやめて「なぜ、それを早く言わないんだい!!医者を呼んだのかね?」

「いいえ、それがまだ…」

「何してるんだ!小夜子でも文彦でも呼んできなさい。」と呂之助はお怒りモード。


「はいはい。」と気のない返事をしたたまが小夜子に呂之助の部屋へ行くように言うと
小夜子は日曜日だから病院はやっていないと説明した。
呂之助はこの時の小夜子の対応を見て「お前たちがいじめるからめぐみは家を出ると言った」と言い
小夜子は初めてメグが自分がいることによって迷惑をかけるために家を出ようとしていたと知る。


その後、小夜子は大学時代の同級生・エイコ(藤江リカ)が大阪から出てきていると電話をもらい
会いに出かけて行った。
口うるさい小夜子が出ていくとこれ幸いと輝正は往診してくれる病院を探しに、
文彦はお粥を作り、力丸は氷枕を用意してそれぞれメグの看病にあたった。



エイコと会った小夜子は彼女が夫の浮気で離婚して再び看護婦に戻ろうとしていると知り
食事を奢るとメグの具合を見てもらおうと一緒に帰宅する。
しかし、メグの事を心配する輝正たちに辛く当たっていた小夜子に看護婦を連れてきたとはいえ
三人ともしらけ顔でエイコを歓迎する様子もない。


エイコはその辺の医者よりも自分の方が十分腕はあると自信満々で言うと
メグの部屋から輝正が連れてきた医者(坊屋三郎)が診察を終えて出てきた。
この時、小夜子は初めて医者を連れてきたことやおかゆなどを作り三人が
甲斐甲斐しく看病にあたっていたと知る。


「気になる嫁さん」 第10話  『突然の悲しみ』 


そして、出る幕が無くなったエイコは力丸たちから侮辱を受け怒って出ていってしまい
またしても小夜子VS輝正、文彦、力丸で兄弟げんかが行われた。
彼らの声は部屋のベッドで寝ているメグにも聞こえ、その夜病気が治るまで
宏子の家へ厄介になるという置手紙を置いてメグは清水家を出ていった。



メグのことでトランプ占いをしていた宏子は不吉なカードが出て凍りついた瞬間に
玄関のベルが鳴り熱でふらつくメグが入ってきた。



翌朝、宏子は呂之助からの電話を受けた。
てっきりメグを心配したものだと思った宏子はそこで衝撃の事実を伝えられる。
純が留学先のアメリカで心筋梗塞により亡くなったのだという。


「気になる嫁さん」 第10話  『突然の悲しみ』 



電話を切った宏子はメグにこのことを涙ながらに伝えメグを抱きしめた。


その夜、メグは夢を見た。

メグと純はお揃いのセーターを着て林の中でデートをし抱擁を交わしていると空にカラスが羽ばたく。
気づくとメグは一人取り残されその先に純の姿があった。


純は笑みを浮かべてメグを見ているがそのまま林の中を一人で歩いていってしまう。
メグは純の後を追いかけていくとそこには残された純のセーターと赤いマフラーをカラスがついばんでいた。



「気になる嫁さん」 第11話  『誓いの言葉を』




メグは目を覚ますとテーブルの上に伏せてあった純の写真が飾られている写真立てを手に取る。
あの日、落としてガラスは割れたままで純の笑顔がメグを見つめていた。




純の通夜が開かれ大学の先生や同級生たちが弔問に訪れた。
先生の話によると純は慣れないアメリカの一人暮らしでストレスを溜めていたらしいとわかる。


メグは呂之助と宏子に呼ばれ、純が死んだことを機会に将来がある身の上だから
今後の事も考えて婚約を解消した方が良いと身の振り方を提案される。
だが、たとえ純が死んでもメグはいつまでも純の嫁という気持ちは変わらないと話した。
親兄弟がいないメグにとって清水家の人たちがメグにとっての家族だ。


「気になる嫁さん」 第11話  『誓いの言葉を』



ところが、その後清水家のテーブルでは「バカ野郎!」という力丸と
「黙ってらっしゃい!!!」という小夜子の激しい口論が響き渡り「どうしたんです!?」と輝正たちが駆け付ける。


「どうもこうもねえよ、また始まったのさ。小姑の嫁いびりが!」


「嫁いびりとは、なぁに?第一この人純ちゃんといつ結婚したのよ。
今までは純ちゃんがいたからこの人を預かってたんでしょ。純ちゃんが死んじゃったら他人じゃない。」

と、未入籍のまま清水家にいるメグのことを指した。


メグは呂之助たちに「あたし、叔母さんのところへ帰ります。」と言い部屋へ戻ると
荷物をまとめ焼香を済ませて清水家を出ていく。



「気になる嫁さん」 第11話  『誓いの言葉を』




太陽のような存在のメグがいなくなり「やっぱり今までいた人がいなくなると寂しいですね。
叔母さんの家へ行って連れ戻してきますか」と輝正は呂之助に相談する。


一方、怒りが収まらない文彦は小夜子のひねくれた根性を叩きなおすと部屋に押しかけた。

「笑わせないでよ、そのデキの悪い頭でも冷やしてらっしゃい!」とあしらうと
文彦は「バカ野郎」と小夜子を平手打ちしさらに暴力を振るおうとする。
輝正と力丸が興奮する文彦を力ずくでおさえ、力丸が文彦の腹部に一発お見舞いすると

「効いたでござんす」と文彦は失神して力丸に担がれ部屋を出ていく。


一人になった小夜子が泣いていると呂之助が部屋に入ってくると
「あの娘が出ていって良かった」と意外なことを言う。


「気になる嫁さん」 第11話  『誓いの言葉を』



呂之助は若いメグには大きな将来がある、早く純を忘れて新しいスタート切った方が
メグのためでもあるとずっと家にいて欲しい気持ちを抑えていたのだ。
そして、小夜子があんなに悪態をついてメグを追い出したのは小夜子もメグの将来を
思っての行動だと他の家族が知ることもない小夜子のメグへの愛を理解していた。


「嫌な役目をよく引き受けてくれたな」という呂之助の言葉に小夜子はこらえていた涙が溢れ出す。
呂之助は小夜子の部屋を出たときに廊下で輝正と鉢合わせ。
小夜子の本心を知った輝正は神妙な表情で呂之助と目を合わせた。


宏子のところへ戻ったメグは宮崎から上京したおじさん・勘助(加藤武)と再会。
勘助は宏子からメグと純のことを聞かされ、宮崎に来ないかとメグを誘う。
宏子も傷心のメグが心を癒すためのいい機会だと思い宮崎行が決まった。


「気になる嫁さん」 第11話  『誓いの言葉を』



宮崎までのチケットを買ったメグは喫茶店で文彦と会いこのことを報告するが
あれほどメグにご執心だった文彦は「ふーん」と言うだけで引き留めもせずメグは物足りなさを感じる。
これにはワケがあるのだ。


小夜子が憎まれ役まで買ってメグの将来を思い清水家を出ていくように仕向けたとわかり
輝正から「もう、めぐみさんとは会わない方がいいですね」と釘を刺されていた。



その夜、宮崎に出発するメグが一家にお別れと純に線香をあげるために清水家に顔を出した。
ばあやが過労から倒れて入院してしまい、じゃんけんに負けた小夜子と力丸が夕食づくりに苦戦中。
文彦たちはメグが心配しないよう「ばあやは芝居見物へ行った」と嘘をいい最後の夕食を作ってもらう。




メグが帰ることになり輝正たちが玄関まで一緒に行くと、たまの付き添いを終えた呂之助が帰宅し
たまが過労で入院したことがメグにバレてしまう。
メグは小夜子と一緒にその足で見舞いへ行くと「アタシはめぐみさんの事が好きでした」と
たまから別れを惜しまれついメグも涙ぐむ。

「気になる嫁さん」 第11話  『誓いの言葉を』




そして、宏子の付き添いで列車に乗ろうとしたメグは足を止めると、やっぱり宮崎へは行けないと
清水家へ引き返し「もう一度、あたしをこの家へ置いてください」と呂之助たちに頭を下げた。



こうして、純が死んだ後もメグは清水家で暮らすことになりたまも退院することになった。
たまを病院へ迎えに行き帰宅すると、小夜子から「映画に行かない?」と誘われて奇妙な映画館へ。



そこは教会で、小夜子はメグにベールを掛けると

「あたしたち皆で相談してあなたと純ちゃんの結婚式をすることにしたの
こんなことをしたからといって入籍してあなたを縛り付けるつもりはないのよ。
今後好きな人が出来たら結婚すればいい、ただ今日一日だけ純のお嫁さんになってほしい」


「気になる嫁さん」 第11話  『誓いの言葉を』




清水家のみんなが死んだ純とメグの結婚式をプレゼントしてくれようとしていると知りメグは感動。


輝正が純の写真を胸に、メグと連れ添って牧師(牟田悌三)の前まで歩いていく。

「気になる嫁さん」 第11話  『誓いの言葉を』


メグが隣に置かれた純の写真にふと目をやると、そこにはタキシードを着た純がほほ笑んでいる。



「気になる嫁さん」 第11話  『誓いの言葉を』


純の幻は消えメグは純への愛を誓うと純の写真にそっと口づけした。






石立鉄男生誕70周年記念企画第3弾 気になる嫁さん DVD-BOX PART 1 デジタルリマスター版【昭和の名作ライブラリー 第7集】


メグに横恋慕する田辺の登場と、純の突然の死そしてメグの結婚式までを書きました。



「気になる嫁さん」 第11話  『誓いの言葉を』

結婚式を挙げた教会で牧師をつとめたのが牟田悌三。


「気になる嫁さん」 第11話  『誓いの言葉を』

宮崎から上京した勘助おじさんとして加藤武がゲスト出演。



また、この三話で気になったのが渋谷のコーヒー店トムソンというお店。



「気になる嫁さん」 第9話  『なんという兄弟愛』 

9話でメグに言い寄る田辺がその目的を隠して文彦に後輩だと嘘をついて近づくところ。
二人の後方に映るレトロな看板が印象的で。


「気になる嫁さん」 第9話  『なんという兄弟愛』 

このお店は歩道橋の下にあるよう。


「気になる嫁さん」 第9話  『なんという兄弟愛』 

全体の背景が写った時に渋谷だとモロわかり。
これでどこか場所の見当がつきました。


結局文彦と田辺はこのお店でお茶するのはやめたので店の中の映像はありませんが
すっごく気になってしまった。


「気になる嫁さん」 第9話  『なんという兄弟愛』 


コーヒー店トムソンは渋谷の第二名取ビルの1Fに入っていたようだけど
どうやら今は無くなっているようですね。

私もこの辺を通るけどトムソンを見かけた記憶がなくて。

まだ、残っていれば是非入って見たかったんだけど。


あとは11話でメグが文彦に宮崎行を報告する場面で使われた
喫茶店?も気になっているのだがこれは店内しかわからずどこなのか?

「気になる嫁さん」 第11話  『誓いの言葉を』

こういう昭和レトロなお店ってどんどん姿を消していくので寂しいですね。





************ 気になる嫁さん 記事一覧 ************


■ 「気になる嫁さん」

■ 「気になる嫁さん」最終回と伊東水明荘について

■ 気になる嫁さんはやっぱり面白い♪ 5/21再スタート!

■ 昭和レトロ 気になる嫁さん 動画

■ 気になる嫁さんとカメラのきむら

■ 気になる嫁さん ロケ地 風林会館のパリジェンヌ

■ 気になる嫁さん 第1話~第4話

■ 気になる嫁さん 第5話~第8話

■ 気になる嫁さん 第9話~第11話

■ 気になる嫁さん 第12話~第15話







                         
                                  
        

「特別機動捜査隊」 第784話 『ドキュメント逃亡』

category - 昭和のテレビドラマ
2020/ 06/ 26
                 
凶悪事件が発生し特捜隊・三船班が出動する。


今回の犯人は狂暴でたまたま張り込んでいた石原刑事は片目が潰れる位に殴られ、
その後も死ぬ寸前まで暴行を受ける。

左手が壊疽なりながらも次々と殺戮を重ねる凶悪犯に対し山狩りが行われたりと
ダイナミックな内容となっています。



■ 「特別機動捜査隊」
第784話  『ドキュメント逃亡』  
脚本: 横山保朗
音楽: ボブ・佐久間
監督: 瀬川淑
出演: 中井啓輔、大堀早苗、真山譲次、続圭子、菅沼赫、真田五郎、池田武司、山田貴光、
早瀬恒志、石川敏、会津あんく、伊東平山、小幡良二、弾忠司、福山雅一、左海徹、
小山勤、内田忠男、小林英樹、野田一生、高橋いさむ、鈴木恒、石原一代、三島一夫、
花岡菊子、笹川恵三、戸沢祐介、須賀良、幾野道子、森山周一郎
ナレーター: 島宇志夫
制作: NET、東映


●特捜隊:三船班
三船主任(青木義朗)
松木部長刑事(早川雄三)
三宅刑事(三宅良彦)
戸川刑事(一の瀬玲奈)
石原刑事(吉田豊明)
谷山部長刑事(和崎俊哉)





ある夜、石原と戸川は警官二人を殺して逃走中の高梨勝哉(中井啓輔)が
逃げた内縁の妻を殺しに来ると睨んで車の中で張り込みを続けていた。


「石原さん、お腹の調子はどうですか?
今日でもう(事件発生から)一週間ですね。今夜も無駄足でしょうか?」

「ヤツは女を殺すために必ずやって来るさ。」腹痛で呻くように言うと再びトイレへ。


一人車に残っていた戸川のところへ、交代するために三宅を連れた谷山がやって来ると
石原はどこへ行ったかと尋ねる。


「食あたりらしくて、さっきから何回もトイレへ…」

「下痢か」と呟いた谷山は戸川と張り込みを交代する。




戸川が石原を迎えに公衆トイレに行くと入り口の前で高梨と鉢合わせた。
逃げようとする高梨に手錠を掛けた戸川だったが拳銃で頭を殴られて気絶してしまう。



「特別機動捜査隊」 第784話  『ドキュメント逃亡』



争う声に気がついた石原はトイレから飛び出し高梨と格闘となり逃がさないように
手錠の片方を自分の腕にかけて連行しようとする。
ところが、高梨は片手を負傷しているにもかかわらず狂暴そのもので
石原の上に馬乗りになると頭を殴りつけて形勢逆転し手錠でつながれたまま車で逃走しようとした。


二発の銃声を聞いた谷山たちは張り込みを止めて車を飛び出した。
意識を取り戻した戸川を見つけた谷山は三宅に高梨の車を追うように指示を出す-。



この事件は一週間前の早朝に発生した。


刑務所を出所した「東西興業」の幹部・高梨は内縁の妻・神山路子(大堀早苗)が出産間近だと知る。
路子は高梨が服役中に警官の松田和雄(真山譲次)と結婚していたのだ。
子分の服部昇(須賀良)を連れて路子のところへ向かう途中で
偶然パトロール中の松田が高梨の車を発見し追跡する。


「特別機動捜査隊」 第784話  『ドキュメント逃亡』




路子が産気づき松田の母・久子(幾野道子)の付き添いで病院へ行くために家を出たところで
高梨が襲いかかり路子を無理やり車の中に引きずり込んだ。
路子を救出しようと駆け付けた松田から拳銃を奪った高梨は松田を撃つと
一緒にいた警官を射殺して負傷した松田と路子を乗せたまま逃走。



松田は高梨にお腹の子供は高梨だというが、路子は「違う!」と嘘をついた。
高梨は路子が松田の子供を孕んだと勘違いして逆上すると
「お腹の子供もろとも殺してやる!」と叫ぶ。



「特別機動捜査隊」 第784話  『ドキュメント逃亡』




松田はそれを阻止しようと高梨を車から引きずり下ろすと拳銃を奪い返し一発撃つが力尽きて死んでしまう。



ヤバイことになったと怯えた服部は路子を乗せたまま高梨を置いて車で逃げていった。
その後、路子は車の中で出産し動揺した服部が路上で騒ぎ立て
石原と戸川がそれを発見し服部はそのまま逮捕、路子と赤ん坊は無事に保護された。


「特別機動捜査隊」 第784話  『ドキュメント逃亡』



まもなく、松田の死体が発見され大掛かりな捜査が始められる。
負傷した高梨が周辺の病院で手当てをしていないか、血痕から追跡出来ないかなど調べているうちに
高梨が立ち寄ったとみられる電話ボックスが見つかった。



三船は高梨の逃亡を助けるなら東西興業以外にないと考え事務所へ乗り込むと
井関(森山周一郎)を締め上げ高梨を手引きしたのはバーの女・真知子(続圭子)だと吐かせた。


「特別機動捜査隊」 第784話  『ドキュメント逃亡』




その頃、高梨は真知子の運転する車に乗っている最中にある診療所へ立ち寄っていた。


ほどなくして、高梨の車が村瀬診療所の前で見つかり傷の手当てを受けに来たとみて
三船らが踏み込むが医師と患者ら四名の死体が転がっているだけだった。
かろうじて生きていた幼女を三船は救出する-


「特別機動捜査隊」 第784話  『ドキュメント逃亡』




そしてあの夜、路子の自宅近くに現れた高梨は戸川を気絶させ石原を襲撃したのだ。
高梨は負傷した石原とともに覆面車505号で逃走したためただちに手配され
山道に乗り捨てられている覆面車が見つかった。



「特別機動捜査隊」 第784話  『ドキュメント逃亡』



三船は石原の死体がないことからまだ生きていると確信し谷山らに山狩りを頼むと
三船はヘリコプターに乗り上空から山小屋へ。
だが、三船が着いた時には二人の姿はなく血痕が残されていた。


周辺を捜索した三船はとうとう石原を発見!


「特別機動捜査隊」 第784話  『ドキュメント逃亡』



瀕死の重傷を負った石原は高梨が手錠の鎖を断ち切り小屋から逃げたことを報告し
ヘリで病院へ運ばれた。



左手が壊疽になっている高梨は路子を殺すことしか頭になく再び殺しにやって来るはずだ。
三船たちが張り込んでいるとついに高梨が見込み通り現れる。
狂暴な殺人鬼と化した高梨は銃をぶっぱなしながら墓地に逃げ込むと
近づく三船に乱射するが三船は一発で高梨の手から銃を落とすと谷山たちが応援に駆け付け逮捕した。


「特別機動捜査隊」 第784話  『ドキュメント逃亡』



死んだ松田巡査と同じ和雄と命名した赤ん坊を抱く路子を見た高梨は「殺してやる!」と叫ぶ。


三船は「もう、大丈夫ですよ。」と路子を安心させた。






///////////////////////////////////////////////////////////////



犯人の情婦と結婚した松田巡査役の真山譲次だが、最近まで「柔道一直線」を見ていたので
どうしても「柔道一直線」の老けた高校生のイメージが強い。


さて、今回はなかなかゾクッとする演出が多くて怖かった。


犯人は左手が壊疽で度々呻いて苦しんでいるのにかかわらずすんごくバイタリティがあって
石原刑事を嬲り殺すように痛めつけるし、不死身な感じが怖い。


「特別機動捜査隊」 第784話  『ドキュメント逃亡』


山小屋で犯人の高梨が石原と繋がれた手錠の鎖を刃物で断ち切るシーンでは
カットが山小屋だけに変わったところで石原の絶叫が響き渡るのだがそれが異様に怖いのよ。


文章で書くと平面的になってしまうんだけど、映像で見ると立体的な恐怖があって
何とも言えず恐ろしいのだ。


「特別機動捜査隊」 第784話  『ドキュメント逃亡』


さて、ドラマは石原と戸川が車で路子の団地前で張っているところからスタートするのですが
どうやら石原は食あたりで下痢をしているようで何回も公衆トイレへ行っていた。
そんななかで高梨と格闘になってお尻の方は大丈夫だったのかしら?



終盤、高梨が山小屋へ逃げ込んだ時に山狩りが行われるのだが
三船主任だけがヘリで山小屋まで付近まで行きます。


「特別機動捜査隊」 第784話  『ドキュメント逃亡』


このヘリから三船が降りてくるところ、「西部警察」の大門を思い出してしまった。
まぁ大さんだったらライフル持って降りて来ますがね。


そういや「特別機動捜査隊」も「西部警察」も同じテレビ朝日でしたね。




************ 特別機動捜査隊 記事一覧 ************


■ 第712話 『七年目の報酬』

■ 第782話 『わたしの父さん』

■ 第784話 『ドキュメント逃亡』




                         
                                  
        

「キイハンター」  第156話 『世界殺人結社 たゞ今到着』

category - 昭和のテレビドラマ
2020/ 06/ 25
                 
2020年5月からキーハンターの151話からが放送され始めましたね。

今回は川口浩演じる吹雪一郎のFBI時代の命の恩人としてFBIを退職しフリーとなったオガタが登場。


川口浩というと「川口浩探検隊」の探検するオジサンのイメージしかなかったので
俳優だと知った時すごくビックリしました。


その川口浩主役回のお話です。



■ 「キイハンター」
第156話  『世界殺人結社 たゞ今到着』  
脚本: 高久進
音楽: 菊池俊輔
主題歌: 「キイハンター 非情のライセンス」 (作詞:佐藤純弥、作曲:菊池俊輔、唄:野際陽子)
監督: 小西通雄
出演: 野際陽子、川口浩、谷隼人、大川栄子、露口茂、原良子、中井啓輔、石黒三郎、
久保一、田辺英郎、ロルフ・ジェーサー
ナレーター: 芥川隆行
制作: 東映、TBS


●キイハンター:黒木鉄也(丹波哲郎)、津川啓子(野際陽子)、吹雪一郎(川口浩)、
島竜彦(谷隼人)、谷口ユミ(大川栄子)、風間洋介(千葉真一)


「キイハンター」  第156話 『世界殺人結社 ただ今到着』



日米の技術チームが極秘裏に進めているニューヨーク-東京間を三時間で飛行できる
新型ジェット機「キャンベラ808」のエンジン設計図をアメリカの研究員・スミスが
日本の技術陣に手渡すことになった。


設計図を狙って東側の組織KSDが暗躍しているが、仮に盗まれるとなると莫大な研究費と
三年間の努力が無駄となり甚大な被害を被る。
FBIのハーマン捜査官の推薦を受けて元FBIのオガタ(露口茂)がスミスの護衛を担当。



こうしてオガタとスミスはアメリカを発って羽田空港へと向かう。


スミスはトイレに行くと設計図をマイクロフィルムに収めアタッシュケースに巧妙な時限爆弾を仕掛けた。
研究員のスミスは設計図を盗んで金に替えようと企む裏切り者だったのだ。


「キイハンター」  第156話 『世界殺人結社 ただ今到着』



スミスは席に戻るとオガタに「空港では設計図を盗むためにKSDが待ち受けている。
自分が彼らを引き付けるからその間に設計図を研究所に届けて欲しい」とアタッシュケースを預けた。


オガタは指示通り羽田空港に到着すると迎えの車に乗り込むが
アタッシュケースの中の時限爆弾が作動しオガタは設計図もろとも爆死する。



やがて、来日したハーマン捜査官から吹雪のところに電話が入る。
吹雪はかつてハーマンの部下でありオガタとは友人でFBI時代にはオガタに命を助けられたという過去があった。
ハーマンと会った吹雪はオガタが殺されたと知らされその経緯を説明された。


「キイハンター」  第156話 『世界殺人結社 ただ今到着』


ハーマンはアタッシュケースに時限爆弾が仕掛けられていたことから設計図は盗まれたと睨んでいる。
その時、黒ずくめの男がハーマンを狙撃。
ハーマンはスミスの写真と「新型車808売りたし」という新聞の広告記事を吹雪に託して死んだ。


吹雪はさっそく新聞広告に書かれていた番号に「新型車808」を買いたいと電話した。
電話に出た彰子(原良子)は赤いカーネーションを持ってスカイラウンジに来るように指示をする。
警戒しながら赤いカーネーションを用意した吹雪が席に着くと、同じく赤いカーネーションを持った男が来て
二人組の男に注射を打たれて連れ去られてしまう。


スカイラウンジを出た吹雪は募集広告を出していた部屋を見張っている島のところへ行くと
島から「部屋には彰子しかおらず今は出かけて誰もいない」聞かされる。
吹雪は彰子がいないスキに部屋に侵入すると盗聴マイクを仕掛けた。


その直後、スカイラウンジで待ちぼうけを食った彰子が戻り吹雪は改めて部屋を訪ね
「新型車808を売って欲しい」と名前を名乗って退散した。
彰子はクローゼットの扉が開いていることから吹雪が盗聴マイクを仕掛けたと気づき外すが
吹雪はもう一つ見つけられない場所にマイクを仕込んでいる。


「キイハンター」  第156話 『世界殺人結社 ただ今到着』



すると、スミスから「お前が持っている設計図は偽物だ。本物の設計図は俺が持っている」と
彰子のところへ電話が入った。
盗聴していた吹雪と島は彰子が設計図を持っているスミスをおびき出すために出鱈目の広告を出したと知る。


吹雪は彰子を尾行しスミスとの間で五億円で設計図を売り渡すという契約が成立するのを見届けた。
彰子が立ち去った後にスミスを締め上げた吹雪は、設計図のありかを探し出そうとするが
KSDのメンバー・ゴロスの写真と5セントコインがあるだけだった。

「キイハンター」  第156話 『世界殺人結社 ただ今到着』



スミスは東京で五億円と引き換えにゴロスに設計図を渡す予定だったが
ゴロスは現れなかったのだという。




そんなやり取りをしていると、吹雪はスカイラウンジにいた二人組に襲われ
催眠性の自白剤を打たれ身柄を拘束される。
二人組の背後には彼らのボスと思われるハーマンが殺された時にいた男がいるが
三人ともKSDの人間ではない。



「キイハンター」  第156話 『世界殺人結社 ただ今到着』



ボスはハーマンが吹雪に何を喋ったのかが知りたいらしい。
吹雪は薬の効力が切れるまで気を失ったフリをして時間を稼ぐことにし
三人が立ち去った後でふら付く体でなんとか島のところへたどり着く。




スミスから彰子に金を持って横浜バイパスまで車で来るように連絡が入る。
島が彰子を尾行しようとすると、命の恩人オガタを殺した犯人をなんとしても捕まえたい吹雪は
ユミが止めるのを無視して自分が行くといい後を追った。

「キイハンター」  第156話 『世界殺人結社 ただ今到着』




彰子が車を走らせているとスミスが乗り込み設計図はマイクロフィルムに移し
5セントコインの中へ隠しているといい彰子から五億円相当のドル紙幣を受け取った。
スミスはコインを渡さずに彰子を銃で殴り気絶させると走る車から逃げ出す。


彰子はそのまま車ごと転落しそうになったが吹雪の機転により事なきを得た。
吹雪は殺されたオガタが友人で設計図を取り戻すこと、オガタを殺した犯人に復讐すると
自分の目的を話すと彰子もスミスに渡した金が偽ドルだと白状する。


「キイハンター」  第156話 『世界殺人結社 ただ今到着』



吹雪からの連絡で偽ドルの事を知らされた啓子はパークホテルで偽ドルが見つかったと報告する。
スミスはパークホテルにいるとみて、吹雪は彰子と一緒にホテルへと向かうが
吹雪が席を外したスキに彰子がスミスを見つけ先回りしてスミスの車に乗り込んだ。


スミスに銃を突きつけた彰子は吹雪が来る前に逃走しようと試みるが
二人組に押し入られてそのままどこかへ連れ去られてしまう。
行きついた先はスミスが取引する予定であったゴロスのところであった。


車椅子に乗ったゴロスの背後には二人組のボスがいる。
仲間であるゴロスの不審な動きによりスミスが設計図のありかを明かさないでいると
ボスはコインの中にマイクロフィルムが隠されていることを見破った。
それは、KSDのスパイがよく使う手口だった。

「キイハンター」  第156話 『世界殺人結社 ただ今到着』


フィルムがボスの手に渡りスミスはその場で射殺され彰子に銃口が向けられる。
その時、彰子のバッグに忍ばせた探知機により吹雪が到着し彰子の命を救うと
別部屋で車いすに座る男を見つけた。


彰子は吹雪に彼はゴロスだと教えるが、すでに殺されていた。
さっきまで生きていたと彰子は言うが、吹雪は数日前には死んでいたと睨んでいる。
そうでなければ、ゴロスはスミスと取引していたはずだ。


「キイハンター」  第156話 『世界殺人結社 ただ今到着』



そこへ、帽子にサングラスマスクで顔を隠した男が現れた。
彼はさっきまでゴロスの車椅子を押していた二人組のボスであった。



吹雪はその男の正体が死んだと見られていたオガタで背後で組織を操っていた真犯人と暴くと
オガタは変装を解いた。


スカイラウンジで現れた二人組はKSDの人間ではなかった。
そうであれば設計図の存在を知っているのはオガタしかいない。
そして、吹雪に自白剤を打ってハーマンの事を尋問して来た時に
オガタは生きていると確信していたのだ。


「キイハンター」  第156話 『世界殺人結社 ただ今到着』




車の中で黒焦げ死体となって発見されたのはオガタを迎えに来ていた研究所の所員だった。
時限爆弾に気づいたオガタは爆発寸前に車から飛び降りていた。
走っている車から飛び降りるのはオガタが得意としていたことだった。



オガタはFBI時代に、ある誘拐事件を追って犯人を射殺したがすでに人質が殺されていたことから
責任を負わされてFBIを辞めざるを得なかった
ハーマンは同情して今度の事件をオガタに任せたが、オガタが信じられるのは金だけだった


スミスがゴロスと手を結んで「キャンベラ808」の設計図を盗むと知ったオガタはスミスの護衛を買って出た。
スミスが飛行機の中で設計図をマイクロカメラで撮影しアタッシュケースに爆弾を仕掛けたとわかると
ゴロスを殺して彼に成りすましてコインに隠された設計図を手に入れたのだ。


「キイハンター」  第156話 『世界殺人結社 ただ今到着』



オガタは全てを知った邪魔ものの吹雪に銃を向けた。
FBI時代ニューオリンズでオガタに命を救われた吹雪は
「ニューオリンズで死んでいたと思えば諦めもつく」と一歩も引かない。


オガタの後ろにいた彰子が落ちていた銃を拾おうとしオガタはそこに向けて発砲。
吹雪はそのスキに屋敷を飛び出し外へと逃げた。
オガタは吹雪を殺そうと後を追い格闘の末、吹雪はオガタの手から拳銃を奪った。


「キイハンター」  第156話 『世界殺人結社 ただ今到着』



その時、銃を手にした彰子が吹雪を撃とうとするがオガタが身を投げだして助けた。
自分に責任を負わせた組織に絶望して悪に手を染めたオガタだったがあの時と同じく友人吹雪の命を救った。
彰子はオガタがスミスから奪ったコインを奪おうと邪魔ものの吹雪を殺そうとする。



彰子は車椅子の男を見てとっさに「あの男がゴロスよ。」と吹雪に教えていた。
ゴロスの正体を知っているというのはKSDの組織の者だと明かしているようなものだった。


彰子は「ゴロスは顔が知られすぎたため自分が設計図を受け取りに来たのだ」と言うと
丸腰の吹雪を仕留めようとするが、彼女の背後には啓子、島、ユミが迫っていた。


啓子たちは研究所の所長と連絡を取り彰子の正体を見破り駆け付けたのだ。

「キイハンター」  第156話 『世界殺人結社 ただ今到着』



その時、倒れていたオガタが最後の力を振り絞って立ち上がろうとする。
吹雪が駆け寄るとオガタは握りしめていた5セントコインを吹雪に託して息を引取った。


※彰子は彰子か彩子か不明だったのですが、便宜上彰子としました。



************ キイハンター 記事一覧 ************

■ 第6話 「影のメロディー」

■ 第156話 「世界殺人結社 たゞ今到着」

■ 第157話 「キイハンター皆殺し作戦」